最近気になること

ほとんど映画、ちょいと小説、きまぐれに音楽、の感想など気になることを記事にします!

全体表示

[ リスト ]

ヘルタースケルター
2012年12月24日、早稲田松竹にて。

2012年度作品
監督:蜷川実花
原作:岡崎京子
脚本:金子ありさ
出演:沢尻エリカ、寺島しのぶ、桃井かおり、新井浩文、大森南朋、水原希子、原田美枝子、綾野剛

第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した岡崎京子の同名コミックを、写真家・蜷川実花の監督第2作として実写映画化。主演は「クローズド・ノート」(2007)以来5年ぶりの銀幕復帰となる沢尻エリカ。究極の美貌とスタイルを武器に芸能界でトップスターとなったモデルのりりこだったが、その美貌はすべて全身整形で手に入れた作り物だった。そんな誰にも言えない秘密を抱えながらも、人々の羨望の的となり欲望渦巻く世界をひた走るりりこは、やがてある事件を巻き起こし……。(映画com解説より)


あけまして、おめでとうございます♪
皆さん、今年もよろしくお願いします。
今年最初の記事なんですが、まだ去年観た映画の感想が溜まっています。

沢尻エリカの人物とどうしてもシンクロしながら観てしまうスキャンダラスな話題作です。

主人公には到底共感できない自己中心的なストーリー。
自分が、全身整形からくる副作用で「美」を失うことでトップアイドルからも落ちることの恐怖を抱き、怯え、他人の美しさを嫉妬し、人の幸せを消そうとする豪腕ぶり。

人への思いやりもなく、自分が全てという主人公には全く同情もできなくて、嫌な女です。
自分が精一杯の時は周りが見えないのかも。
それともこの時代を象徴した主人公設定なのかも。
それにしても、ラスト前で、主人公が今までの自分と決別する方法は、あまりにショッキング。

しかし、ラストで見せるクック船長風の薄笑いの主人公に、なかなかやるじゃないかとほくそ笑んだ。
何はどうあれ、堕ちても、生きていく姿勢を見せた主人公に、逞しさを感じて、今までの彼女ではない新しい彼女を垣間見て、ほっとしました。

それでも、フリークショーで踊る彼女を見せるべきでしょうね。
晒し者にされている主人公にこそ、この映画の「堕ちる」にふさわしいラストだと思います。
あくまでもビジュアルに拘る監督は、すべてに美しい映画で終わりたかったのでしょうね。
自分としては、醜い姿を見せることで、主人公のしたたかさが感じられて、ようやく主人公に共感できたかもと思うのですが。

沢尻エリカと寺島しのぶは、圧巻です。
沢尻エリカは、体を張った演技とどぎついセリフ、感情の激しい役どころで、主演女優賞ものだと思うのですが、意外にもあまり賞に選ばれていないようです。
何かマスコミからも敬遠されているような気がして残念です。

対局にいるのが地味な寺島しのぶで、「動」の沢尻エリカ、「静」の寺島しのぶで、耐える役どころを我慢強く演じていました。目立たないように目立つのは寺島しのぶの実力でしょうね。

ちなみにヘルタースケルターとは映画では「しっちゃかめっちゃ」ということらしい。

閉じる コメント(10)

アバター

映像的にも派手な色使いで、スクリーンのすみずいまで賑やかでしたね。
沢尻エリカの演技も凄かったですが、寺島しのぶも流石の熱演でしたね♪。

2013/1/1(火) 午後 11:57 ffa**77

顔アイコン

蜷川実花らしい色彩の氾濫の映像もエリカ様の高慢ぶりも寺島しのぶの演技も、存分に楽しめました。
公開当時、皆さんの記事にTBしようとしましたが中々出来なかった記憶があります。制限が掛けられていたんでしょうか?
TBできるかな?

2013/1/2(水) 午前 10:17 アンダンテ

顔アイコン

ふぁろうさん
ポップなファッショナブルな映像は美しく華やかでした。監督の独特の個性が際立ってました。、寺島しのぶは渋いけど光っていました。流石です。

2013/1/2(水) 午前 11:15 シーラカンス

顔アイコン

andanteさん
蜷川実花らしい色鮮やかな映画で、特に記者発表のシーンには唖然としました。どうでしょうか、自分も時々TBできない時がありますね。

2013/1/2(水) 午前 11:23 シーラカンス

顔アイコン

今年も宜しくお願いします。

セクシ−な 沢尻 をきたいしているのですが、ちょっとむりそうですね。どこかで観るチャンスがあればいいのですが。

2013/1/3(木) 午後 2:14 [ koukou ]

顔アイコン

koukouさん
おめでとうございます。
大胆な沢尻エリカには驚きです。セクシ−を超えていますよ。一見の価値アリです。

2013/1/4(金) 午前 0:01 シーラカンス

アバター

あけまして おめでとうございます。
お〜〜、この映画・・・観てないけど、原作の漫画は読みましたよ。
なので、沢尻さんが主演で映画化するって聞いた時、ビックリしました。あんなキワドイセリフを言うのか!!って(笑)
沢尻さん。なんだか、勿体無い女優さんになっちゃったなぁ〜って思います。女優さんとしては、凄い良いのにね。

2013/1/4(金) 午後 2:34 わぐま(*^。^*)

顔アイコン

わぐまさん
おめでとうござます♪
おお、原作を読まれてたんですか。原作も凄そうですね、興味があるんですが。沢尻エリカ、本当だったら主演女優賞ものですよ。マスコミに無視された感がありますね、残念です。

2013/1/5(土) 午後 10:46 シーラカンス

顔アイコン

この作品は2回観たのですが(凄くてもう一度観たくなった)、
どちらも結構な客の入でしたけどね〜〜〜評判悪かったのですか?
しかも結構若い女性が中心になって観に来ていました。
ファッション的な要素も強かったですから、ありなのでしょう。
私もそっち方面でもかなり楽しめたと思っています。

まさに沢尻を観るための映画、という感じで圧巻でしたし。
対する寺島しのぶを脱がさないことで引き立てる(まさに役のごとし)
という素晴らしい演出をしていたのも感じました。

私的には大好きな作品でしたね!
キャストも豪華でしたし。音楽も楽しかった。

2013/2/23(土) 午前 1:42 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人

顔アイコン

エルザさん
これだけの演技をすれば、主演女優賞ものだと思うのですが、あまり評価されていないかなという印象です。沢尻エリカとリンクしたスキャンダラスな面が誇張されていますが、ラストになかなかやるじゃないかと思わせました。人が何を言おうと自分が生きていくんだから、どんな形でも生きざまが素晴らしい。寺島しのぶの地味に抑えた演技も両極で面白かったです。

2013/2/23(土) 午後 9:01 シーラカンス

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事