最近気になること

ほとんど映画、ちょいと小説、きまぐれに音楽、の感想など気になることを記事にします!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ちいさな独裁者
2019年2月8日、シネ・リーブル梅田にて。

2017年度作品
監督:ロベルト・シュヴェンケ 
脚本:ロベルト・シュヴェンケ 
出演:マックス・フーバッヒャー、ミラン・ペシェル

「RED レッド」や「ダイバージェント」シリーズなどハリウッドで活躍するロベルト・シュベンケ監督が母国ドイツでメガホンをとり、第2次世界大戦末期に起きた実話をもとに描いたサスペンスドラマ。1945年4月。敗色濃厚なドイツでは、兵士の軍規違反が続発していた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、偶然拾った軍服を身にまとって大尉に成りすまし、道中出会った兵士たちを言葉巧みに騙して服従させていく。権力の味を知ったヘロルトは傲慢な振る舞いをエスカレートさせ、ついには大量殺戮へと暴走しはじめるが……。出演は「まともな男」のマックス・フーバッヒャー、「ヴィクトリア」のフレデリック・ラウ、「顔のないヒトラーたち」のアレクサンダー・フェーリング。(映画com解説)

何とも、怖い映画です。

軍隊を脱走して逃げまくっていた男が、たまたま拾った大尉の軍服を着て、大尉になりすます。
見せかけの権力を得た男は、どんどんエスカレートして、自分と同じ類の人たちを死刑にして虐殺し、それでも逃げる。

ブタと呼ばれ虐げられていた小心男とは別人の自信に満ちた行動をとる。

人間とは、不思議だ。
そして怖い生き物ですね。

人は、権力を持つと変貌する。
権力に酔いしれるんだろうな。

強気が強気を呼ぶ。
狂気めいてくる。
さらに、彼は自分と同じように大胆な振る舞いをする人間を集める。
乱痴気騒ぎ。

次第に周りもニセモノだと知っていながら、それを利用したりする。
えせカリスマ。
いやもしかしたら、最初はみんなニセモノで、踊らされてカリスマに仕立てあげられるのかもしれない。

ラスト、現代に登場して、人からモノを没収する。
いつの世も、こういう輩は存在しているということか。

閉じる コメント(12)

こんばんは。
今の社会の仕組みも同じだと感じる・・・そこが怖いです。

2019/4/3(水) 午後 10:26 じゃむとまるこ

顔アイコン

戦争や、ナチもあるけれど
「身なり」が人を変える、という秀作だと思いました

トラバ〜

2019/4/3(水) 午後 10:30 ベベ

顔アイコン

これ、見てみたいですね。ヒトラーばかり悪者にするのは間違っていると思う。

2019/4/4(木) 午前 3:35 猫

顔アイコン

ところどころ、笑いもあるんですが、精神的に恐怖を感じるお話でした。ちゃんと実話ベースで、エンドロールが現在に飛ぶのが、シュールでしたね。
TBお願い致します。

2019/4/4(木) 午前 6:47 atts1964

最後のシーンが暗示的で怖かったですね。
あとでトラバさせて下さい。

2019/4/4(木) 午前 11:30 チャコティ副長

顔アイコン

> じゃむとまるこさん
カリスマを助長するとか、利用するもの、色んなやからが現れる。自国主義をだから、よけいに怖い世の中になりそうで心配。

2019/4/6(土) 午後 7:49 シーラカンス

顔アイコン

> ベベさん
権威とか見かけに人は左右される、人間の本性でしょうね。

2019/4/6(土) 午後 7:51 シーラカンス

顔アイコン

> 猫さん
ヒトラーが象徴的で、扱いやすいんでしょうね。戦争の正義は自分勝手なもののように思うんですが。

2019/4/6(土) 午後 7:54 シーラカンス

顔アイコン

> atts1964さん
生き残りたいやつは、自分の存在を主張しろ、人を殺してまで生き延びろ、主人公が生き延びて得た人生訓なんでしょう。

2019/4/6(土) 午後 7:56 シーラカンス

顔アイコン

> チャコティ副長さん
現代に生き延びていることが、今の時代の恐怖に繋がっていますね。

2019/4/6(土) 午後 7:57 シーラカンス

顔アイコン

これは観たいのですが、上映館が少なく時間が合わないのです。休みを取るかなぁ〜。

2019/4/8(月) 午後 11:46 やっくるママ

アバター

> やっくるママさん
かなり、ハードな映画です。心して観てください笑。

2019/4/12(金) 午後 10:08 シーラカンス

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事