ここから本文です
岩手 石井農園
田舎暮らし日記

冥途の土産

3日前の写真です。 
イメージ 1
とうとう本格的に降りましたよ。
翌日は女房の誕生日で、花巻温泉の奥深くまで行くと言うのに・・・
まぁ雪には慣れっ子で雪道の運転は、特にどうこう言う訳ではありませんが何も前日に降らなくとも!
おまけに私の体調が悪く、滅多に引かない風邪のようですよ。

今回は子供たちが協力して祝ってくれるという事で、花巻温泉でも一番の高級老舗旅館へのご招待です。もう二度とない特別な誕生祝なのです。這いつくばってでも行かなければ・・・
わざわざ東京にいる息子の一人が留守番のケンやユズたちの面倒と、旅館への送迎までしに来てくれるのです。新幹線代をかけて仕事を休んでまで!
もう先が短い?私たち夫婦への、最後の親孝行なのでしょう。
もちろん私たち夫婦にとっても冥途の土産となることでしょう。

翌当日、一般道はキレイに除雪がなされており無事旅館到着。
フロントに行くと『誕生祝』という事で子供が色々申し付けていたようで、エステ券やら二次会券やらお土産券まで用意していてくれました。
部屋に入ると花束とシャンペンまで・・・「さぁ記念撮影だ」と早速カメラを取り出そうとすると・・・ガビ〜ン!カメラが無い!

家を出る時は確かに持ってた記憶があります。するとクルマしかないという事で息子に車内を隈なく探させたのですが、とうとう見つかりませんでした。
ちょうど2か月前に行った八幡平でカメラを無くした状況と同じ様になって来ましたよ。
取りあえず女房の携帯で一枚。 
イメージ 2
パソコンに取り込んで見てみるとナント小さいしボケてるし、ガラケーっていうのはこんなもんなのですね。
しかし、これがせめてもの一枚になりました。

こういう日を記録しないで何とするという事で、やむなく仲居さんに頼んでホテルのカメラを借りる事になりました。
素早くこういう対応をしてくれるのが一流旅館の証ですね。
部屋での豪華な食事と食後のバースデーケーキ、露天風呂にラウンジそしてバーなどなど写真を撮りまくりましたよ。一生の記念になります!

美味しい料理を腹いっぱい食べ、お酒も最近になく飲みました。
残すのは「勿体ない」という世代です。「死んでも残すものか!」私も女房も狂気じみて髪振り乱してむさぼりました。(ちょっとオーバーですね、さすがにここまではしません!)
この日5回目の風呂に入り、女房は2回目のエステに、お腹は苦しい位に一杯、という事でカメラを確認すると様子がおかしいのです。
「メモリーがどうのこうの」という表示が出て一切動作しないのです。
直ぐフロントへ連絡して調べてもらったのですが、原因不明でどうしても動きません。
「いちおう明朝まで調べさせて下さい」ということで結果を待つことに。

翌朝連絡が入りカメラは動作しないどころか中の記録まで消えていたとの事。
「おいおい、俺の一生の思い出はどうしてくれるんだ!」と言っても後の祭り。
元はと言えば自分のカメラを紛失した所から始まります。今日の思い出は私と女房の胸の中だけに記録して置くのもありかな・・・と考え直しました。
ということで今回は自分の写した写真ではありませんが、旅館のパンフレットやホームページなどから引用した物を紹介します。雰囲気だけでも味わって下されば・・・
(客室) 
イメージ 3
ちょうどこの部屋に泊まったようです。
(内風呂) 
イメージ 4
大き過ぎず小さ過ぎず・・・泉質はヌルヌルしていましたからアルカリ性ですね。お肌に良いとか。
(露天風呂) 
イメージ 5
檜の露天でこれも大き過ぎず小さすぎず・・・周りは紅葉ではなく雪景色でした。
(夕飯) 
イメージ 6
珍しく部屋食です。肉は前沢牛とかで、実に軟らかかったです。さすがにいつも食べている肉とは違います。
いつになくお酒も進みました。私は岩手の地酒を4種類、女房はシャンペン・ワイン・ビールと言った所です。美味しい!
(お品書き) 
イメージ 7
量が多くて食べ切るのが大変!後半は味わうよりもそっちの方に気を使いました。
(エステサロン)
イメージ 9
モデルは私の女房ではありません、念のため。
(バーラウンジ) イメージ 8
私たちは真ん中のテーブル席、他にもう一組いて右のカウンターでやってました。
私はここでも地酒を。女房は昔を思い出してカクテルを飲んでいましたっけ。
(大きな中庭です)
イメージ 10
 夜は雪の中でも篝火を焚いていました。
(朝食)
イメージ 11
 やはり部屋食でご覧の通り。
(お品書き)
イメージ 12
昨日の分もまだ消化されていないと言うのに、これはないだろう・・・さすがに残しました。勿体ない!
という事で今回の旅行は食事との闘いでした!

まぁトラブルやら驚きやら色々あった激動の二日間でしたが、今回はこれで終わりとはなりませんでした。
まず帰宅後カメラが見つかりました。クルマにいくつもある小さなドアポケットの中です。おそらく私の上着のポケットから落ちて、そこへ滑り込んだものと思われます。かなりの確率の低さですが、それしか考えられないのです。
もう一つは同じく帰宅後すぐ一通の手紙が届きました。差出人を見ると埼玉にいる友人の細君からでした。
一瞬イヤな予感がしたのですが案の定、夫は先月急に入院したのだが亡くなってしまったと言うのです。
彼は私より若干年上でしたが45年来の付き合いで、私が岩手に引っ越した後も行き来を続けており親友のような存在でした。
2年ほど前から認知症になり連絡も途絶えていたのですが、先月悪化して入院させその後肺炎を起こして亡くなったとの事。あっと言う間の出来事だったそうです。
とても他人事とは思えません!明日は我が身です。
頭の整理が付きませんが、これが人生と言うものなのですね。

何はともあれ、良くも悪くも、この激動の二日間は本当に冥途の土産となりました。
あれっ頭痛がひどくなって来ましたよ。風邪をこじらせなければイイけど・・・今夜は早めに寝るとしましょう。あ、その前にひと言
「子供たちよ 本当にどうもありがとう!」

この記事に

粉ひきのゴーシュ

今朝目覚めたら軽い頭痛がするなと思ったら、昨日は今季3回目の忘年会でした。
軽い二日酔い? 大して飲んでいないつもりでしたが、もう歳ですね。

午前中買い物に花巻まで行きました。
途中田んぼに白鳥がいましたよ・・・
イメージ 1
カメラを持って近づくと、皆お尻を向けて逃げて行くのです。
「悪さはしないから こっち向いておくれ」

夜中に降った雪がまだ解けずにいる寒い中、女房お気に入りのパン屋さんへ 
イメージ 2
東和町の『粉ひきのゴ−シュ』。
岩手の童話作家宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』をモチーフにした店名ですね。 
イメージ 3
パンにはうるさい女房お薦めのパン屋さんですが、目印も何もない周りが田んぼや畑だらけの一軒家。
探して行くにはかなり苦労しそうな立地の悪さです。
しかしネットを見るとかなり評判高い店で、いかにパン・マニアの奥行きが深い事がうかがい知れます。
狭い店の中は買ったパンを食べるスペースもあり 
イメージ 4
ワインなどのアルコールもゆっくりと飲めるようですね。 
イメージ 5
私が好きなのはポテトマヨネーズ(ポテマヨ)とカレーパンとチーズボールですが、開店1時間後の午前10時なのにチーズボールが売り切れです。 
イメージ 6
「おいおい もっと作っておいてくれよー」

花巻で買い物をすましたら丁度、花巻東高校の前を通ったのでパチリ! 
イメージ 7
ご存知エンゼルスの大谷翔平の母校ですね。
校舎に横断幕が下がっていましたが今帰っているのかな・・・?

この記事に

シクラメンの香り

久しぶりに畑に来ました。

♪収穫が終わり冬を待つ畑ほど寂しいものはない♪(『シクラメンの香り』の節で歌ってみて下さい)
イメージ 1
 トマトやキュウリやカボチャ・・・あれほど賑わっていた野菜畑が今は「ツワモノどもが夢の跡」寂しい限りです。
写真中央右を走っているのはケンです。
足は大分回復していますが、まだ50%くらいですかね。全力で走れない為スピードは遅いし、そう長い距離は無理なようです。
これでは以前のようにシカやクマを追い払うことは出来ないでしょう。

♪収穫が終わり落葉した果樹園ほど寂しいものはない♪(これも『シクラメン〜』の節で・・・)
イメージ 2

 ・・・と歌ってみても実際は薬掛けを怠ったりシカに食べられたりと、今年の収穫はほぼゼロに等しい有様でした。
年を取ると広い果樹園の管理は無理になって来ます。

「遊ぶ時は一生懸命」「仕事は中途半端」が信条のワタクシです。思い切って果樹を切る事にしました。 
イメージ 3
とりあえず午前中に梨の木を30本ほど切りました。
20年以上育てた梨でしたが、多少の未練を残しながらスパーっと・・・。
明日は残った桃などを切ろうと思ます。


落葉の遅いポポーも、いつの間にか大きな葉が全て落ち・・・ 
イメージ 4
「安心しろ お前たちは切らないからな」
ポポーやイチジクは無農薬で作れて、しかもシカなどの食害もほとんど無い優良果樹なのであります。
自然を汚し体にも害する農薬を使わずに済む作物探しは、農業を始めた26年前からの課題でしたが・・・実際にやって見ると(特に販売目的で作るとなると)難しいものでした。

さて午後はちょっと用足しに・・・ 
イメージ 5
ケンが「オレも連れてってくで」とにらんでいますが・・・
「役立たずは留守番っ!」と突き放しました。

この記事に

サヨナラだけが人生だ

昨日まで東京にいる三男が帰省していたため更新が滞りました。
温泉好きの三男が帰って来るといつも温泉三昧になりますが、今回もご多分に漏れずなのでありました。
そこで今回は滞在した四日間に行った全ての温泉と名所らしきものを簡単に紹介したいと思います。

度々行った事がある鶯宿温泉に未だ知らない共同浴場があると聞いたので、まずはどんな所か行ってみる事に・・・ 
イメージ 1
残念!本日休業ですと。
共同浴場なのでハナから期待はしていませんでしたが、世の中得てしてこんなものでしょう・・・
止む終えず同じ鶯宿温泉の偕楽園へ・・・
イメージ 2
 以前一度来ているのですが、こじんまりとして中々趣のある宿です。 
イメージ 3
浴場入り口で「男風呂はどっちだろう?」なんてボケたふりしてます。

日詰にある五郎沼で・・・ 
イメージ 4
毎年冬になると渡り鳥が飛来しますが、今回はまだ鴨のみで白鳥の姿はありません。
ここへ来るときはいつもエサやりにパンを持ってきます。今日はコッペパン10個持ってきましたが、あっという間に食べられてしまいました。

息子が土産にボジョレヌーボー(女房の右手)と信州の馬刺し(写真右下)を持って来てくれました。 
イメージ 5
私が左手で持っているのは、我が紫波町の地酒『堀の井』です。美味いです!(これは自分で買いました)

次は花巻温泉『ホテル花巻』。
紅葉シーズンも終わり空いていたので露天風呂の写真が撮れました。
イメージ 6
モデルが不快な方は見ないで下さい。(本人が一番不快です)

毎度おなじみ花巻マルカンデパートのソフトクリーム。 
イメージ 7
これを食べずして花巻に行ったと言うなかれ! by.seizo

お次は新花巻温泉『華佗の湯』
イメージ 8
 ここは立地が悪いのか?何度も経営者が替わっているのですが、露天風呂の大きさは屈指です。
奥の方にダンディな中年紳士が入っていますね。ゲッツ!

矢巾温泉。 
イメージ 9
矢巾町営のお爺ちゃんお婆ちゃん達の保養温泉です。
町内の人は200円で入られるのに私たちは500円でした。隣町なのに・・・思わずムッとしました。
浴場は一杯なので写真は写せず食堂を・・・ 
イメージ 10
食堂も老人だらけ(私も老人ですが)で何となく加齢臭がするなと思ったら、皆さんカレーライスを食べていました。
私たちも加齢臭セットいやカレーライス・セットを注文しました。
これが意外と美味くてここの名物だそうです。
食後に近くを散策・・・ 
イメージ 11
この小さな滝は『幣掛(ぬさがけ)の滝』。
名前の由来はよく分かりません。
説明書きらしい看板がありましたが、読んでも直ぐ忘れるので見ませんでした。

滞在中の29日がちょうど三男の誕生日でした。 
イメージ 12
もうアラフォーです。(男はアラフォーって言わないのかな?)

いよいよ帰京、あっという間の四日間でした。
イメージ 13
 14時19分発のやまびこ号ですと。 
イメージ 14
女房はいつも子供たちが帰る時に涙ぐみます。
「いちいちメソメソすんない」「サヨナラだけが人生だっ!」

息子を送った帰りに石鳥谷の図書館に寄りました。
イメージ 15

 北村敦子という人の個展を観に・・・
水彩の人物画がほとんどでしかも美人画という事で、私の最も好きな分野です。
イメージ 16

会場は狭く小さな個展(26点)でしたが、その色彩と癒し系のモデルに安らぎを覚えました。 
イメージ 17
作者の北村さん(写真右手前)は花巻の学校で美術教師をしていた方で「あくまで趣味です」と仰っていましたが中々どうして・・・

蛇足ですが、失礼ながら御歳を聞いたら私より二つ若かったです。中々どうして・・・

この記事に

一昨日に続き今季2度目の雪です。 
イメージ 1
まだ積もるほどの降りではありませんが、ケン(犬♂6才)とユズ(猫♀5才)は家の中でストーブに当たりっぱなし。 
イメージ 2
去年から薪ストーブをやめて(薪作りが面倒になりました)燃費がかさむので直ぐ消すようにしています。

案の定すぐに陽が出て・・・ 
イメージ 3
畑の雪もあっと言う間に消えて無くなりました。
イメージ 4
 
このところ軽トラが調子悪かったので思い切って買い換えました。 
イメージ 5と言ってもヤッパリ中古です。(中古で充分!)
しかし中古でも新しくクルマが来ると、何かワクワク嬉しいものですね・・・

この記事に

禁じられた遊び

昨日の朝はかなり冷え込みました。1度か2度だったのではないでしょうか(たぶん?)
しかし晴れて天気は上々、久しぶりにケンを洗ってやりました。(もちろん女房が!) 
イメージ 1
キレイになってご機嫌のモフモフケンちゃん、凛々しく仁王立ち!

昨日は盛岡までドライブ!
女房が岩手にやって来る野口五郎と研ナオコの、ダブルコンサートを見たいと言うので 
イメージ 2
前売り券を買いにです。
途中、北上川にかかる南大橋から見る岩手山。(写真中央)
イメージ 3
 良い天気なのに運悪く、上半分が雲に隠れています。

会場の県民会館で女房は券を買いに降り、私は駐車場で待っていますと何でしょうか、この長い列。 
イメージ 4
これがすべて女性、しかも若い子ばっか!
私も降りて「お嬢ちゃん何で並んでるのかい?」と訊いてみようかと思ったのですが、また「変なおじさん」に見られるのもアレなので止めました。考えたら「大きなお世話」ですからね。
しかし気になるのは殆どの子が憑かれたように携帯を見ている事。もはや集団中毒としか思えませんね。
今はどこでも同じような光景なんでしょうか?
いったいに私は人混みは好きではないので余り行きませんし、第一携帯も持っていないので分かりませんが・・・なんか異様に見えました。(今どき携帯を持っていない私の方が異様だったりして!)

さて、帰宅したら女房は先日死んだミッキーの墓参り。 
イメージ 5
女房はまだ毎日行っているようです。 
イメージ 6
このペットの墓は歩いて2分ほどの裏山にあり、この地に来て26年間に死んだ犬や猫(ヤギもいました)たちが眠っています。
その数は二十匹近くとまるで『禁じられた遊び』状態なのです・・・
https://www.youtube.com/watch?v=ca9jPy9mwpY (禁じられた遊び)

たまには猫のユズちゃん(♀5才)も・・・ 
イメージ 7
今日も指定席の出窓で日向ぼっこ。
もう一枚 
イメージ 8

この記事に

里の秋

 
イメージ 1

紅葉も早や色あせて落葉も始まり、北国の厳しい冬を待つばかりとなりました。
↓我が農園も何となく物寂しい雰囲気に・・・
イメージ 2

↓野菜畑も残るはネギや白菜・大根などあとわずかとなりました。 
イメージ 3

↓梨園です 
イメージ 4

けっこう傾斜地なので、歳と共に薬掛けや剪定などの管理が段々億劫になって来ました。 
イメージ 5

この梨園を見るのも今年で最後かもしれません。(伐採してしまおうかとも考えています)

秋と言う季節は忙しい農作業が終わってホッと一息して好きなのですが、何となく物寂しい季節ですね。
ということで今回は、現在の物寂しい我が家の近所をご紹介しましょう。
バックに『里の秋』を聴きながら見ると雰囲気が出ると思います。
  (↓ クリックして下さい ↓)

すぐ近くの観光ブドウ園です。
とうに営業も終え、跡片付けの真っ最中と言った所でしょうか 
イメージ 6
ついこの前までこの広い駐車場が一杯になり賑わっていたのに・・・ 
イメージ 7
ツワモノどもが夢の跡です・・・(ちょっと意味が違うかな?) 
イメージ 8
ブドウは終わってもキレイなモミジが癒してくれました。
刈り取りの終わった田んぼも寂しいかな・・・ 
イメージ 9

観光ブドウ園以外にもこの地域はブドウ農家が多く、私が来たときは全部で60haの園地がありました。
イメージ 10
 しかし年と共に後継者不足などにより、今では40haまで減ってしまったそうです。
実は私もその一人です。もっとも私の場合は後継者不足ではなく、怠け病でした。

向かいの山の中腹に熊野神社があります。(あとで行きます)
イメージ 11
 
こちらは隣の部落ですね。 
イメージ 12

このところセイタカアワダチソウが目立ち始めました。 
イメージ 13
繁殖力の強い外来種で、一昔前にドンドン増えて問題になりました。また繰り返すのでしょうか?
ケンの横顔も・・・イメージ 14
 こうして見るとケンも中々のイケメンですね、飼い主に似て!
こちらのお宅では柿が成りっぱなしです。 
イメージ 15
渋柿ですが収穫しないのでしょうか、勿体ない・・・渋抜きや干し柿にすれば美味しいのに。
お隣はもっとタワワに・・・ 
イメージ 16

これはカリンです。これも放ったらかしです。 
イメージ 17
カリンも生で食べられないのがチョット面倒なのですね。
今日は曇天で時々小雨が降る位の天気なので写真も澱んでいる感じがしますが、かえって物寂しさが表現されていて良いかも・・・ 
イメージ 18

『山の神』
イメージ 19
こういった鳥居や小さな祠(ほこら)?があちらこちらに見られます。
田舎の人の信心深さの表れですね。
また同じような写真ばかりでスイマセン!もうじき終わりますから・・・ 
イメージ 20
それにしても電柱が多いですね。 
イメージ 21

こうして見ると電線や電柱は、結構景観を損ねるものですね。なんとかならないかな・・・
この奥に隠れキリシタンの墓があります。 
イメージ 22

歩いて行けるようですが、まだ行った事がありません。
こちらの洞は・・・
イメージ 23

 福音山宝泉洞?・・・ 
イメージ 24
小さな洞を覗くと
イメージ 25
 弁天様でしょうか? しっかり賽銭箱もありますね。
横に人ひとり入れくらいの狭い洞穴がありますが、入りませんでした。
イメージ 26
 無心人の私が入ったら、どんな神罰を食らうか分かりませんからね。
向かいに地区の公民館があります。 
イメージ 27
やたらに公民館が多いのも田舎の特徴ですね。
県道に出て・・・ 
イメージ 28
山の中腹にあるのが先ほどの熊野神社です。
見えにくいので登って来ました。下の道路からの反対景色です。 
イメージ 29
これが境内。夏まつりには賑わいます。 
イメージ 30
ケンがソワソワ・・・「オシッコすんなよっ バチ当たるぞ!」
下へ降りて参道の入り口です。 
イメージ 31
樹齢数百年(そんなには無いかな?)はあろうかという立派な銀杏の木があります。

さて飽きずに見てくれましたか?
機会があれば、また近所の見所・旧跡・変人などを紹介したいと思います。

この記事に

ミッキーが死んで5日が過ぎました。
いつまでも引きずっている訳にはいきませんが、ついつい昔のアルバムを見てしまいます。イメージ 1
 16年前に初めて我が家にやって来た時の写真です。 
イメージ 2
下駄箱の下に隠れたりして何故か臆病な犬でしたね。↑
 
イメージ 3
先輩のハナ(♀)と一緒に・・・ハナは人の言葉が分かる位の名犬でした。(残念ながら喋る事は出来ませんでした)

さて昨日は気分転換に中尊寺へ紅葉狩りに行きました。
岩手も紅葉前線はどんどん南下し奥州市の平泉まで来ているようですよ。
出発前に一緒に行きたがってるケンをなだめるのが一苦労。 
イメージ 4
「オレを置いて行くのかよ」とボヤく事しきりです。

高速道路を利用して50分ほど、9時過ぎには着いたのでまだ駐車場はガラガラでした。 
イメージ 5

駐車料金400円。少し歩けば無料駐車場もあるのですが、老夫婦には少し歩くのが億劫・・・
と言いつつ参道が急坂で、億劫どころかキツイです。 
イメージ 6
杉の巨木に挟まれたこの坂は月見坂と言うそうです。中々趣があるでしょ!
 
イメージ 7
キツイキツイ! あと数年でこの坂は、私達には登れなくなるでしょう。
これが本堂です。 
イメージ 8

周辺で『菊祭り』をやっていました。 
イメージ 9
見事な菊ですね、私自身はあまり興味は無いのですが・・・
中尊寺には本堂の他にこういった↓中小さまざまなお堂がいくつもあって
イメージ 10
 これや 
イメージ 11
これや 
イメージ 12
こういうお堂がいくつもあり、それぞれにお参りすると病気や運気のご利益があるそうです。
当然すべてにお賽銭箱が置いてあります。 
イメージ 13
なんだかなぁ・・・

さて肝心の紅葉ですが 
イメージ 14

気持ち早い感はしますが、ほぼ見頃と言った所でしょうか。 
イメージ 15
紅葉を見ている男の背中・・・絵になりますね?

甘酒茶屋があったので、この辺で一服。 
イメージ 16
甘酒とあんみつを注文 
イメージ 17
もちろん私があんみつの方ですよ。
私はこう見えても?酒も飲みますが甘党でもあるのです。糖尿街道まっしぐら!

さて時間が経ち段々観光客も増えて来ました。
やはり中国人の観光客が目立ちますね。
特にマナー違反などは無いようですが、声がデカいので閑静な名刹の雰囲気が壊れます。
私も地声がデカいので、人の事は言えませんが・・・
↓奥にある『金色堂』です。 
イメージ 18
中に金ピカの茶室がありますが、拝観無料の中尊寺でここだけ入場料(\800)を取ります。
前に一度見たのでここはパス!(決してお金が無かった訳ではありません)
さらに最深部にある能舞台 
イメージ 19
ここで狂言師の野村萬斎も、何度か舞ったと記憶しています。(記憶違いかも?)
帰る時には駐車場はいっぱい。観光地は早め早めに回る事が肝心ですね。 
イメージ 20

歩き疲れた帰りには定番の温泉です。 
イメージ 21
岩手南部は北部と違い秘湯や絶景の露天風呂は少ないのですが、こちらは設備も整いノンビリできる休憩所があるので休むのには十分。
露天風呂もありますよ↓
イメージ 22
 人がいなくなった隙を見計らって一枚
もう一枚 
イメージ 23
もう一枚、今度は右足 
イメージ 24
光の屈折のせいでしょうか? 変な感じ・・・↑
内風呂も 
イメージ 25
残念ながら、内風呂には私の肉体は写っていません。

ということでノンビリ癒されて帰った私たちを待っていたのは 
イメージ 26
待ちくたびれたケンちゃんブンムクレ!!!

この記事に

ミッキーありがとう

寝た切りだったミッキーがとうとう死んでしまいました。
 
昨晩10時過ぎ頃ほとんど動けなくなり、そのまま12時半に女房の腕の中で息をしなくなりました。
息子に拾われて来て家族みんなに可愛がられ、最後は女房に抱かれて死ぬなんて幸せなヤツです。
どのみち冬までは持たないと覚悟していたのですが、女房は泣いていました。
 
ちょうど前日に写した写真です。
天気が良かったので、家の中で寝た切りのミッキーを引っ張り出しました。
イメージ 1
ケンと一緒に仲良く日向ぼっこ・・・
女房が抱くと余りにも軽いと言うので体重を測ってみると、今まで17kgあったのが10kgになっていました。
イメージ 2
食欲がなく流動食を無理やりスポイトで飲ませていた位ですから当然のことでしょう。
これがミッキーの最後の写真となりました
 
ミッキー、楽しく幸せな人生で良かったな!
16年間皆んなを癒してくれてアリガトウ・・・
イメージ 3
 
 
 
 

この記事に

♪虹の彼方に〜


このところの冷え込みでイチジクの葉がやられました。
イメージ 1
今年は夏の異常な猛暑のせいで夏果は一つも収穫できませんでしたが、その分秋果は大豊作でした。(イチジクの実は夏と秋に成ります)
私の好物のイチジクがそろそろ食べられなくなるのは残念です。
しかし世の中上手くしたもので、それに代わり柿が色濃くなって来ましたよ。 
イメージ 2
岩手は気温が低いため甘柿を植えても渋柿になってしまいます。
それでも焼酎につけて渋を抜き甘くしたり、何と言っても干し柿ですね。皮をむいて軒下に干し、白い粉を吹いた乾燥柿の美味しいこと!
都会にいた時はあまり好んで柿を食べる事はなかったのですが、自分で育てて作ったからでしょうか・・・田舎暮らしの醍醐味です。

さて今日の野良仕事は・・・
イメージ 3
 夏の忙しさをとうに過ぎ、今はもっぱらパイプ外しやマルチ剥ぎなどの跡片付けが多くなって来ました。(上の写真はキュウリとトマト用のパイプ)

続いて漬物用の白菜を収穫しようと・・・ 
イメージ 4
やられてますねぇ ガブリと〜 
イメージ 5
まだ結球している白菜は少ないのですが、それを狙ったかのような見事な攻撃です。
犯人は例によって二ホンジカですね。
この地域では野菜以外でもブドウやリンゴなど年々被害は増える一方です。加えて番犬たるケンとミッキーは足の怪我と老衰で役立たずの無駄飯食いなのです。
今日も今日とて現場では手伝いもしないで、クルマの中でイイ気持ち・・・ 
イメージ 6
もう一枚 
イメージ 7
労働をせず昼寝とタダ飯とは良い御身分ですなぁ・・・


一瞬虹が出ましたよ。 
イメージ 8
何か良い事でもありそうな・・・


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事