過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

タフガイ対マイトガイ

午前中に『紫波ふる里センター』へ手作りの山ぶどうジャムと
イメージ 1
白菜の漬物を出荷してきました。
イメージ 3
 冬場はどうしてもこういった加工品が主になってしまいます。
暖かい地方のように中々生鮮物はでません。ビニールハウスの中に暖房でも入れれば良いのでしょうが、燃料代もバカにならないし冬くらいはノンビリしようかとも思っているので・・・

ということでノンビリついでに又『人物オーライ』のホームページより昭和の話を再掲載。
前回に続き日活アクション映画編です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タフガイvsマイトガイ
前にも記しましたが私はタフガイ石原裕次郎派ではなく、マイトガイ小林旭派でした。
しかし、もちろん裕次郎を嫌いな訳ではなく、特に近年BS・CS等で放送される昔の裕次郎主演作を観てみると、改めて「カッコいいスケールの大きな大スターだったんだなぁ」と実感します。
裕次郎と旭を比べてみると、共に同じ日活を代表するアクション・スターでありながら、裕次郎は有名人の兄貴のツテで入社した苦労しらずのお坊ちゃま、旭は大部屋俳優の下積み経験者。共通しているのは二人とも入社したてから相当なツッパリ兄ちゃんだったこと。
主演作も裕次郎はアクション物から青春物・サラリーマン物までこなしたのに対し、旭は殆ど渡り鳥シリーズなどのアクション一本槍。
人気の面でも当時の若い女性のハートを二分したのでないかと思いますが、そのファン層もかなり違っていたことでしょう。
清潔でクリーンなイメージの裕次郎と、やや屈折した不良っぽい旭。きっと一般OLやお嬢さん達と水商売のお姉さん方に分かれたのではないでしょうか。私の偏見かな?
また生き方の違いも相当見受けられます。
裕次郎は映画が斜陽になるとテレビに鞍替えし、すぐ新しい活動場所を得たのに対し、映画が斜陽になったのはテレビのせいと、旭は中々TVに出演しませんでした。
今でも歌番組のみで、本業の役者では殆ど出演していないのではないでしょうか。「俺は映画スターなんだ」という自負やこだわりが強かったのでしょう。
そして裕次郎は徒党を組みたがり、石原軍団を作り梁山泊のようにどんどん子分や仲間を増やして行った。
片や旭は常に一匹狼。永遠にさすらい続ける渡り鳥のように・・・。
イメージ 2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2010年3月に『人物オーライ』のホームページ(今はありません)に載せた物を再アップしました。
裕次郎も旭も顔が全く似ていませんが気にしないで下さい。画いた本人が全く気にしてませんから。(別にプロじゃないから)
雰囲気だけでも感じてもらえれば良いのです・・・

この記事に

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事