最近気になること

ほとんど映画、ちょいと小説、きまぐれに音楽、の感想など気になることを記事にします!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

チャンス
2019年1月30日、TOHOシネマズ なんばにて。

1979年度作品
監督:ハル・アシュビー
脚本:イエジー・コジンスキー
出演:ピーター・セラーズ、シャーリー・マクレーン、ジャック・ウォーデン、メルビン・ダグラス

ワシントン郊外。主人が亡くなり、行き場のなくなった中年の庭師チャンスは町をさまようことに。彼は屋敷の外を知らず、草花をいじり続け、テレビだけを楽しみに生きてきた男だった。やがてチャンスは政治をも左右する財界の大物ベンジャミンと知り合う。無垢な心を持つチャンスはベンジャミンや彼の妻といった人々を次々と虜にしていくが……。天真爛漫な庭師を通じ、社会を風刺したコメディ。ピーター・セラーズが名演を見せる。(映画com解説)

この映画、大好きなんです。

ありそうでいて、ありえないちょっと浮世離れしたお話。

リアルと寓話をごっちゃまぜにして、ブラックユーモアで走り抜ける。
今の時代にはない、こういう70年代独特の道で迷い彷徨う結論が見えない映画が好きです。

ネタバレあります。

家から出たことがなく、TVを見るのが好きで、まったく世の中を知らない、ちょっとお頭が弱い庭師の男。
主人が突然亡くなり、家を追い出されることに。

あるきっかけで財界の大物と知り合いになり、大統領と同席したり、ただ庭の手入れの話をしているだけなのに、周りが深読みして、政治評論家、次期大統領だと呼ばれることになっていく風刺の効いた可笑しさ。

なんといっても、ピーター・セラーズ。
ただのTV好きの庭師の飄々とした振舞いが、もう最高です。
特に、シャーリー・マクレーンとの延々と描かれる掛け合いラブシーンは絶対アドリブだと思う、笑ってしまう。

ラスト、池の上を歩いていくシーンを見て、やっぱりファンタジーだったんだ。
現実には存在しない人間だったんだと。

でも、忙しい世の中の出来事に右往左往する中、浮遊するかのように飄々と世の中を渡り歩いていく男に、つい微笑んでしまうのです。

ハル・アシュビーという監督は、独特の世界観を持った監督。
「さらば冬のかもめ」も好きだな。

調べたら、メルビン・ダグラスって、ルビッチ監督の「天使」「ニノチカ」「淑女超特急」に出ていた俳優さん、懐かしい。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事