ここから本文です
岩手 石井農園
田舎暮らし日記

令和ですと・・・

元号が替わりました。
喜んでイイのか悲しんでイイのか、別に社会や私の周りが変わる訳では無し、それがどうしたのってな所です。
そんな事より私のブログも替わりました。
ブログではなくホームページにしたので、ちょっと勝手が違うでしょうがお暇な方は一度見に来てください。
https://isii-nouen.amebaownd.com/
尚、まだ完全ではないので一部お見苦しい所もあるのはご容赦!
 
イメージ 1
岩手は昨日今日と大雪が降り、春目前で今季最大の積雪となりました。
令和の時代は荒れそうですよ〜
(これがyahooの最後の更新になると思います)

深く反省

ケンはあれから2回ほど家出を繰り返しましたが、今は家に戻って来ています。
皆さんに心配かけました、先ずはご報告まで。
 
イメージ 1

本人も深く反省しているようですが、またいつか繰り返すような気がします・・・
ケンが又いなくなりました。
前回以降2回目なのです。今回はまだ2日目ですが、もう帰って来ないのではと不安が募ります。
もう「どこかで何かを見つけた!」以外には考えられません。それもメス犬をでしょう。
今は田舎でも老人のみの家が多く、犬を飼う農家は少なくなっています。
近隣には犬を飼っている家が2軒ほどありますがメスはおらずオスだけなので、そこへ夜這いなど行くはずがありませんね。
とすると、もっと遠方の私の目の届かない所まで行っているのかも知れません。
今はメスの発情期ですし、ケンも去勢手術はしていません。有り得ない話ではありませんね。
万が一そちらの居心地が良ければ、そこに居ついても仕方のない事ですが、ケンの無事を願うばかりです。
(↓主のいない犬小屋) 
イメージ 1
 
イメージ 2
↑5日前に女房と写した写真です。
左に見える黄色い福寿草は少し前から咲いていたのでしょうが、この所なにかと気ぜわしく心にゆとりが無かったのでしょう。今年初めて見ました。人生落ち着いて生きないとロクな事がありませんね。
この写真がケンの最後の写真とならなければ良いのですが・・・


話は変わりますが、皆さんの所にも届いたでしょうが、先日Yahooブログ廃止のメールが来ましたね。
ひところ新しくベータ版を作ると言っていましたが、いきなりの廃止には面喰らいました。
「意見、ご要望をどうぞ」という事なので直ぐ送ってみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ずいぶん急な話ですね!利用者としては困りものです。
やはり企業間競争に負けて、赤字になったのが廃止の理由でしょう。
企業努力が足りなかったと言う事ですね。
それとサービスを基本とする会社なのに、利用者へのサービス精神の欠如かな!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
随分と一方的な話なので、けっこう憤りを感じました。
確かにホームページやブログ・SNSなどは数多の運営会社があり、その間の競争もあり利益も苦しいのかも知れません。
しかしその中でナンバーワンとも言えるYahooが多くの利用者の意向を無視して、真っ先にブログから手を引くなどとは考えられません。
おそらく移行ツールなるものを使えば他の会社での継続は容易だと思いますし、慣れた人ならソレ以外のブログも作れることでしょう。しかし今までのブロ友さんのコメントが消えて無くなるのはヒドイです。コメントにも一字一句思い入れもあるのに、IT・流通・金融とサービス業中心の大会社がすることではありませんよ。
大会社Yahooにはもう何を言っても無駄でしょう。しかもYahooブログを実際に利用できるのは8月いっぱいです。ケンの事もありますので少し休んで、検討して早めに移行(または新規作成)したいと思います。
皆さんはどうされますか・・・

ケ〜ン カムバーック

3日ほどケンがいませんでした。
普通夕食後、畑や山林など夜のパトロールに出かけ、遅くも明け方には小屋に帰っているはずなのです。
それがここ3日ほど帰って来ません。
ケンに限ってこんな事は今までありませんでした。
そろそろ発情期なので、ちょっと遠くまで遠征したかなとも考えましたが、2日が経ち3日が過ぎるとチョット不安になって来ました。
クマやキツネやタヌキなどの山の獣にやられたとは考えにくいのですが、何しろケンは足を痛めていますからね。もしもという事もあります。
また過去において年老いた犬や猫が、いつの間にか姿を消してしまう事もありました。よく動物たちは死期を悟るとご主人(飼い主)に屍を見せないように消えて行くという事も聞きますね。実際に我が家でも数回あった事です。
しかしケンはまだ若い(もうじき6才)ので死期を悟るとは・・・いやいや以前飼っていた犬は若くして病気になり、そのまま消えてしまった事もありましたっけ!何しろ我が家の周りは山林だらけです。青木ヶ原の樹海のようなものです。
女房と二人で不安は募る一方でした。


ちょっと諦めかけた今朝・・・ケンはすました顔で犬小屋の中にいたのです。イメージ 1
 女房はホッとして喜びましたが、私は叱りつけました。 
イメージ 2
もう二度とこういう真似をしないように、しつこくしつこく言い聞かせました。
犬は利口なので分かっているのでしょう大変済まなさそうな顔をしていましたが、朝飯をバカバカ貪るように食った後は爆睡!
イメージ 3
イヤハヤどんな夢を見ているのやら・・・

ケンは避妊をしていません。春秋の発情期が来るとやはり落ち着きが無くなります。
いつか子供をとも考えて、あえてしなかったのです。しかしその気がなければオスも避妊をした方が良いかも知れません。
猫の場合、避妊をしなかったオスはほとんど2〜5年でいなくなってしまいます。やはりペットも子孫を作る本能には逆らえないのでしょう。いかに人間(飼い主)が可愛がって上げたとしても・・・

♪シカの〜フン〜♪

今朝7時の気温は0.5度でした。
最低気温がプラスになるのは久しぶりで暖かい朝となりました。
この冬は梨と桃の木を殆ど切ってしまったので、剪定も少なく怠けどうしでしたがソロソロ冬眠から覚めないといけません。
今日はポポーの剪定に怠けて重くなった体を引きずり、雪がやや残る園地までやって来ました。 
イメージ 1
ポポーは物の本によると、剪定や農薬・肥料もやらず放ったらかしでも育つと書いてあります。
正しく私向きの果樹なのですが、さすがにず〜っと放って置くと枝が込み合ってきて実が成りにくくなるようですよ。
一度植えてしまえば放ったらかしで収穫だけするなんて、夢のような作物がある訳は無いとは思っていましたが・・・

足元に鹿の糞がたくさん転がっています。 
イメージ 2
山にエサが少ないので人家に近い畑にも、エサを求めてやって来るんです。
この時季に畑に来ても何にもないのに可哀想な鹿さんですね。
私は♪ならのかすがの あおし〜ばに〜 こしをおろせば シカの〜フン〜♪とあの吉永小百合の迷曲『奈良の春日野』を歌いながら剪定を続けました。
https://www.youtube.com/watch?v=9Rl1J2qC4zw

ふとポポーの園地内に植えてあるイチジクを見ると、やられています! 
イメージ 3
軟らかい枝先を狙ったのでしょう。
ここには3本のイチジクが有りますが、すべて先っぽをかじられていますね。
「チクショー 甘い顔したら付け上がりやがって!」
とか何とか同情したり怒ったり歌ったりしている内に、午前中4本のポポーの剪定が終わりました。 
イメージ 4
ポポーは全部で17本あります。慌てずノンビリやりましょう。
私は♪フンフンフンフン く〜ろま〜め〜よ〜♪と続きを口ずさみながら帰路についたのです・・・

ということで、またまた昔作ったホームページを載せます。
例によって映画にちなんだ内容です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無法松の一生
映画『無法松の一生』は戦前版と戦後版があります。
戦前版はバンツマこと阪東妻三郎が演じ、私は子供の頃テレビで見ました。
戦後版は三船敏郎で、やはり子供の頃これは映画館で見ました。
共に小学生だったのですが、私は三船版の方が鮮明に記憶に残り感動もしたものです。大きなスクリーンで、カラー作品だったせいもあるかも知れませんが。

数年前にBS放送で再び三船版を見る機会があったのですが、やはり感銘を受けました。良い映画でしたね。
ざっとかいつまんでストーリーを紹介すると、九州小倉の暴れん坊“無法松”こと人力車夫の松五郎が、世話になった恩人の未亡人(高峰秀子)親子を陰になり日なたになり助け世話を焼いて行くのです。
しかしやがてそれは恩情から愛情へと変わり、未亡人の息子が成人し旅立った後、ついに松五郎は恋慕の思いを告白してしまうのです。
悔恨の松五郎は粗野で無教養の自分を卑下し、泥酔して「俺はなんて汚いんだ」とつぶやきながら吹雪の中を彷徨(さまよ)い凍死してしまいます。
葬儀も終わり未亡人が松五郎の遺品を整理していると、その中から自分達親子に対する純粋な思いが溢れる数々の品を発見します。
それを見続けながら未亡人(高峰秀子)は一人涙するのでした。

イメージ 5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年12月15日『人物オーライ』のホームページに載せた物を原文のまま紹介しました。
イラストのセリフの一部が現代とは異なりますね・・・

岩手は寒波が続いています。
雪もソコソコ降り、ただ今の積雪は10cmと言った所でしょうか。(今年は雪が少ない!) 
イメージ 1
夜中降っていた雪も朝までには上がり青空が見えています。
山の中腹にある我が家も陽を浴びていますが、日中でも気温は0度位ではないでしょうか、寒いです! 
イメージ 2
クルマの後ろに見える細い登り坂が、畑に通じる道です。
ちょっと様子見に登ってみましたが、ここでストップのようですね。 
イメージ 3
もう少し登りたい所ですが、これ以上無理して行くと雪にハマってしまいます。
毎年1〜2回はハマって身動きが取れなくなり、最後はトラクターで引っ張り出す羽目になるのです。
分っていながら繰り返す、人間って奴は懲りない動物です。(懲りないのは私だけかな?) 
イメージ 4
畑でも雪道でも何回雪にハマった事でしょう。
皆さん!北国にお出での節はくれぐれも雪を舐めないようにして下さいね。

ちなみに今年は一回もハマっていません(今の所)。雪が少ないせいも有りますが、大変珍しいことです。
北国に27年もいれば、少しは進歩したかな・・・?

鈴本キネマ

お待たせ致しました、ようやく岩手に寒波襲来です。
今朝10時半、我が家の2階から見た真向いの景色です。寒そうでしょ!
イメージ 1
 朝の気温はマイナス8度、日中もマイナス3度だそうです。
予報によると、さらに明日はマイナス10度を上回りそうですよ。しかもこの寒波はしばらくの間居座るとか。楽しみだなぁ・・・(やせ我慢!)
2月もここへ来ての寒波です。おそらく今年最初で最後の寒波かも知れません。
平年ですと2月も半ばを過ぎれば弱冠寒さが和らぎますし、寒い日が有っても続かないのです。北国の極寒の冬も、ようやく終わりが近づいたなといった所ですかね。
しかし今年はどうでしょうか? 今まで雪が少なく気温も暖かめだった分、反動でこれから寒くなり春の訪れは遅かったりして!
温暖化だと騒いでみたり、急な寒波に慌てたりと、所詮自然には逆らえませんです・・・

という事で、またまた私の古いお遊びのホームページを紹介します。(当時の原文のまま)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タフガイv.s.マイトガイ
前にも度々記しましたが私はどちらかと言えば、タフガイ裕次郎でなくマイトガイ小林旭派でした。
しかしこの二人は共に昭和30年代の中頃、日本中の女性ファンいや男性ファンをも虜にしました。そして幼い私までも・・・。
小林旭といえば何と言っても『ギターを持った渡り鳥』ですね。
殺し屋の宍土錠、ヒロインの浅丘ルリ子とのトリオで、北は北海道から南は九州と全国を舞台に繰り広げる無国籍アクション映画でした。
まだ幼い私は映画好きの母に連れられて、殆どの渡り鳥シリーズは見に行っているはずです。
当時子供たちのヒーローは月光仮面や遊星王子、スーパージャイアンツなどがいましたが、同じ勧善懲悪で大人っぽい雰囲気のヒーロー滝伸二(小林旭)にあこがれたのでしょう。 
イメージ 2
当時東京の大塚に住んでいた私は、よく母に連れられて近くの鈴本キネマという映画館に行きました。
そこは南口商店街にある邦画専門の映画館で、その頃の映画は殆ど3本立てでした。
いつも母の作ってくれたお弁当やおにぎりを持参し、それこそ半日がかりで見続けたものです。
隣に芝居小屋があり、そこでも連日旅回りの劇団が来て結構客も入っていたようです。
やがて私は成人して居も移りましたが、数十年後に大塚に行って見ると鈴本キネマはまだ存在していました。
芝居小屋はなくなっており映画館も2階建てのビルに変わっていましたが、一階に我が青春の鈴本キネマが残っていたのです。(2階部分は大塚名画座という洋画専門の映画館でした)
この話し自体も実は30年近く前の話なので、今はあるかどうか・・・。東京にお住まいの方、ご存知の方は教えて下さい。 
イメージ 3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2010年の10月に『人物オーライ』というホームページに載せた物ですが、割と気に入っている記事なので、その後他のホームページやブログに2〜3回使い回ししました。

不思議の国のアリス

今朝8時の気温は5度でした。マイナスではなくプラスですよ、大変暖かい朝となりました。
通常ならマイナス5〜6度ですからね。
おまけに夜中にこの時期としては珍しく雨が降り、畑の雪もほとんど融けています。 イメージ 1
とどめは虹ですね・・・ 
イメージ 2
家の前に薄くかかる虹(チョット見えにくいかな?)、まるで春の趣です。

地球温暖化が想像以上に進んでいるのかも知れません。
「人類よ引き返すのは今だ!」
「悔い改めよ!」

ということで特に書き記す畑仕事も無いので、また私の古いホームページでお茶を濁しましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪ えらさーがー ちがうー ♪
私が 小学生の頃(いつも古い話でスイマセン)、金曜の夜8時からテレビで『ディズニー・ランド』が放映されていました。
しかしどういう訳か毎週ではなく、プロレス中継と隔週でやっていました。
プロレスはもちろん力道山全盛の頃でしたから、ブラッシーやオルテガ、キラー・コワルスキー、ゼブラ・キッドなどの個性的な悪役が来襲し、それはそれで面白かったのですが、どちらかと言うと私は『ディズニー・ランド』派でした。
日本には有り得ないカラー・アニメーションや毎回夢のようなドラマやドキュメンタリー、そして番組の最後には必ずウオルト・ディズニー自らが出演して解説をする。私には憧れと心躍る瞬間でした。
子供心にいつも「日本にディズニー・ランドのような夢の遊園地ができればなあ・・・」と願っていたものです。
その願いは二十数年後には叶いましたが、私は既に結婚して5人の子持ちになっていました。
当然映画館にも母に連れられてよく行きました。
『ピノキオ』『101匹ワンちゃん大行進』『ピーターパン』『ファンタジア』等のアニメから『狼王ロボ』『南海漂流』『罠にかかったパパとママ』等々殆ど見ていると思います。
その中で私のベスト1は『不思議の国のアリス』です。
原作の持つ話の面白さに加えて数多くの挿入歌、しかもそれが全て耳に残る楽しい名曲ばかり、そして何と言っても妖怪“チシャ猫”ですね。短い出番なのにアノ存在感は得がたいキャラクターでした。
 
イメージ 3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2009年4月15日に『人物オーライ』というホームページに載せたものです。
当時はヒマだったもので、3つのホームページとブログを作っていました。
特にhtmlを使ったホームページで自分のイラストを画く事が、面白くて結構のめり込んでいました。今でもヒマですが、もうヤル気が起きません・・・

午前8時半、けっこう雪が降っています。今の所7〜8cmくらいかな? 
イメージ 1
ハウスも雪で覆われてしまいました。
ケンと一緒に畑も見回りしてきましょう。 
イメージ 2
結構積もっていますね。 
イメージ 3
このまま降り続けば今度こそ根雪になるかも知れません。

続いて敵情視察、近所の見回りです。
イメージ 4
 田んぼや畑も雪で埋まって一面の銀世界となりました。 
イメージ 5
さすがにこれでは勤勉なお百姓さんも、誰一人みかけませんね。 
イメージ 6
これで働くのは余程のヒマ人か、鉄の意志を持った奇特な人でしょう・・・

ややっ! いましたよ奇特な人がっ! イメージ 7
広い駐車場をもくもくと一人で雪かきしています。
イメージ 8
 この人こそ誰あろう我が紫波町の名士『紫波観光ぶどう園』の若社長でした。
「雨にも負けず雪にも負けず」とまるで宮沢賢治みたいなお人です。
「人が出来ない事をやる」「人が怠けている時に働く」・・・これですね! 金を儲ける秘訣は!
 
イメージ 9
少し陽が出たら、ハウスの雪は音を立てて崩れています。
「オレもちょっと畑に行こうかな・・・」

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事