過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

雪原の決闘

原野に広がる無数の足跡。
イメージ 1
見える範囲では鹿・ウサギそれと狐か狸、さらにセキレイの小さな足跡もあります。
 
堆肥置き場が荒らされていますね。鹿か狸でしょう、積んであった生ゴミや野菜クズが散らかっています。
イメージ 2
さらに足跡を追っていくと、何者かが争った跡がありますよ。
イメージ 3
縄張り争いか、獲物の取り合いでしょうか・・・?
 
もちろんケンも一緒ですよ。
イメージ 4
しかし落ち着きがなく、ちょっと不穏な空気を感じています。
雪の上には、まだ獣のにおいが残っているのでしょうか。
イメージ 5
突如ケンは音もなく、左側の森の中に駆け込んで行きました。
私も直ぐ追いかけて森に入ったのですが、一瞬でもう見当たらず気配も感じません。犬も獣も俊敏ですからね。
イメージ 6
しばらくして大声で呼ぶと帰ってきました。何食わぬ顔で。
「何がいたんだ。狐か?ウサギか?」
私がそう尋ねても、ケンは黙って私を見つめるばかりでした・・・
 
 
雪の上での獣同士の争った跡はよく見ます。
冬は食べる物が少なく、お互い生きるのに必死ですからね。
そこで今回のイラストは、人間が寝静まった深夜の自然界の闘いを、想像して画いた2枚です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イメージ 7
              (『石井農園のホームページ』2009年12月掲載分)
 
イメージ 8
              (『石井農園のホームページ』2011年11月掲載分)
 
偶然にも、どちらもキツネ対フクロウの闘いになっていましたね。
ギャラリーも野ネズミとウサギがいて、2年経ても考えることは同じでした。しかも多少は絵が進歩したようですが、漫画のおふざけは進歩がない・・・(今でも!)
 

この記事に

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事