勢蔵の世界

勢蔵の書庫へようこそ 興味あるテーマがあったら覗いて見て下さい

全体表示

[ リスト ]

下肥の話

 
イメージ 1
 
最初に断っておきますが、尾篭な話でいい話ではありません。それでもよろしかったら、進んでください。
 伝統的な京野菜に「聖護院」の名が付けられたものが多い。
「聖護院大根」、「聖護院かぶら」など有名である。今でもあるが「聖護院」という実際の寺から派生した村の名で、京都市の東北部にあり、現在の左京区一帯という。銀閣寺・南禅寺・下鴨神社・平安神宮などがありますね。巨大な大根、かぶらなどを育てるには、土地が肥えていたこともあろうが、京の多くの人口があって、多くの下肥によって支えられたのである。畑を耕す時、施肥、芽が出てからどんどん追肥を必要とする。タケノコは、秋になると、翌春のために林一面に下肥を撒いたというから、臭いも相当なものだったろう。
 こうした光景が見られなくなった今、下肥時代の野菜の味を知っている人にいわせると、すべての野菜の味がどんどん薄くなっているそうです。

   私の子供の頃まで、多くの畑には下肥が撒かれていた。
  難点は、あの臭いと、寄生虫ですね。糞尿が化学肥料に替わるまで、ほとんどの  人が腹に虫を飼っていた。
 物心付いた頃だから保育園時代の頃だったと思う。尻がかゆくて、しきりにかくのだが収まらない。パンツを脱いでみると、20センチくらいの真っ白いミミズのような虫がうごめいていたことがあった。回虫である。卵が野菜について口から身体に入り、腸を根城にして栄養満点の半消化物を食料にして成長するのである。
 下肥時代は、一人数匹なんてのは当たり前で、数十匹もの回虫がうごめいていた人もあったという。いつも虫下しの薬を飲んでいた覚えがあります。中には胃に登って胃けいれんを引き起こし、嘔吐したら回虫が出てきたという話も聞いたことがある。今の若い人には想像を絶する話でしょうな。
 今でも下肥にたよって農業を営んでいるアジアの国は、100%の感染率だという。以前、中国の烏龍茶畑の農民が、「肥料は下肥が一番ですよ、ワハハッ」と糞尿を撒いていたシーンをTVでみたことがありますが、お茶は熱を加えるから心配いりませんね。
 寄生虫は回虫だけではなく、十二指腸虫(鉤虫が本名)、鞭虫。糞線虫、曉虫、条虫(サナダ虫)などがあるが、大小、おぞましい虫ばかりですね。真田紐のようであるからサナダ虫と呼ばれている虫は、最長10メートルなんてのもあったという。現代はわざと寄生虫を体内に入れて、「寄生虫ダイエット」なるものがあると聞いて のけぞってしまった。
 人間は、普通口から摂る食べ物の栄養分の20%程度しか吸収しないという。ダイエットが進まない人は、若干、栄養吸収機能が優れているのでしょうか。だから糞尿にはまだ豊かな有効成分が残されている。中国、韓国、沖縄など(一部であるが)では、便所の下に豚が飼われていて人間の糞尿を豚が食す構造になっていた。「人糞を食った豚など食べられるか」、という気にもなるが、大量の成長促進剤やホルモン、抗生物質を食わさせられた豚よりもマシかもしれない。
 
 江戸時代、長屋の共同便所の糞尿は、江戸近郊の農家が買っていった。代金は長屋の管理人である大家に払った。一樽あたり25文くらい。「店中(たなじゅう)の尻で大家は餅をつき」という川柳があるが、この代金を貯めて大家は店子に餅を振る舞うのが毎年暮れの恒例だったという。
 集めた下肥を積んだ舟を「葛西舟」と呼んでいたそうです。葛西の百姓が権利を持っていたからだそうで、もっとも庶民は「糞舟」と呼んでいた。舟溜りの三味線堀 (御徒町駅の東あたり)では、いつも葛西舟が、回収した肥を積み込んでいたとか。
 「いいこえを三味線堀で鼻へきき」 この川柳が気に入っています。
臭い話を、よく読んでくださいました。昔の郷愁でした。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

下ネタ ありがとうございます!何故か 勘定板を 演っている勢蔵さんを
思い浮かべます!!

2019/6/23(日) 午後 7:21 [ kei***** ]

顔アイコン

> keiさん コメントありがとうございます。
落語のファンでなければ「勘定板」という噺はご存知ないでしょう。
この噺は強烈ですね。落語会で5〜6席聴いてもこの噺だけが記憶に残り、他は飛んでしまいます。

2019/6/24(月) 午後 6:59 勢蔵


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事