最近気になること

ほとんど映画、ちょいと小説、きまぐれに音楽、の感想など気になることを記事にします!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ジョイ・ラック・クラブ
2019年3月22日、BSにて。

1993年度作品
監督:ウェイン・ワン
脚本:エイミ・タン、ロナルド・バス
出演:ミンナ・ウェン、キュウ・チン、ツァイ・チン、リサ・ルー、フランス・ニューエン

全米でも予想外のヒットを記録した、エイミ・タンのベストセラー小説の映画化。脚本は彼女と「レインマン」のロナルド・バスが共作。監督にカルト的快作「スラムダンス」のウェイン・ワン。題名のジョイラック倶楽部とは、語り手ジェーンの母が、仲のよい三人の女友達と、それぞれの喜びも幸運も分かち合おうと始めた麻雀会のこと。アメリカに移住して30年。それぞれに筆舌に尽くしがたい苦労はあるが、映画は上品なソープ・オペラといった体で、それらの挿話をまとめている。そして、故国に残してきた双子の姉の存在が、母の死に際し語られる。居ても立っても居られぬジェーンは、まだ見ぬ姉たちを訪ねる。これを小説で読むのは、どんなうまく書けててもお断りだな。映画だから見ちゃうし泣けもするのだが、思い起こすと、その感動はあまりに底が浅い。映画が映画に自家中毒を起こしているのだ。<allcinema>

移民として故郷の中国から苦難の人生を背負って生き抜いてきた4人の母親と、アメリカ人として生まれ育った4人の娘たちの世代間の相違と心の絆を描いた群像劇。(映画com)

歳のせいか、一代記みたいな映画には滅法弱いんです。
涙腺が緩みっぱなし。

ジョイ・ラック・クラブとは、喜びも幸運も分かち合おうと始めた女性4人の麻雀会。

移民としての母親の壮絶な過去が一人ずつ自らのモノローグで語られる。

さらに、母と娘の確執、そして母と娘の溶解。
分かり合えるシーンには、ジーンとする。

娘のシーンは娘自らの語りで。
そう、この映画は一人称の映画。
4人の母親と4人の娘、8人の語りで描かれるのがユニーク。

自分を取り戻すのよ。
結婚して夫に合わせようとしている姿を見て、母親が娘に言うことば。
母親の願い、思いが伝わってきて、また泣いてしまうのです。

あなたは美しい心を持っている。
美しい心は学べるものじゃない。
母親のこういうことばにまた泣ける。

中国からアメリカに渡った女性たちの生きざま。
オトコはダメ男ばかり。

語り口のうまさ、エピソードの工夫に、映画的なエモーションを感じるのです。

Allcinemaの解説はボロクソですが、自分は単純によかったのです。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

雀卓を囲みながら始まるお話は、ドラマでしたね。
TBお願い致します。

2019/4/8(月) 午前 6:53 atts1964

顔アイコン

こんばんは。
この映画は私もとても好きな映画です。TBさせてくださいね。

2019/4/9(火) 午後 10:00 [ hisa24 ]

アバター

> hisa24さん
派手さはないものの、愛着のある映画、自分も大好きです。

2019/4/12(金) 午後 10:10 シーラカンス

顔アイコン

> atts1964さん
詩的な味わいのある映画でしたね。

2019/4/14(日) 午後 9:33 シーラカンス

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事