ここから本文です
岩手 石井農園
田舎暮らし日記

書庫全体表示

タフガイ対マイトガイ

午前中に『紫波ふる里センター』へ手作りの山ぶどうジャムと
イメージ 1
白菜の漬物を出荷してきました。
イメージ 3
 冬場はどうしてもこういった加工品が主になってしまいます。
暖かい地方のように中々生鮮物はでません。ビニールハウスの中に暖房でも入れれば良いのでしょうが、燃料代もバカにならないし冬くらいはノンビリしようかとも思っているので・・・

ということでノンビリついでに又『人物オーライ』のホームページより昭和の話を再掲載。
前回に続き日活アクション映画編です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タフガイvsマイトガイ
前にも記しましたが私はタフガイ石原裕次郎派ではなく、マイトガイ小林旭派でした。
しかし、もちろん裕次郎を嫌いな訳ではなく、特に近年BS・CS等で放送される昔の裕次郎主演作を観てみると、改めて「カッコいいスケールの大きな大スターだったんだなぁ」と実感します。
裕次郎と旭を比べてみると、共に同じ日活を代表するアクション・スターでありながら、裕次郎は有名人の兄貴のツテで入社した苦労しらずのお坊ちゃま、旭は大部屋俳優の下積み経験者。共通しているのは二人とも入社したてから相当なツッパリ兄ちゃんだったこと。
主演作も裕次郎はアクション物から青春物・サラリーマン物までこなしたのに対し、旭は殆ど渡り鳥シリーズなどのアクション一本槍。
人気の面でも当時の若い女性のハートを二分したのでないかと思いますが、そのファン層もかなり違っていたことでしょう。
清潔でクリーンなイメージの裕次郎と、やや屈折した不良っぽい旭。きっと一般OLやお嬢さん達と水商売のお姉さん方に分かれたのではないでしょうか。私の偏見かな?
また生き方の違いも相当見受けられます。
裕次郎は映画が斜陽になるとテレビに鞍替えし、すぐ新しい活動場所を得たのに対し、映画が斜陽になったのはテレビのせいと、旭は中々TVに出演しませんでした。
今でも歌番組のみで、本業の役者では殆ど出演していないのではないでしょうか。「俺は映画スターなんだ」という自負やこだわりが強かったのでしょう。
そして裕次郎は徒党を組みたがり、石原軍団を作り梁山泊のようにどんどん子分や仲間を増やして行った。
片や旭は常に一匹狼。永遠にさすらい続ける渡り鳥のように・・・。
イメージ 2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2010年3月に『人物オーライ』のホームページ(今はありません)に載せた物を再アップしました。
裕次郎も旭も顔が全く似ていませんが気にしないで下さい。画いた本人が全く気にしてませんから。(別にプロじゃないから)
雰囲気だけでも感じてもらえれば良いのです・・・

この記事に

  • 「幕末太陽伝」観ましたよ。
    南田洋子と左幸子の取っ組み合いの喧嘩のシーンが一番迫力ありましたね。
    小林旭はまだ「渡り鳥シリーズ」の前だから存在感があまり無いですね。
    裕次郎はそれなりにカッコ良かったけど、あの作品は、
    やはりフランキー堺の映画ですね。

    とらんぷ

    2018/2/4(日) 午後 9:09

    返信する
  • 顔アイコン

    > とらんぷさん
    また最近BSかCSで放送したらしいですね。
    何度でも繰り返し見たくなる映画が名作だそうですが、とらんぷさんはどうだったでしょうか。
    私はそれなりに面白かったですが「一度見ればイイかな」と言う所ですね。好きな映画はDVDに残して、2〜3年に一回くらい見ています。
    それが私にとっての名作という事ですね・・・

    [ seizo ]

    2018/2/5(月) 午前 5:20

    返信する
  • 顔アイコン

    幕末太陽伝・・・見ましたが、裕次郎は鬘が似合わなかったし
    時代劇にもあわなかったし、小林旭も出て居たとは気が付き
    ませんでした。
    それより、seizoさんの二人への比べ方に納得です。
    確かに裕次郎は石原軍団を作り梁山泊の様に子分?を沢山
    集めて亡くなってからも、親分であり続けましたね。
    小林旭は確かに独り・・・歌番組で観る事が多かったです。

    昭和の記事にははまりますね〜。ナイス1!

    と記ど記に記

    2018/2/5(月) 午前 11:59

    返信する
  • 顔アイコン

    > と記ど記に記さん
    やはり二人とも現代劇ですよね。それもアクションじゃなきゃダメです。

    昭和という時代(それも戦後)に青春時代を送れた事にアアイアウさんと共に感謝ですね。
    戦後のどさくさから高度成長期に入り、皆んな裕福でもないが貧乏でもなく、映画や小説にテレビ・漫画それに芸術と、すべてが上昇志向で才能ある若者達であふれていた時代・・・それが昭和だったのですね。
    あんな時代はもう来ないのでしょう・・・

    [ seizo ]

    2018/2/5(月) 午後 0:54

    返信する
  • 顔アイコン

    おいらはドラマー ヤクザなドラマー♪ 聞いたことあります(笑)seizoさんのイラストは、少年のような遊び心があって楽しい絵を描かれますね☆ついクスッと笑えるのも楽しいですね。私もあと少しでアラフォーになりますが
    昭和の映画などあまり知らないのでseizoさんのブログを見て、ただいま知識を吸収中です♪
    イラスト

    [ nya***** ]

    2018/2/7(水) 午後 10:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > nya*****さん
    お若いnya*****さんには内容が古すぎて、チョット取っ付きにくいブログでしょう。
    「まぁ昭和ってのはこんなもんなんだ」という軽い気持ちでご覧ください。
    なお最近ボケてきまして記憶が曖昧のため、記事には事実と異なる部分があるようです・・・ご注意を。

    [ seizo ]

    2018/2/8(木) 午前 6:33

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事