清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全211ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

ガッチリ食べて、ガッチリ練習する。

高校生女子アスリートの食事制限には反対です。

確かに、

F=ma という法則から見ても

体重が軽い方が少ない力で速くなります。

速くなるからといって

成長期に食事制限をしてまで

結果を求めるのはどうかと思います。

食事制限をして体重を減らすことで

無月経になる可能性が高くなり、

その結果、骨密度を上げる大切なホルモン

エストロゲンが分泌されなくなり、骨がもろくなってしまい、疲労骨折

につながってしまうからです。

成長期の女性アスリートには

国立スポーツ科学センターのHPにもあるように

主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物の

5つを考えて栄養をとってほしいと思います。
(好き嫌いなく)


ガッチリ食べて、ガッチリ練習すれば、必ず、

競技のための良い身体ができ、

それが良い結果につながっていくと考えています。

食べたら運動する。

運動したら食べる。

が大切だと思います。




ルール改正

棒高跳以外のフィールド種目の制限時間が30秒に変更となる

跳躍種目のルールが変わります。

制限時間が30秒になります。

30秒になることで

走幅跳では追い風を待つ時間が少なくなります。たぶん、
番号を呼ばれたら、集中力を高め、すぐに助走に入らなければならないでしょう。

走高跳では助走をやり直す時間がなくなります。
助走を開始したら踏み切って跳ぶしかありません。

今までは制限時間が1分だったことを考えると
跳躍競技者にとってはかなり厳しい変更だと思います。

このことにも対応していく必要があります。





そり牽引走

そり牽引走を練習に取り入れています。

そりを牽引する走りでは接地時間は通常のスプリントよりも長くなりますが

水平方向への力積が大きくなります。

水平方向への力の発揮が大きくなればより速く前方に進めることになります。

この感覚を身につけることと

走るために必要な大腿部広筋の強化につながると考えています。

昨年の夏から継続的に取り組んでいますが

鈴木一葉(1年)が11秒95まで記録を短縮できたことに

貢献したと考えています。

ただ、接地時間が長くなるので

牽引走のあとにすぐ通常のスプリント、

もしくはさばきを意識したスプリントをするようにしています。

牽引走で得た水平方向への感覚を通常の走りに取り込むためです。

牽引走は足への負担が大きいので

十分にケアをする必要があります。




新ルール

リレーのルールが変更になります。

2018年IAAFルール改正点
  ①テイクオーバーゾーン→4×100mRのブルーラインがなくなり、
   テイクオーバーゾーンが30mになる。

10m加速してバトンの受け渡し区間(20m)で渡すのと
初めから30mがバトン受け渡し区間になるのでは大きく変わります。

今まではバトン受け渡し区間の手前で渡すと失格でしたが
それがなくなり30mの間ならどこで受け渡しが行われてもOKなので
バトン受け渡しのミスが少なくなると予想されます。
また、エーススプリンターがいるチームはエースが走る距離をより長くできる
ので有利になるように思います。
ただ、スムーズな受け渡しをするという点では同じです。

このルール変更に適応するために

バトンパスの基本方針を作成し、

今日、初めてその方針をもとに練習を行いました。

受け手がスタートし、0m〜30mの区間で渡せば

全てOKです。

渡し手の速度と受け手の速度を考慮し、

できるだけ精度を高め、スームズにバトンパスを完了し、

バトンタイムを短縮していくことを

目指します。

バトンパス完了位置。

渡し手の素早い受け渡し。

やるべきポイントをメンバー全員が理解して

練習を行いました。

4月までには新ルールにしっかり対応できるようにしたいと思います。

各自練習

今日は各自で考えた練習を実施しました。

選手それぞれが課題にしていることを練習する日でした。

インターハイ埼玉県南部地区予選まであと55日となり

そこから逆算し、今は何をしたらよいのかを一人一人が理解している

ことが大切です。

冬期練習も終盤を迎え、シーズンインを間近に控え、

自分のやるべきことが明確になっているかどうか

目標に向かって順調かどうか、何を課題にしているかを

確認することができました。

明日からのコーチングに生かしていきたいと思います。








全211ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事