ここから本文です
田舎暮らし日記

書庫日記

記事検索
検索
ウチの山の紅葉です。
イメージ 1
手前の赤いのはブルーベリー。黄色い葉はポポーです。
ポポーは様々な種類を植えているので、まだ青々とした葉っぱもあります。でもいづれ収穫は今週いっぱいで終わりかな。
 
いったいにウチの山はモミジやカエデが少ないので、中々真っ赤な紅葉は望めません。
 
ということで又しても紅葉狩りに・・・。
今回は南へ下って湯田から錦秋湖へ
イメージ 2
秋田自動車道の湯田インターを降りると、道中紅葉真っ盛り。
 
湯川温泉『高繁旅館』
イメージ 3
湯川温泉は割とこじんまりした旅館が多い中、高繁旅館は唯一デラックスな旅館です。
川沿いにある露天風呂のセセラギが、ノンビリと和ませてくれます。
 
そして錦秋湖
イメージ 4
安物カメラの写真では分かりにくいですが、けっこう紅葉しています。
 
イメージ 5
↑ 錦秋湖近くの道の駅でソフトクリーム(¥280)を・・・。
↓ さらに花巻マルカンデパートで食後のジャンボ・ソフトクシーム(¥180)。安い! 庶民の味方マルカンデパート。
イメージ 6
夫婦そろってソフト大好き人間なのでありました。

この記事に

前回からの続きです。
続きと言っても直接の続きではなく、また旧石井農園のホームページに載せたものの再投稿です。
以前もこの虫の事を書いていたのを思い出したものですから、パソコンの中を探ってみたらありました。日時の記録は残っていないのですが、大体15年くらい前のものだと思います。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●遊星からの物体X
我が家の周りでまれに見かける虫がいます。
クモのようでもあるのですが、胴体から伸びる手足は異常に細く長く、まるで地球外生命体のように見えませんか・・・
イメージ 1
●遊星からの物体X
この虫をみると、私はいつも以前見たSFホラー映画を思い出します。
それは『遊星からの物体X』です。
南極で円盤が発見され、その中の凍った生命体を観測隊が基地に持ち帰ります。
実はこの円盤は数万年前に落下したもので、生命体は冬眠していたのです。
やがて暖かい基地で生命体は甦り、次々に人間を襲い始めます。
生命体は人間に寄生し体を乗っ取ってしまうのですが、その変態シーンには当時度肝を抜かされました。
その中でも強烈なのが、寄生された人間の首がちぎれ、頭から足が生えてくるシーンですね。
そうこのシーンこそ、何と、この虫にそっくりなのでした。(ちょっとオーバーかな?)
イメージ 2
 
●遊星よりの物体
『遊星からの物体X』は数十年前の映画のリメークだったことを皆さんはご存知でしたか。
当時は『遊星から〜』ではなく『遊星より〜』だったようです。
実は私、この旧作も見ているのです。ただしテレビでですが。
大体ストーリー的には似ていましたが、さすがに昔は今のようなSFXやCG技術は無く、主役の宇宙生命体がチョロかったですね。
イメージ 3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ということで旧ホームページ時代から農家の日記ではなく、お遊びの記事ばかり書いていたのでありました。

この記事に

4匹揃って家の前で日向ぼっこ?です。
イメージ 1
チビ婆さんが滅多に外に出ない(ミッキー婆さんも最近は家の中にいる事が多くなりました)ので、意外と珍しい光景かも知れません。
それぞれが別方向を向いているのが面白いでしょ。
 
 
昨日の午後、畑で玉ネギの苗を植えている時でした。
ビニール・マルチの上に何やら怪しい生き物が・・・
イメージ 2
クモのようですが手足が異様に長く、フワフワとしかし割と素早くビニールマルチを這って行きます。
イメージ 3
そしてそれは私の腕から
イメージ 4
肩に・・・
イメージ 5
結構素早いのでカメラに捉え切れません。
手のひらに載せて見ると15cmはありそうですね。
イメージ 6
足が8本あるので昆虫ではなく、やはりクモの仲間でしょう。
そうこう観察している内に、クモは又マルチに飛び降り何処かともなく消えて行ったのです。
イメージ 7
 
ということで題名(遊星からの物体X)の意味も分からない内に次回後編へと続く・・・

この記事に

紅葉狩り

近所の田んぼです。
イメージ 1
お百姓さんの最大イベントである稲刈りが、あっと言う間に終わってしまいました。
ひと昔前までは部落総出でやったものですが、今はコンバインでチョチョイのチョイ。刈った稲もハセ掛けすることなく機械がモミだけ取り、あとは田んぼにバラまいてくれます。
お百姓さんも楽になったもんです。見てる方は情緒も風情も無くなってしまいましたが、農家の高齢化に伴う機械化は時代の流れなのでしょう。
反面高額な機械を購入するため、借金で首の回らないお百姓さんも多いようです。
それなら「田んぼなんか止めてしまえ」と都会の方は言うかもしれませんが、先祖代々受け継いできた事を自分の代で潰(つい)えるのがイヤなのでしょう。
まぁ古い考えと言ってしまえばそれまでですが・・・。
 
田んぼを持っていない気楽な私としては、昨日雫石方面へ紅葉狩りに・・・。
イメージ 2
↑ 小岩井農場付近はまだ早いようですね。
右手を挙げているのは女房、後ろに控えるは岩手の名峰岩手山。
 
そこからクルマで登って行くと玄武洞です。
イメージ 3
ここまで来ると結構色付いて来ました。
さらに登って滝ノ上温泉近くまで来ると、ほぼ見頃となります。
イメージ 4
川辺にたたずむ私、哀愁を帯びた背中が人生を表していますね・・・。
この後『網張温泉』へ寄り、野良仕事の疲れを癒す一日となりました。
 
 
話しはガラッと変わり
イメージ 5
ただ今ポポーの収穫が最盛期です。近所の産直『紫波ふる里センター』にて好評販売中!

この記事に

バンビとプーさん

久し振りにカボチャ畑へ、今年最後の収穫に行きました。
イメージ 1
カボチャ畑は農園の最深部にあります。
 
前に収穫した分は全て売り尽くし、残った小さい実が育っている頃です。
大体15個くらいあったので、冬の間の自家用にと考えていました。
ところが来て見ると
イメージ 2
ほとんど食い尽くされ
残っているのは
イメージ 3
この歯型の付いたチッコイ実と、もう一つだけ。
 
かぼちゃの実は硬いので今まで表面をかじられた事はありましたが、ここまでキレイに喰いつくされたのは初めてです。
早速付近を見回すとありました。
イメージ 4
左が二ホンジカ、右がクマのようですね。
同時刻に食べたとは考えにくいので、最初にシカがその強力なアゴでかじって後から来たクマもご相伴にあずかった・・・と推察されます。
 
イヤイヤ案外一緒にディナーだったりして
イメージ 5
何がルンルンだよ・・・お百姓さんはつらいよ!
 
ということで今日のダン猫すなわちダンボール猫。
イメージ 6
仲良く眠っているのでソーっと近づきましたが、ユズ(♀3才)に気づかれてしまいました。
目ざといユズちゃんです。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事