ここから本文です
田舎暮らし日記

書庫日記

記事検索
検索
今朝の最低気温は10度でした。
おそらくこの秋一番の低さではないかと思います。
イメージ 1
家の前の向日葵たちも頭(こうべ)を垂れて断末魔
イメージ 2
山もススキで埋まり始めました。
 
本日の野良仕事は午前中桃園の草刈りです。
イメージ 3
暑くて怠けていたので、そのシワ寄せが来てしまい刈っても刈っても終わるメドが立ちませんです。
 
午後から里芋を掘ってみました。
イメージ 4
一番葉っぱの大きいヤツを掘りましたが・・・う〜ん、もうちょっと待った方が良かったかな。
 
それにしても今日はなんと清々しい青空でしょう。正に秋晴れ日本晴れです。
私がこういう時に畑で歌う鼻歌は・・・
イメージ 5
この歌を知っている人は、比較的高齢の訪問者が多い当サイトでも百人に一人いるかいないかでしょう。
 

この記事に

ちょっとイマイチ

早朝畑にて・・・空にはまだ月が。右下の白い花はニラの花です。
イメージ 1
気温12度、もう5時を過ぎないと陽が出なくなり、早朝の野良仕事が億劫になりました。別に朝早く畑に行く必要も無いのですが、年取って自然に目が覚めるものですから・・・。
 
イメージ 2
私が加入している産直施設『紫波ふる里センター』において、恒例秋の“かかし祭り”が始まりました。
イメージ 3
百余名の組合員が90体の手作りかかしを出していますが、今年は中々ユニークな作品が目立ちます。
イメージ 4
話題の藤井壮太や
イメージ 5
ブルゾンちえみもいますよ
イメージ 6
小池百合子や大谷・清宮も
イメージ 7
これにはケンもご満悦なようです
 
ちなみにウチの出品作は不思議の国のアリスの『チシャ猫』でしたが・・・
イメージ 8
 
 
109日までやってます。

この記事に

感傷に浸るヒマは無い

イメージ 1
この空は誰が何と言っても秋の空ですね。
北国の短い夏は終わってしまいました。
 
一昨日からの大雨で畑がチョット心配でしたが、先日植えた白菜が根付いていました。逆に恵みの雨だったようです。
イメージ 2
今年最後の白菜です。寒い北国ではまき時植え時が短く、白菜はもうこれ以降蒔いても結球しないと思います。
 
秋風の中、畑のマリーゴールドでアゲハチョウが蜜を吸っています。
イメージ 3
まるで行く夏を惜しむかのように・・・
 
原野は草刈をサボったので雑草だらけです。
その中でケンも行く夏を惜しむかのように・・・
イメージ 4
 

この記事に

共存共栄

早朝ナシ畑に行って見ると
イメージ 1
青梨と
イメージ 2
二十世紀が枝を折られ
イメージ 3
下には無残な食い散らかした跡が・・・。
 
今回はクマではなく二ホンジカのようですね。
クマは用心深いので一か所に長居はせず被害は少ないのですが、二ホンジカはアホなので結構居座ってしまいます。
私が岩手に来た25年前はシカと言えばカモシカで大した害はなかったのですが、ここ5年くらいでしょうか、頻繁に二ホンジカが現れるようになったのは。
やはり温暖化で北東北でも生息できるようになったのでしょう。
二ホンジカは体が大きく食欲旺盛で、果物はもちろん野菜や果樹苗・若木の皮、果ては稲なども食い荒らすため、またたく間に里山の嫌われ者になってしまいました。
イメージ 4
地域によってはハンターに撃ち殺させているようですが、たまに親子で仲良く歩いている姿を見ると、人に害するものを直ぐ駆除しようとする人間の横暴さや身勝手さを感じます。
元々獣たちが住んでいた山を開発し、広葉樹を伐採してエサとなるべき木の実や自然を破壊したのは人間ですからね。
ブナなどの広葉樹を植林して自然を復活させたり、どうしてもの時は麻酔で眠らせて避妊するなど、もっと人間の知恵や科学を使って共存共栄を模索するべきです。
それが万物の霊長たる人間の義務と責任ではないでしょうか。
 
という事で今日のダン猫すなわちダンボール猫
イメージ 5
狭い所でも仲良くネンネ・・・人と獣もこうありたいものです。

この記事に

イメージ 1
どう見ても夏の空ではなく、完全に秋の空となってしまいました。
昼はまだまだ25度と野良仕事をすると汗ばみますが、朝晩は15度を割り窓を開けっぱなしでは寝られないほどです。
 
今日は仕事も一段落(いつも一段落ですが)で女房と一緒に、雫石にあるプリンスホテルに日帰り温泉です。
ここは山の中腹にあり、ゴルフ場とスキー場が併設された自然いっぱいの大きなホテルです。
イメージ 2
ここの露天風呂は面白く
イメージ 3
ご覧のように左の湯舟と右の池が繋がっているように見えるのです。
 
そして池に手を入れれば大きな鯉が寄って来て・・・
イメージ 4
中には頭を撫でても逃げない鯉もおり、しばし童心に帰って鯉と戯れて来たのでありました。
 
帰りに国道沿いのバイキングに寄って腹ごしらえです。
イメージ 5
グルメいや食いしん坊な私はバイキングが大好きでした。
だって好きな物を好きなだけ食べられるなんて、子供の頃には考えられない夢のような贅沢でしたからね。(いつの時代か考えてみよう!)
 
しかし最近はさすがに食べられなくなりました。
今日も昼食して現在も腹いっぱいで、晩酌が不味くなりそうです。バイキングは元を取ろうと意地汚く大食いしてしまいますからね。
もう歳を考えて慎み深く控えめに生きなければいけないな・・・と反省しきりの今日この頃です。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事