清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
女子選手のブロックスタートを考えてみます。

ブロックスタートでは前足のブロックを押すことと、後ろ足を素早く引き出す

こととのバランスが大切だと考えています。

前足のブロックを強く押すことを意識して飛び出すと

水平方向への力積(力×時間)が増します。

後ろ足を素早く引き出すことを意識して飛び出すと

一歩目の水平速度が増す傾向があります。

しかし、後ろ足を早く出そうとすると腰がついていかず

足が先について腰が遅れてしまい、ブレーキをかけてしまうことがあります。

その際、骨盤の動きが重要になります。

後ろ足の足先を素早く引き出すというよりは骨盤から素早く動かす

という感覚の方がいいのかもしれません。





春季記録会・国体予選

4月8日(日)上尾運動公園で行われる春季記録会国体予選に

久しぶりに

今春、JALに入社する土井杏南(JAL)が100mに出場するようです。

イメージ 1
















1年生では土井杏南以来、100mで11秒台で走り、

U18日本選手権で入賞した鈴木一葉(埼玉栄2)が

初めて土井杏南と走ることになりそうです。

楽しみな一戦です。


いよいよシーズンイン

3月も半ばになり、いよいよシーズンに向けた本格的なトレーニングに入ります。

スピードが上がれば筋肉や腱への負担も大きくなります。

この時期はケアをしっかりして怪我のないように徐々に上げていくこと

が大切です。

イメージ 1


4月1日(日)18時半からテレビ朝日で放映される

ビートたけしのスポーツ大将 4時間半スペシャルにに出演することになりました。

イメージ 1

休むときは休む

休養も練習です。

休めるときはしっかり休むことが大切です。

イメージ 1


















超回復の原理をご存知の方は多いと思いますが

筋肉がトレーニングよってダメージを受け、そのダメージから回復し、

さらに強い筋繊維を作るには24時間から48時間は必要と言われています。

休養を適切にとってトレーニングを行えば

効果は確実に現れますが

せっかくトレーニングをしても休養が不十分だと

逆に筋力が落ちてしまいます。さらにひどい場合はパフォーマンスが下がり、

オーバートレーニング症候群に陥ってしまうこともあります。

また、春先のこの時期は気温の上昇に伴い、身体の動きもよくなってきます。

速い動きをすればするほど筋肉にダメージを与えることになるので

うまく休養を取り入れて疲労を抜き、怪我を予防することも大切だと思います。

パフォーマンスを上げるためにもうまく休養を取り入れていきましょう。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事