ここから本文です
このページはHP『世界旅』に付随する旅ブログページです。 世界一周したJUN&しかちゃんのブログです。

書庫日記

記事検索
検索

夏のような日にBBQ

イメージ 1
日曜は真夏のような暑さでしたね。
そんな中、Jさんのお仕事関係の人たちとBBQしてきました。

場所は多摩川の河川敷。
すごい人で驚きました。たくさんの若者を久しぶりに見たような気が…。

我が家で用意していったスペアリブのダッチオーブン焼きと手作りソーセージ、バジルバゲットやドンタコスサラダなどなど、好評だったようでよかったです。

多摩川の河川敷はうちの近所の江戸川の河川敷と違って下が石ころで、歩きづらい感じなのですが、Rくんを含めお子様方は石遊びが楽しかったみたいで、それはそれでよかったです。
ひたすらテーブルの上に石を載せてました…。
子供って本当に何を楽しいと思うのか大人にはわかりませんね。

イメージ 1
秋田からのいただきものシリーズ!味噌編です^^

前回も東京にいただいて帰った「格山」のお味噌。
私好みの甘めなお味噌でとても気に入ってしまったので、今回はたくさん買って帰ろうと思っていたら、帰りにお土産で持たせてくださいました。しかもとてもたくさん!
本当にいただいてばかりで恐縮です(>_<)

以前から気に入って作っている「味噌ミートソースパスタ」をまた作りました。
ようするに、肉味噌の和風ミートソースです。
作り方はいつも適当なんですが、豚肉挽き肉と酒、味噌、砂糖(みりんはお好みで)みじんネギで炒り炒り。
ゆでたパスタに絡めて上から白髪ねぎを載せて出来上がり。
なんてことないですけど、おいしいです。
肉味噌は多めに作り置きしておくと便利ですし。

Rくんもおいしそうに食べてました。

おいしいお味噌のほかにも「味噌たまり」なるものも一緒に持たせてくれました。
これはお味噌を熟成させてる時に樽の中に溜まる液体だそうで、一見しょうゆのようですが、味噌のしょうゆ?だそうで、とても貴重なものをいただきました。

まだ使っていないのですが、これから料理に使うのが楽しみです。
ネットで調べたら、何にでも使える感じですね。
シンプルに鶏の照り焼きなんかもおいしそうです。
またレポします〜。

お膳ごはん

イメージ 1
秋田「格山」のお母さんからお膳セットをいただきました。

前回、冬にお邪魔した時、「年越しの膳」にご一緒させていただいのですが、その時に素敵なお膳セットでお料理をいただいたのが感激で、それ以来、お膳でお食事っていいなぁと淡い想いを抱いていたのです。

そしたら、秋田のお母さんが蔵に残っているお膳セットを分けてくださるとのことで、ズーズーしくも本当にいただいてしました。

写真は秋田から帰って翌日のお食事。
コゴミのお浸し、山わさびの醤油漬け、ホンナと大根のお味噌汁、焼き魚(何の魚か忘れた…)白ごはん。
ちょっとカロリーが低そうですが…^^;

テーブルの上に足の低いお膳を載せてみたんですけど、鹿チチいわく、「普通はテーブルの上には載せない」だそう。
どうやら鹿チチはここ東京の端っこで農家の生まれなのですが、幼いころはいつもこのお膳でご飯を食べていたらしいです。

お膳で食事ってなんだか時代劇みたいで楽しい〜って思っていたけど、じつはつい最近まで日常的に使われていたんですね。

そういえば、2年前に永平寺で修行した時もお膳でのお食事でした。

それにしても、洗ってきれいに磨いたらピカピカで、漆の器の魅力にも気づかされました。
秋田からはるばる我が家にやってきた食器たち、大切に使いたいけど、特別な時だけに使うのではなく、日々のお食事にどんどん使いたいです♪

囲炉裏遊び

イメージ 1
秋田の「格山」は茅葺き屋根の古民家。
広い居間には囲炉裏があり、普段味わえないようなまったりした気分になれます。
夜、Rくんを寝つかせた後に囲炉裏で火遊びです。

スーパーで売っていた手焼き用のお煎餅を囲炉裏で焼いてみます。
出来立て熱々をハフハフしながらいただきました。
まぁ、味は普通においしいですけど、シュチュエーションが最高ですね^^
なかなか絵になります。(隣の熱燗の器がオツですね♪)
煎餅の下には焼き芋も焼いております。

囲炉裏楽しいな〜。
自分たちで家を持つときには囲炉裏をつけてみるかっ!と思いましたが、ちょっと小さい子がいる家庭にはむかないですかね…(-_-;)
Rくんが灰をいじくるし、火がついてたら危ないし。

赤く静かに燃える火をじーっと見ながら、炭をいじくっているのが好きです。
だからキャンプが好きなのかも。

山菜三昧

イメージ 1
秋田から戻ってから毎日山菜料理です。

とはいえ、今までほとんど山菜を料理することがなかったので、どうやって料理するのいまいちかわかりません。

適当に味噌汁に入れたり、和え物にしてみたり、煮物に入れてみたり…

「こごみ」をシンプルにおかか和えにしたら、鹿父が「こごみはやっぱりごま和えだな。
…」というので、翌日はごま和えに。
今晩は秋田のお母さんから教えてもらった「ピーナッツ白和え」にしてみたらすごくおいしかったです。
ネットで調べてみたら、マヨネーズ和えもいいらしいのでこってり系の和え物が合うようですね。

これは山菜かどうかわかりませんが、こちらもお母さんに教わった山わさびの醤油漬け。道の駅で山わさびが売っていたので、しょう油とみりんで適当に漬けてみたのですが、ピリッとしてとてもおいしかったです。

それから、格山でたくさん頂いてきた、ホンナ(ヨブスマソウ)やサシ(オオイタドリ)は味噌汁に入れたり、さっと炒めたりして食べてます。
他にはまだ使っていないんですけど、「ふくだし」「こしあぶら」なんというのも道の駅で買ってみました。

「格山」ではお仲間が山菜採りに行って採ってきたものを天ぷらにして食べたのですが、すごくおいしかったです。

週末は残りの山菜を天ぷらにして食べようかな〜!

今回はRくんがまだ小さいので参加できなかったですけど、もう少し大きくなったら、一緒に山菜採りに行きたいです。


写真はこごみ。
道脇にニョキニョキと生えていて、その形状が可愛らしいです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事