ここから本文です
岩手 石井農園
田舎暮らし日記

書庫日記

記事検索
検索

ケンカ十段

夕べから降り始めた雪で、せっかく消えた畑に又うっすらと・・・
イメージ 1
                           (朝9時頃撮影)
今日は一日中降り続くそうですから、結構積もるかもしれません。
「今年は雪が少ないなぁ」と思っていましたが、そうは問屋が卸さないということですね。
 
ということで記事にする事も無いので、また昔のホームページを掘り返しましょう。
(と言っても8年ほど前)我が家にシャムちゃんというやや大型の猫がいました。
イメージ 2
                        (シャムちゃん・
♂)
近所に捨てられていたのを拾ってきたのですが、毛並みが良くシャムネコ系の雑種の様に見えたのでシャムちゃんという名を付けました。
 
シャムちゃんは見かけによらず気が荒く、物心ついた頃?からよく表でケンカして傷だらけになって帰ってくるのです。
イメージ 3
 
酷い時は骨まで達するような深手を負って帰って来た時もありました。
山の中で余程の強敵と闘ってきたものと思われます。
山の獣と言えばタヌキ・アナグマ・イタチあたりが想像できますが、おそらくこんな感じではないかと思われます・・・
イメージ 4
しかし、その後も性懲りもなくケンカに明け暮れ、毎日生傷が絶えない『ケンカ十段』シャムちゃんなのでありました・・・
 
       (イラストは以前『石井農園のホームページ』に載せたものです)

この記事に

いつに間にか年を越し、いつの間にか5日になってしまいました。
今年はどこへも出かけずモチロン畑にも行かず仕事もせず、もっぱら食っちゃ寝の正月でした。
この歳になるともう「新年だ」「やれめでたい」なんて感情は無くなりましたね。
昔ほどの正月らしさもなくなり、第一テレビがつまらなくなりました。紅白も聴きたい歌はなく、訳の分からない歌ばっかり・・・もっとも見たい歌手は皆んなあの世かも知れませんが。
チャンネルを回してもザキヤマだかフジモンだかという絵づらの悪い芸人たちが悪ふざけしているだけでサッパリ面白くないし・・・「ああ昔は良かった」とは若い頃よくお年寄りが言ってた言葉ですが、結局歴史は繰り返すのですね。

とまぁ新年早々愚痴ったところで、今日は天気も良く暖かいので久しぶりに畑へ・・・
イメージ 1
この所ほとんど雪が降らず、果樹園の雪も今にも完全に消えそうです。
野菜畑もこの通り・・・
イメージ 2
手前のマルチは冬越しの玉ネギですが、結構シカにやられている感じですね。

雪のない内にと午前中カラタチの一部とザクロの選定を終え、家の前にある梅に取り掛かりました。
イメージ 3
この梅の古木は25年前に岩手へ引っ越して来て直ぐ植えたもので、農薬も使わず病気と虫食いだらけでもうボロボロです。しかし未だに毎年花を咲かせ僅かですが実も付けてくれるのです。
今年こそ切ってしまおうと思ったのですが、まるで我が身を見ているようで、もう一花咲かせてもらうことにしました。
イメージ 4

剪定後、どうです散髪したみたいで大分スッキリしたでしょ。

ということで、あけおめことよろ・・・(自分が言うなっ!)

この記事に

雪原の決闘

原野に広がる無数の足跡。
イメージ 1
見える範囲では鹿・ウサギそれと狐か狸、さらにセキレイの小さな足跡もあります。
 
堆肥置き場が荒らされていますね。鹿か狸でしょう、積んであった生ゴミや野菜クズが散らかっています。
イメージ 2
さらに足跡を追っていくと、何者かが争った跡がありますよ。
イメージ 3
縄張り争いか、獲物の取り合いでしょうか・・・?
 
もちろんケンも一緒ですよ。
イメージ 4
しかし落ち着きがなく、ちょっと不穏な空気を感じています。
雪の上には、まだ獣のにおいが残っているのでしょうか。
イメージ 5
突如ケンは音もなく、左側の森の中に駆け込んで行きました。
私も直ぐ追いかけて森に入ったのですが、一瞬でもう見当たらず気配も感じません。犬も獣も俊敏ですからね。
イメージ 6
しばらくして大声で呼ぶと帰ってきました。何食わぬ顔で。
「何がいたんだ。狐か?ウサギか?」
私がそう尋ねても、ケンは黙って私を見つめるばかりでした・・・
 
 
雪の上での獣同士の争った跡はよく見ます。
冬は食べる物が少なく、お互い生きるのに必死ですからね。
そこで今回のイラストは、人間が寝静まった深夜の自然界の闘いを、想像して画いた2枚です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イメージ 7
              (『石井農園のホームページ』2009年12月掲載分)
 
イメージ 8
              (『石井農園のホームページ』2011年11月掲載分)
 
偶然にも、どちらもキツネ対フクロウの闘いになっていましたね。
ギャラリーも野ネズミとウサギがいて、2年経ても考えることは同じでした。しかも多少は絵が進歩したようですが、漫画のおふざけは進歩がない・・・(今でも!)
 

この記事に

冬将軍来たる

今年も残り少なくなりました。
岩手はここへ来て本格的な冬将軍到来です。
昨日の最高気温は−3で、今日も同じ予報なのです。日中の最高気温がですよ!
そこへ来て女房が今日に限り正月用品が安いからと、午前中に今年最後の買い出しに行こうと言います。

仕方がない、近所の(と言っても15km)スーパーまで決死の道行きです。 
イメージ 2
案の定、吹雪で前が見えづらく超低速での運転です。
幸い走ってるクルマも少なく・・・ってこんな日に走る車がいるかっ!

普段は賑わっているスーパーも、駐車場はガラガラ・・・ 
イメージ 1
店内もガラガラで幸い?にも貸し切り状態でした・・・ってこんな日に買い物に来る奴がいるかっ!

これ以上吹雪がひどくならない内にと早々に買い物を済ませましたが、帰りは一段と風雪が強まって来ました。 
イメージ 3
ホワイトアウト状態ですね。タマにすれ違うクルマも皆んな低速度で慎重に走っています。
雪道の運転はスピードさへ出さなければ、それほど怖がる必要はありません。心の焦りが事故を引き起こすのです。

ということで今日もまた古いイラストを一枚。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以前作っていたホームページに載せたものですが、寒波襲来をなぜ冬将軍と言うのだろうと色々能書きも書いたようでした。
しかし残念ながら本文は残っておらず記憶もほとんどありません。 
イメージ 4
    <2009年11月25日『石井農園のホームページ』(今はありません)より>

要するに冬将軍と日露戦争の乃木将軍を掛けたかったのでしょう。
ちょうどNHKでドラマ『坂の上の雲』の放送が始まった頃のようです。私は見てなかったのですが、3年がかりの大作でしたね。
当時流行った『北風小僧の勘太郎』なんかも出て来て結構よく出来ているじゃないですか。(こういうのを自画自賛と言う)

この記事に

ダン猫 最終回???

今朝8時頃、朝もやが掛かっています。
イメージ 1
今日は気温が上がりそうですね。

そんな中、私が加入している産直施設『紫波ふる里センター』へ野菜を出荷しに・・・
 
イメージ 2
今スーパーなどで野菜が高騰しているようですが、ほうれん草130円、水菜とチンゲン菜は120円で売ります。 
イメージ 4
こちらの白菜は小ぶりですが100円で売っていますよ。(ウチのじゃないけど)
イメージ 3
 やっぱり産直は庶民の味方ですね。
たまにはCMでした。

ということで今日のダン猫すなわちダンボール猫。
イメージ 5
寒くなったので暖かそうな入れ物を買ってやったら、そちらに入り浸り。後ろにあるダンボールには見向きもしなくなってしまいました。
まったく猫って奴は・・・

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事