ここから本文です
岩手 石井農園
田舎暮らし日記

書庫全体表示

隣町の石鳥谷町八日市で開催されている『つるし雛祭り』に行ってきました。 イメージ 1
朝10時に開くと同時に入ったので会場はまだ人もまばらですが
イメージ 2
会場いっぱいに吊り下げてある雛人形は圧巻です。
ボンボリのようなお雛様も綺麗でしょ。
イメージ 3
あちこち犬の飾りが多いと思ったら、今年は戌年でしたね。
これ全て地元の人たちの手作りだそうですよ
イメージ 4
 皆さん工夫を凝らした手作りの作品に見入っています。
私たち夫婦が帰る頃には、ようやく会場も人でいっぱいになってきました。
イメージ 5

出口に飾ってあるこの土人形が、昔からあるこの地方の雛人形のようです。 
イメージ 6
土を素焼きして色付けしたのでしょうか。かなり古そうで色が剥げています。
ここに来たのは3回目ですが、何と言っても入場無料なのが嬉しいです。近くにお出での節は是非寄ってみて下さい。

その帰り道、少し時間があったので我が紫波町の名所である『五郎沼』へ。
イメージ 7
 冬の白鳥飛来地として知る人ぞ知る名所ですが、
白鳥ではなく人慣れした鴨がドンドン寄って来てエサの催促です。
イメージ 8
 見るに見かねて仕方なく、スーパーで買った人間様用の総菜パンを大盤振る舞い!
こんな事なら安いパンの耳でも買ってくるんだった・・・とかなんとかボヤキながら帰路についたのでした。(おしまい)


(おまけ)
イメージ 9
安心して下さい!瀕死のチビはまだ大丈夫です。
もうまともに歩く事はできませんが、なんてったって20才をとうに越していますからね。いつお迎えが来てもおかしくないのです・・・

この記事に

  • 顔アイコン

    圧巻ですね。 こちらでも、古民家を手直し
    した市民の集まる集会所が有るのですが、
    そこで吊るし雛の展示があります。

    全国で吊るし雛が流行して私達世代がせっせと
    楽しみながら作っています。

    チビちゃん、お歳には見えないですね。

    と記ど記に記

    2018/2/28(水) 午後 3:05

    返信する
  • 顔アイコン

    > と記ど記に記さん
    えーーっ! 吊るし雛というのは、こっちの地方独特の風習かと思っていました。
    私が東京や埼玉に住んでいた時は吊るし雛の“ひな祭り”なんて全く記憶にないですよ。最近の全国的流行なんでしょうか?

    今のお雛様人形はとても高価で親御さんは大変でしょうね。でも手作り雛なら時間と愛情があれば作れます。心のこもったお雛様をもらえる子供は絶対喜ぶと思いますし、幸せでしょうね・・・

    [ seizo ]

    2018/2/28(水) 午後 5:02

    返信する
  • 顔アイコン

    > seizoさん,はい全国的な流行です。

    ちりめんを使って縫うのですが、発症は伊豆の
    稲取だと聞いて居ます。 パッチワークに
    夢中になって居た私達年代の女性たちが自然に
    ちりめんを使った、和の吊るし雛作りに移行して
    行った様に思います。 縫物好きな小母さん達
    がグループを作って集まってお喋りしながらです・・・。

    と記ど記に記

    2018/2/28(水) 午後 5:18

    返信する
  • 顔アイコン

    > と記ど記に記さん
    そう言えばここの展示場でも中年のお姉さん(変な表現かな?)たちが、吊るし雛作りの実演をしていました。けっこう手間の掛かる作業で一個一個作るんですね。
    発生が伊豆の稲取というのが何だか面白いです。稲取でどんないきさつが有ったんでしょうか。興味を惹かれます。

    裁縫好きなお姉さん?たちがグループでお喋りしながらなんて、実に楽しそうですね・・・

    [ seizo ]

    2018/2/28(水) 午後 7:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事