最近気になること

ほとんど映画、ちょいと小説、きまぐれに音楽、の感想など気になることを記事にします!

音楽

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

アン・サリーのライブ

イメージ 1

2019.5.12 京都紫明会館

初めて、アン・サリーの歌声を聴きました。

この人の声質は好きだな〜。
感情を強く出していないように見せるところがアン・サリーの特徴かも。

それに、女性の色気が出るというより、どこか母親が見守っている雰囲気がするんですよね〜。

独特のニュアンス、静かそうで、お茶目なところもあるから面白い。
音量は大丈夫ですかと言いながら、あの「おんりょう」ではないですよと、ああ、「怨霊」のことかと京都ギャグに笑う。

ギターが「羊毛とおはな」の市川和則。
ギター演奏の時に、ラップのように「ヨウモウ」と掛ける声に笑っちゃう。
そんなこと言わなそうに見えるから、余計ギャップが可笑しい。
面白い人だ。

また、関西に来られたら、聴いてみたい。
古い建物もアコースティックな音楽にピッタリ。

何故か涙が出そうになる
蘇州夜曲/アン・サリー


こういう感情に流されない歌い方ができるのはアン・サリーらしい。
アン・サリー 満月の夕(ゆうべ)


この歌も好きなんです。
のびろのびろだいすきな木

初めての文楽




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

大阪に長いこと住んでいて、文楽と言われるものを初めて観ました。
 
恥ずかしながら、浄瑠璃と文楽とどう違うのかも知らなかった。
浄瑠璃は、三味線を伴奏楽器として太夫が 詞章 ししょう を語る音曲・ 劇場音楽である、らしい。
たぶん、それに人形遣いがプラスされて文楽と言うのかな。
淡路島系の人形浄瑠璃というのもあるから、ややこしい。
 
大夫、三味線、人形遣いが三位一体となった音楽劇が、「文楽」のようです。
 
難しいことは置いといて、正月明けに国立文楽劇場に行ってきました。
自分が観たのは、梅川・忠兵衛で有名な「冥途の飛脚」、阿古屋琴責と呼ばれる「壇浦兜軍記」。
 
面白かったですよ。
 
大夫の語り、三味線の伴奏効果、そして人形の振る舞い、まるで、セッションをしているかのように、それぞれを刺激しあうんです。
 
面白いのは、お互いの顔を見ないこと。
自分のリズムで、それでいて見事に波長が合う。
練習のなせる技でしょうね。
感動しました。
 
4月にもあるみたいなので、是非行きたいです。
 
10日だったので、十日恵比寿ということで、今宮戎神社の綺麗どころの福娘が登壇していました。

難しいと言われていますが、字幕も出るし、音声ガイドもあるし、全部は分からないけど、楽しめますよ。
所詮、大衆芸能だと思うんで気楽に観たらいいのかなと思うんです。

イメージ 1

最近気に入っているアルバムです。

湯川潮音が、sione名義に変え、歌詞なしのスキャットだけのアルバム。






まるで自然の中にいるかのような錯覚を覚える。

壮大で寛大な懐の深さに気持ちが安らぐ。

透明感のある美しいボイス、繊細なメロディ。

心が休まります。
never young beach

「くるり」の京都音博で聴いてからハマっているのが、この「never young beach」
オジサンには懐かしいメロディライン、加山雄三的な夏の海サウンド、軽快なロックが心地いい。






斉藤哲夫ライブ



イメージ 1

イメージ 2

斉藤哲夫ライブ
2018.10.7
 
以前から、斉藤哲夫のファンで、一度聴いてみたいとずっと思っていて、ようやく実現。
いや〜、大感動です。
 
大阪 谷町4丁目の居酒屋「三輪車」。
マスターが斉藤哲夫の大ファンで毎年2回ライブ開催を重ねて、8年目になるそうです。
 
最初、エって、ここ居酒屋ちゃうの、とドギマギしていたら、ご常連さんやマスターの奥さんがやさしく導いてくれて、感謝です。
 
斉藤哲夫は、「バイバイグッドバイサラバイ」「グッド・タイム・ミュージック」が素晴らしい、涙が出そうになるほど嬉しかった。
 
1973年、1974年の時代に、こんなメロディラインを聴いたことがなかった。
斬新で粋で、心を揺さぶる。
特に「グッド・タイム・ミュージック」は、まさにビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」です。
 
そのほかにも、ゴードン・ライトフット「朝の雨」、渡辺勝「あなたの船」が聴けました。
 
終ってからも、握手もできて、ご常連さんとも酒を酌み交わし、楽しい一夜でした。
 
来年もまた、行きますよ!

また聞かせてください、それまで元気でいてください、68歳の斉藤哲夫さん。

(念のため、写真は許可をもらって撮っています。)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事