最近気になること

ほとんど映画、ちょいと小説、きまぐれに音楽、の感想など気になることを記事にします!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ヘイル、シーザー
2016年5月29日、TOHOシネマズ 六本木にて。

2016年度作品
監督:ジョエル&イーサン・コーエン兄弟
脚本:ジョエル&イーサン・コーエン兄弟
出演:ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ファインズ、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、チャニング・テイタム

「ノーカントリー」「ファーゴ」のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が、ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタムら豪華スターを迎えて描いた監督作。1950年代のハリウッド。あるメジャースタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中、主演俳優で世界的大スターのウィットロックが何者かに誘拐されてしまう。撮影スタジオは混乱し、事態の収拾を任された何でも屋が、セクシー若手女優やミュージカルスター、演技がヘタなアクション俳優ら個性あふれる俳優たちを巻き込み、事件解決に向けて動いていく。コーエン兄弟監督作常連のフランシス・マクドーマンドやティルダ・スウィントン、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒルらも出演。(映画com解説)

正直、睡魔に襲われっぱなしで、朦朧としながら観ていました。

コーエン兄弟の新作を観る場合はいつもあまり期待しないように、肩の力を抜いて観るようにしています。
それぐらいがちょうどいいのです。
今回、あまりに力を抜きすぎたかな笑。

まあ相変わらず取りとめのない変な内容です。
ネタバレあります(今回は睡魔のため間違っているかもしれません)。

キリスト教の映画の主役が誘拐され誘拐した団体は共産主義者。
映画の主役はもしかしてチャールトン・ヘストン?のパロディ。
潜水艦まで登場しちゃって、なんだこの映画は。
しかし、事件から解放されて、キリストにほんとに出会ったかのような表情をする。

水中レビューの水着の女王は、妊娠しちゃう?
エスター・ウィリアムズ?のパロディ。

主役のカウボーイは西部劇のアクションは最高、でもしゃべらすと訛がひどく監督が困惑している。
そんなやつらを苦労しながらまとめているのがプロデューサーの男、禁煙を破って煙草を吸ったとかで教会に懺悔している。
まあ、色々しでかす俳優たちをなだめすかす彼が一番まともです。

いつもおバカな人物たちに愛着が湧いたり、神がいたずらな存在であることを楽しめるのですが、体調が悪かったせいか、始めに書いたように、ダメでしたね。

こんな感想では申し訳ないので、一応コーエン兄弟の好きな映画を並べておきましょう。
「ビッグ・リボウスキ」「ファーゴ」「ノーカントリー」「バートン・フィンク」「トゥルー・グリット」

閉じる コメント(14)

こんばんは。
残念、「ノーカントリー」だけ観ていません。
「ビッグ・リボウスキ」最高です♪
お正月は毎年「ビッグ・リボウスキ」を観ます(爆)

「ヘイル・シーザー」面白かったです〜♪
後で調べてわかったのですが、レイフ・ファインズ(ローレンス・ローレンツ?)はジョージ・キューカー監督らしいです、そういえば女性映画?を撮っていましたね、でもって彼はゲイだったようですが、そういえば、なるほど〜でした。
ジョシュ・ブローリン、暫くは彼の最高の時代になりそうです。

2016/6/28(火) 午後 10:54 じゃむとまるこ 返信する

顔アイコン

> じゃむとまるこさん
「ノーカントリー」の主人公には圧倒されますよ。是非観てほしいです。「ビッグ・リボウスキ」のユーモア感は自分も大好きです。お正月のユルユルにはぴったりですね、また観たくなりました。ほうジョージ・キューカー監督ですか。

2016/6/28(火) 午後 11:29 シーラカンス 返信する

顔アイコン

睡魔に襲われたのが私だけではなくて「安心」しました(笑)。

コーエン兄弟の作品はどうも合わないようです。


「ノー・カントリー」などは強烈でしたが。

TBさせてください。

2016/6/29(水) 午前 10:19 fpd 返信する

睡魔と闘ってましたか笑。
コーエン兄弟の最新作ってことで、見たかったんですが、なかなか厳しいですかね笑。
でも、コーエン映画って噛めば噛むほど味があるんですよね。
これ、DVDになったら鑑賞してみます。

2016/6/29(水) 午後 8:28 WANTED222 返信する

顔アイコン

> fpdさん
半分ぐらい寝ていたかもしれません笑。そうでしたか、コーエン映画ははまる時とはまらない時があって両極端ですね。「ビッグ・リボウスキ」「ファーゴ」はお薦めです、是非お試しあれ。

2016/6/29(水) 午後 11:14 シーラカンス 返信する

顔アイコン

> WANTED222さん
ハハ朦朧状態でしたね。2回目を観るとまた違った感想になるかもしれません。見られたらまた感想を読ませてください。

2016/6/29(水) 午後 11:17 シーラカンス 返信する

顔アイコン

睡魔に襲われるのは、わかる気がします。直球を待っていて、変化球でかわされる監督ですからね(^^)
豪華キャストを贅沢に使った、コメディであり、映画賛歌でしたが、お話をある意味単純明快でしたね。
TBお願いします。

2016/6/30(木) 午前 11:51 atts1964 返信する

アバター

> atts1964さん
単純そうで何か裏がありそうなんです。エピソードに神が絡んでますよね、最後も結局は自分次第みたいな牧師の答えが朦朧としながら残っています。

2016/7/1(金) 午後 6:41 シーラカンス 返信する

顔アイコン

深く考えずに観ると良いのかもしれませんが、神が絡んでくる作品でもあったので、何が言いたいのかなぁ〜?とずっと考えていました。結局、よくわかりませんでしたが(汗)

2016/7/18(月) 午後 11:23 やっくるママ 返信する

アバター

> やっくるママさん
思わせぶりだけではないように思うのですが、いい加減な運命が神の仕業でしょうか。

2016/7/20(水) 午後 10:49 シーラカンス 返信する

顔アイコン

豪華キャストでそれぞれのシーンはよくできていたものの、「楽屋落ち」ネタなので見ているほうは置いてけぼりをくらいましたね(笑)
作ってる方は楽しかったような気がします

トラバお願いしますね♪

2017/10/7(土) 午前 10:23 ベベ 返信する

顔アイコン

> ベベさん
すいませ〜ん、コメントもらっていたことに気が付きませんでした。おいてきぼりでした、ほんと睡魔に襲われっぱなし。

2018/5/22(火) 午後 10:41 シーラカンス 返信する

アバター

コーエン兄弟の映画は振れ幅が大きいですよね。
ジョジクルのヘタうま演技が結構笑えました。
こちらもTBさせてくださいね。

2018/5/23(水) 午前 8:31 木蓮 返信する

アバター

> 木蓮さん
ね〜、面白そうなクラシックな内容だけど、エンタテインメントは苦手なのかな、コーエン兄弟は。

2018/5/24(木) 午後 9:16 シーラカンス 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事