清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

三重インターハイ4日目の女子200mは

鈴木一葉(2年)菊池愛華(1年)大野瑞奈(1年)の3名が

予選に臨み、鈴木一葉と菊池愛華の2名が準決勝進出。

予選で菊池愛華が24秒94という自己新で走りました。

準決勝では鈴木一葉も菊池愛華も敗退しましたが、

真夏のインターハイを走り切るスタミナの重要性を学んだと思います。

女子1600Rの予選は塩味未琴(2年) 吉田詩央(2年)

大野瑞奈(1年)豊泉百々花(3年)で臨み、

1組2着で翌日の準決勝に進出しました。


5日目の最終日。

女子1600Rの準決勝は

塩味未琴(2年)吉田詩央(2年)大野瑞奈(1年)鈴木一葉(2年)の

オーダーで臨み、3分45秒79の1組1位で決勝に進出しました。

決勝も同じオーダーで臨み、3分46秒30の4位でゴールしました。

この5日間、選手たちは大きな経験を積み、多くのこと学びました。

三重インターハイの経験を来年の沖縄インターハイに向けての

練習に生かしてほしいと思います。

イメージ 1


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事