ここから本文です
このページはHP『世界旅』に付随する旅ブログページです。 世界一周したJUN&しかちゃんのブログです。

書庫日記

記事検索
検索

全164ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

雪のお散歩

イメージ 1
今日も秋田の年越し日記の続き。

31日の朝、天気が良かったので少し近所を散歩しました。

木々に雪が積もってとてもきれい。
東京ではこういう景色はみられないので嬉しいです。
東山魁夷の絵のよう。
見ていると心がしーんとします。
寒い地域はやっぱり寒い季節が美しいと思います。

雪遊び

イメージ 1
昨年の雪の日、Rくんはまだ生まれたて過ぎて外には出なかったので、今回が初体験となる雪であります。
しかも秋田の雪、東京モンには大雪であります。

そりを借りて家の前でちょっとだけ雪遊びしました。
この後、コケて泣いてました。
ワイルドに育てようと思っていますが…まだまだな感じです(-_-)

羽後牛ですき焼き

イメージ 1
餅つきした日の夕食は羽後牛ですき焼きにしました。
羽後と書いて「うご」と読みますよ。「はご」じゃないですよ!(私がはごだと思ってた(#^.^#))

羽後牛とは、秋田の羽後町で飼育されている黒毛和牛だそうです。
近所のスーパーで購入しました。
羽後牛おいしすぎです〜^^
家ではめったにすき焼きなんてしないからコーフンしながら食べました。やっぱりすき焼きは生卵が合いますね^^


それにしても秋田は寒いです。
築百年を超える茅葺きの家なので隙間風があるから余計に寒いのでしょうけど、ストーブの半径1mくらいにいないと冷えます^^;言い過ぎ??
昔の人はこの寒さで大丈夫だったんですかね?
ヒートテックの下着とかフリースとかないだろうし。
囲炉裏とか火鉢だけでは冷え性の私はちょっと我慢できそうにないです。
温かい鍋物がいっそうおいしく感じます。

なので、囲炉裏のある居間と大きなストーブのある管理人室しか居られず、他にも渋くて素敵な和室が3部屋あるのですが、あまりの寒さに行けませんでした。

次回は暖かい季節に来てみたいな。

お餅つき

イメージ 1
雪深い秋田の貸古民家での年越し、ひょっとするとすることが何もなくて、囲炉裏のそばでぼーっとするしかないかも知れないと思っていた今回の旅行。
まぁそれもしっぽりとしていいかと考えていました。
でも実際はそんなことはなく、オーナーさんのご家族のおかげでイベント盛りだくさんな毎日を楽しく過ごしました。

30日はお餅つき。
宿泊した「格山」は茅葺き屋根の古民家なのですが、何がすごいって土間がめちゃめちゃ広いです。
20畳くらいある?いやもっとあるか?
とにかく土間だけでも暮らせそうです^^;

で、その土間でお餅つきです。
お供え用のお餅やお正月用のお餅をつくとのことでたくさんつきました。
へっぴり腰ですがJさんや私もつかせてもらいました。

つきたてのお餅をあんこやうぐいすきなこ、おいしいお汁のお餅で頂きました。
4歳のオーナーの娘ちゃんが一生懸命漉してくれたというこしあんがとても美味しかった♪
ごぼうの入ったお汁のお餅も出汁がすごい効いていてとても美味しかったです。
(写真・黒いのはしいたけです。秋田のしいたけはハンバーガーのバンズみたいに大きいです。)
やっぱりお餅はつきたてが美味しいですね。

お餅をのし餅にしたり、お供え用に丸くしたりするのをお手伝いさせてもらったのですが、お餅の丸め方を全然分かっていなくてちょっと恥ずかしくなってしまいました。
おにぎりのように握っていたらしわしわのお餅になってしまいました。本当は肉まんを包むみたいにつまみながら丸くするのでした。(-_-)反省。

ついたお餅でお供え餅って、たぶん少し前までどこの家庭でも当たり前だったのだろうと思うのですが、改めて「なんだかいいなぁ」と思いました。
毎年暮れに買う、あのプラスチックのお供え餅(中に四角い餅のパックがいくつか入ってるの)に違和感を感じていた自分に気付かされました。


というわけで、突然、今年の抱負!
『来年のお供え餅は手作りします!』(^O^)/
といっても、きねとうすがないのでパン焼き機でつきます(笑)


Jさんに話したら、またしかちゃん何か言い出した…というような顔で「とりあえず一度パン焼き機でお餅作ってみれば?」と言われました。
ええ、実はパン焼き機で一度も餅をついたことないですよ…汗
忘れないうちに一度やろうかなと思います。

こちらのご家庭では毎年年末にこうしてお餅をつくようです。
小さいお子さんがいるので大人になった時に幼少期の懐かしい思い出として記憶されるのだろうなぁと思いました。

私も小さい頃、おばあちゃんの家がすぐ近所だったのですが、もともと農家だったので、きねとうすがあって、庭で餅つきをしていたのを覚えています。

Rくんにもこういう素敵な思い出をたくさん作ってあげられるかしら?って、ちょっと考えさせられました。


2014年キャンプ部の抱負

イメージ 1
2014年明けましておめでとうございます。

雪の秋田で素敵な年越しをしてきました〜!
宿泊した貸古民家のオーナーさん宅の「年越しのお祝い膳」にお呼ばれして、まるで家族の一員のように温かいおもてなし受けました。
それは本当に貴重な体験で、何から何まで私のハートにビビビっとくることばかりでした。
たぶん私の中で「こんな風に暮らしたい」というイメージの中のひとつが見えてきたような気がします。
くわしくはこれからブログに書いていこうと思いますね。

さて、昨年は寝ても覚めても育児といった感じで、毎日が怒涛のように過ぎていきましたが、2014年はどんな年になるのでしょうか?
もう少し余裕を持って、お料理とか家の中の整理整頓とか色んなことを丁寧に出来たらなと思います。
近頃、暴れん坊で散らかしまくりなRくんのおかげで、きちんと整った美しいお部屋は夢のまた夢かもしれませんが…(-_-;)


さてさて、今年のキャンプ部部長としての抱負は…

〆Gもキャンプでアウトドアごはんをたくさんする!
キャンプdeカレーとかキャンプdeパンケーキなどを思案中。

∋嚇个蠅砲盥圓たいです。
ロープウェイ使用とかでゆるい感じで。

ハンモックの普及活動をする。
一緒にゆらゆら揺れるハンモック仲間を作りたいため。

ど苗Rくんのキャンプ仲間を募集する。
どなたかちびっ子くん、ちびっ子ちゃん、一緒にキャンプしましょう♪

という感じです。
以上を踏まえて年間計画を立てたいと思います。
まずは春のいちご狩りキャンプかな〜?^^


ほとんどタイトルの“世界旅”とは程遠くなってしまいましたが、今年も「世界旅ブログ」をどうぞよろしくお願いいたします!

全164ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事