全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

◇ 講義開催の案内
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆概要
1.講義
 ・来る世界最終戦争、経済崩壊、そして壊滅的天変地異
 ・大海嘯を生き抜くにあたり、〜何が生死を別けるのか〜
 ・大海嘯後に起きる、社会制度の終焉と混迷
 ・その後……
2.質疑応答
3.個別相談 (各自最大15分程度)

◆参加要項
日時  :平成31年1月19日(土)10:00-15:00
     (必要と要望によって、1月20日にも別途開催)
場所  :京都府京都市内(場所は後日通知)
参加費用:一人17,000円

◆申込方法
1月16日(水)までに簡単な自己紹介文・個別相談内容を記載したメールを送付し、
参加費用を指定銀行口座へ振り込んで下さい。
不明点がありましたら、メールにてお問合せ下さい。

振込先口座: http://lsj-chitoh.com/k10.html (※リンク先下部記載の銀行口座)
メール送付先:info@lsj-chitoh.com

―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐

◇ 大海嘯基金
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先月12月、基金終了との案内をしたが、通信障害という妨害の事実が判明。
余程、我々に活動して欲しくないのだろう。だが、妨害は我々に通用しない。

よって、治統大海嘯基金の再開をここに告知する。

また、本基金は敷居が高いようである為、具体的に協賛の意を表しやすい
方法を提案。

一口5000円。協賛は一口から、何口でも何度もでも可。

《協賛方法》
・指定銀行口座への直接振り込み
・LINE送金
尚、現金書留での受付は終了。
現金書留にて郵送済みの場合は、必ず一報を。

協賛者へは、以下を提供。

1. 協賛個別名称を送付。(お守り代わりに!)
2. メルマガとは別の特別緊急情報や案内(一般向け以外の特別会合)を送付

協賛済みでこちらへメールアドレスを知らせていない協賛者は、以下へ一報を。
info@lsj-chitoh.com

基金内容と送金方法については、以下を参照。
http://lsj-chitoh.com/k10.html

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

      ◇◆◇◆ 歯車が狂った韓国への対応策 ◆◇◆◇

すでに外交的手段にて解決・賠償済みである、一連の徴用工訴訟について、
先日、新たに日立造船へも賠償が命じられた。更に、12件もの同様の訴訟が
判決を待っている状態だという。

以前にもメルマガにて記載したが、韓国人個人レベルはともあれ、国家とし
ての韓国は、国家としての体を成していない、助けても、放置しても、何を
どのようにしようと、悪質かつ粘着質な因縁をつけるならず者でしかない。

海上自衛隊哨戒機への韓国軍によるレーダー照射事件でも、同国の対応は、
逆ギレ責任転嫁のオンパレードだ。それもかなり低レベルの痛々しいものだ。
捏造している『証拠』とやらも、素人丸出しの実に恥ずかしいものだ。

そして、韓国関係にてもう一つ気になるニュースがあった。

徴用工訴訟を「故意に遅らせた」との理由により、韓国最高裁元長官である
梁承泰前大法院長をソウル中央地検が事情聴取した。

韓国の歴史に詳しい訳でなく、改めて調べる気にもならないが、同国は日本
からの独立(?)直後、親日と見なされた政財界人を粛清したと伝え聞く。
戦後、自国の王族帰国を拒否し、後から日本のせいで我が国の王族は滅んだ
と責任転嫁するような国だ……現在、同国にて起こりつつある現象は、この
粛清運動の始まりかもしれない。

どちらでも良いが、歴史から学ばない国だ。

もっとも、今回の一連の攻撃的反日運動が韓国の総意ででなく、同国の主要
メディアである朝鮮日報は、大統領の日本批判を行為を掲載したそうだ。

同紙によると、大統領の日本批判発言により、日本国内では全方位にて反韓
感情がキ急増とのこと。

それでも、この国の根幹は、大して変わらないだろう。

自己中心的な怒りにて己らを誤魔化し、現実逃避をしているから、何千年も
の間、二等・三等国として、日本を含む大国の支配下にいつも下っているの
だ。

現在の韓国の発展は、日本による賠償金と技術供与によるものであることを
国民は知らされていないのだろう。

隣国にて勝手に内争するのは構わないが、日本へやりたい放題をし、勘違い
させたままにしておくのは、日本と大海嘯後の日本にとっても宜しくない。

よって、以下、日本国が取るべき手段を助言する(本メルマガ読者には国会
議員も多い)。

対外的に『気を使った』外交的かつ国際司法に訴えた措置は、時間の浪費で
しかないのだ。

相手は、日本が我慢に我慢を重ねる高度な理性を伴った国であることをいい
ことに、どこまで出来るかをの線引きを見極めようと、棒で日本をツンツン
と小突きながら、小賢しいガキの様になめてかかっているのだ。

日本は、ガキの使いを相手にせず、大人の恐ろしさを見せつけるが良い。

韓国へ気を使っても、譲歩しても、返って事態は悪化するのだと肝に銘じる
べし。(在日系の議員が永田町も多いが、日本の国益を損ねたい反日的国会
議員ならば、以下に反対するであろう。)

1. 韓国に対し、具体的な誠意ある対応を二日以内に見せろと要求。
  対応なき場合、駐韓日本大使の召還及びビザなし交流の停止を行い、
  韓国からの日本企業投資等撤退を警告(一部既に始まっている)。
  勿論、スワップ協定などありえない。
2. 上記1.の誠意ある対応なくば、駐韓日本大使をただちに召還。
  実質、韓国人の日本への観光入国を停止。
3. 更に3日期限を韓国へ与え、徴用工訴訟取り下げ及び自衛隊への照射問
  題謝罪を要求。対応がなければ、駐韓国日本国大使館閉鎖及び24時間
  以内に駐日韓国大使と外交官の国外退去命令を発動すると通告。
 (外交上、必用最低限の窓口期間は残す。)
4. 更に3日与え、謝罪を再要求。謝罪がなければ、国交断絶をすると事前
  通告し、謝罪がなければ実際に国交断絶声明を出す。同時に、在日朝鮮
  人の一斉国外退去命令。

――困るのは、韓国だ。我が国ではない。

すでに日本から韓国への投資額の30%以上が引き上げられた。
実生活にて様々な直接影響が出、韓国は崩壊するだろう。

北朝鮮やら中国に助けてもらえばよいが、それは、不可能であろう。

1〜4の案が強硬であると思ったなら、何というナイーブさであろう。
日本が超大国となりたければ、今からがチャンスだ。
このくらいの事が履行できる政治家が、日本にいるか……?

長い歴史を振り返り、今までに各国が戦前・準戦時状態において如何なる対応を
行って来たか勉強するといい。

昨年、一度大きなチャンスを逃した。本来なら、もう機会はないところだぞ。

講義(勉強会)の案内

◇◆◇◆ 講義の案内 ◆◇◆◇

前号を受け、下記講義を開催予定。

◆概要
1.講義
 ・来る世界最終戦争、経済崩壊、そして壊滅的天変地異
 ・大海嘯を生き抜くにあたり、〜何が生死を別けるのか〜
 ・大海嘯後に起きる、社会制度の終焉と混迷
 ・その後……
2.質疑応答
3.個別相談 (各自最大15分程度)

◆参加要項
日時  :平成31年1月19日(土)10:00-15:00
     (必要と要望によって、1月20日にも別途開催)
場所  :京都府京都市内(場所は後日通知)
参加費用:一人17,000円

◆申込方法
上記参加費用を銀行口座へ振り込んだ後、
簡単な自己紹介文・個別相談内容(あれば)を記載したメールを送付。
不明点は、メールにてお問合せを。

振込先口座: http://lsj-chitoh.com/k10.html (※リンク先下部記載の銀行口座)
メール送付先:info@lsj-chitoh.com

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

◇ 大海嘯基金
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先月12月、基金終了との案内をしたが、通信障害という妨害の事実が判明。
余程、我々に活動して欲しくないのだろう。だが、妨害は我々に通用しない。

よって、治統大海嘯基金の再開をここに告知する。

また、本基金は敷居が高いようである為、具体的に協賛の意を表しやすい
方法を提案。

一口5000円。協賛は一口から、何口でも何度もでも可。

《協賛方法》
・指定銀行口座への直接振り込み
・LINE送金
尚、現金書留での受付は終了。
現金書留にて郵送済みの場合は、必ず一報を。

協賛者へは、以下を提供。

1. 協賛個別名称を送付。(お守り代わりに!)
2. メルマガとは別の特別緊急情報や案内(一般向け以外の特別会合)を送付

協賛済みでこちらへメールアドレスを知らせていない協賛者は、以下へ一報を。
info@lsj-chitoh.com

基金内容と送金方法については、以下を参照。
http://lsj-chitoh.com/k10.html

我々からの声明文

ホームページ上に出した内容であるが、記録の為、以下貼付をする。

治統からの声明文

◆日本や世界へ下った天誅の数々◆

我々は、3.11東日本大震災のつい数週間前まで、世界の抜本的改革を宗とし、 日本における絶対的なロビー活動の先駆者として、その活動を行って来た。 社会の向上を目指し、だが決して表には出ず、日本国の利益を大局的に見定めた上で、 国家間の調整、日本人という利点を活かした他国間の紛争解決を幾度となく成功させて来た。 戦争回避や貿易摩擦も、幾度となく実現させた。 また、それまで、硬直状態にあった外交問題も、多々解決している。 通常のロビー活動を遥かに越えた、究極のロビーであった。

また、来たる大災害やサイバー攻撃などの警鐘や具体的回避策を10年以上前から、 政府に留まらず、国家を代表する重要企業グループへも馬鹿親切に与えて来た。

しかしながら、立場上は国や組織をトップであっても、先見の明も力量も何もない、 雇われ(肩書きだけ)リーダーしか存在しない昨今。ドジョウに龍のような理解力と 判断力を求めても、致し方なかった。

我らが与えた助言や警鐘は、全て現実のものとなった。 身に覚えるのある者も多かろう。トップの判断ミスにて、福島原発事故も起こった。 人殺しに匹敵すまいか? 何の度量も持ち合わせない者らへ理解と判断を求めた活動は、実に怒りの連続であった。 受動的な域を出ず、苦痛であった。 よって、我々は、活動を停止した。

東日本大震災以前に記載した治統理念にても、『世界は人類史上において 特記すべき転換期に向かっております。「観測史上初」「記録更新」「異常気象」…… 自然が猛威を振るい、世界規模で大異変が日常化している今、世界の政治体制や 経済が国を超えて、その機能を失いつつあります。』と明確に記述していた。 10年以上前の予言だ。実際、その通りとなった。

我々が活動停止を宣言した本当に直後、3.11東日本大震災という天誅が日本へ下った。 日本だけでない。世界の根幹を揺るがし始めた事象は、アラブの春(イスラム国の台頭を招いた)を含め、2011年から始まった。 『我々が発した警告や助言は、全て現実と化し』、日本、世界、そして巨大企業らを襲っている。 現在、今この時点でも、我々の警告と予言は的中し続け、天誅が下り続けている。

我々の恩を仇で返した国や組織、個人らへも、天誅が下り続けている。我々へ害を成す者達へも、未来永劫の同様の罰が下っている。 現在の世界情勢は、すでに転げ落ちた坂を『更に』転げ落ちるかの如く、全ての異常事象が世界各地にて勃発している。 大変近い将来、3.11を遥かに上回る巨大災害や戦争、経済崩壊が起きても全く不思議でない状態だ。

日々、現実を直視せず、誤魔化しながら生活をし、政治活動やら経済活動を 無利益に時間を浪費しながら生きている者達も、内心では『その日』が近い事を知っているだろう。 現在、人類は、(本文明における)人類史上未曾有の瞬間を経験しようとしている。

平成30年4月1日


◆日本・世界における「ロビー活動」の終結宣言◆

治統は、『日本におけるロビーの先駆者であり、ロビーという従来日本では 聞きなれない言葉と活動を広めた絶対的存在』だ。

しかしながら、ロビー活動とは、「既存社会制度」内における限られた活動 であり、我々が目指すものは、ロビーの経験を活かし、そこから学び、遥かに 成長をし、そこから卒業したものである。

「ロビー活動」という言葉を普及させ、政治家らに認識させ、メディアでも 頻繁に使われるまでにした我々によって、ロビー活動を終わらせる。 というのも、また、我々にしか出来ない。


◆活動のこれから◆

我々は、来たる大海嘯の後を見据え、能力の無い者達へ働きかけざるを得なかった かつての受動的立場からやっと脱し、我々が直接道を切り開く、という建設的な活動へと移行する。

この異常かつ不公平な荒んだ文明は、実態のない経済まで産み出し、 カスを再々利用して、何とか生き延びている文明最後の段階まで行き着いてしまった。 地球の恩恵も全て仇で返し、今までの文明の遺産を全て食いつくした。 ――よって、大海嘯が世界を浄化する。 まず、世界の大半が、浄化により、消滅するであろう。

我々は、大海嘯後の新文明構築用意に特化した活動のみを行う。 新文明での社会制度などは、この場で記載するつもりはない。 その必要もない。 その時期ではまだない。 我々は、理解を求めている訳ではない。 現代社会のように、企画書でそれらしい文章を綴らなくては何も「察せない」輩は、大海嘯を生き抜けない。 よって、我々のメッセージは、直感にて理解出来る新人類へのものである。

大海嘯後の文明社会構築へ向けた活動の礎とする為、大海嘯基金を設立した。 本基金は、既に通信障害などの妨害にあったが、妨害者へは、天誅が下る。

尚、東京はその役割を終えたぞ。


◆治統大海嘯基金◆

先日、「承認欲求」という言葉をテレビにて耳にした。

己の社会における「承認」を求めているが、心と存在意義が枯渇している人間が大多数なのであろう。責任感の強い、優秀な民族である日本人は、社会における己の役割、意義を求める意識が高い。

身分制度もなく、一見自由に思われる現代社会は、「承認」が不可能な程困難な時代である。努力が報われず、生産性の無い、人類へ害を及ぼす輩や利益団体ばかりが要領よく社会の益を独占する荒廃した社会である。むしろ、最も精神的束縛の激しい時代であろう。 優秀な人間は潰され、人類の発展に貢献する建設的な努力も発明も否定、消される世だ。

負の黒い気が、社会も人間も覆っている。 まともな人間には、死にたくなる程、嫌な世の中だ。死にたくもなる。 死なない為には、見ざる、言わざる、聞かざる、だ。 だから、見えないところで、ネット上などで、人を攻撃し、何とか怒りを誤魔化し、凌いでいる。

本来、人の生というものは人類・社会・地球の成長や発展にのみ寄与されるべきである。 それが、いつの文明でも、負の非建設的なものへばかり消費されている。 何とも、勿体ない。 究極の、勿体ない、である。 だが、大海嘯の最終段階がもうすぐ終わる。

大海嘯後の建設的文明構築へ向け、無駄のない努力という貢献の場を提供するのが、本基金でもある。 自分は何の為に生きているのか。己の出来ること、役割は何か。 その答の場でもある。

 ……

先月12月、基金終了との案内をしたが、通信障害という妨害の事実が判明。 余程、我々に活動して欲しくないのだろう。 だが、妨害は我々に通用しない。よって、治統大海嘯基金の再開をここに告知する。

また、本基金は敷居が高いようである為、具体的に協賛の意を表しやすい方法を提案。

一口5000円。協賛は一口から、何口でも何度もでも可。

《協賛方法》
・指定銀行口座への直接振り込み
・LINE送金
協賛者へは、以下を提供。
1.協賛個別名称を送付。(お守り代わりに!)
2.メルマガとは別の特別緊急情報や案内(一般向け以外の特別会合)を送付。

協賛済みでこちらへメールアドレスを知らせていない協賛者は、以下へ一報を。
info@lsj-chitoh.com

基金内容と送金方法については、以下を参照されたい。
http://lsj-chitoh.com/k10.html
◇ 大海嘯基金
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
基金は、先月終了とお伝えしましたが、通信障害という妨害の事実を受け、
大海嘯基金を再開します。

また、本基金は敷居が高いようなので、具体的に賛同の意を表しやすい方法
を考えましたので、以下、ご参照下さい。

一口5000円。賛同は一口から、何口でも可。

《賛同方法》
・指定銀行口座への直接振り込み
・LINE送金
尚、現金書留での受付は終了しました。
現金書留にて郵送済みの場合は、必ず連絡して下さい。

賛同者へは、メルマガとは別の情報や案内(会合を含む)を送付するので、
まだの場合は、こちらへメールアドレスを知らせて下さい。
info@lsj-chitoh.com

基金内容と送金方法については、以下を参照。
http://lsj-chitoh.com/k10.html

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

       ◇◆◇◆ 予言書「推背図」と米混乱 ◆◇◆◇

◇1 預言書『推背図(すいはいず)』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
唐の時代、太宗皇帝の側近によって記された、中国最高の予言書「推背図」
なるものの存在を先日知った。

天文・暦・気象を司った「太史局」の最高官吏である「太史令」がその作成
者である。

「世界大戦が起こり、天から大雨が降り、色々あって、呉越の向こう(東)
から救世主が現れ、世界を統一する。」

だそうな。

当時の漢字を読めず、表層的な意味しか知ろうとしない現代中国人は、「本
予言書は中国が日本を壊滅することを示唆している」と言っているそうだが、
正しくない。

これは、三重の隠語である。

皇帝に対し、馬鹿正直に「中国が壊滅し、未来の日本国から統治者が現れる」
などと告げられるようはずもない。だから、「呉越」やら、「四夷(中国から
みた世界)」と「重洋(海の果て)」の使い分けなど、「真意を分かる人は理解
するだろう」との意思を込めてたのだろう。

よって、最重要箇所を意訳すると、

「世界最終戦争や経済破綻により世界はごった返し、天から何やら星(やそ
の欠片)が地球へ影響を及ぼし、ポールシフト級の地殻変動等により超巨大
津波や洪水により、世界戦争は収まる。

そして、遠い海の向こう――つまり日本から救世主が現れ、世界を統一する。

一部、反抗地域も当初は残るが(現在のロシアらしい)、永年に渡り、高度か
つ天の恩恵を受けた文明を築く。」

ほう。死海文書と内容が重なる。

天啓を受け、書いたのだろう。

殆ど知られていないこの予言書。

その存在と内容が、新年に私の元へやって来たのは、偶然ではないであろう。

◇2 革命前夜のフランスー(フランス)黄巾賊、政府建物を襲撃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先日5日、フランスの黄色いベスト運動(黄巾賊運動)が、8週連続でデモを越
えた運動を展開。

その運動は抗議デモの域を出、一部がパリの政府建物を襲撃。グリボー副大
臣が避難を余儀なくされた。

さてさて、先月初頭の段階にて「この運動は沈静化している」との報道を耳
にしたが、本メルマガにて指摘し続けているように、収束どころか、革命運
動へと発展しつつある。

マクロン大統領を吊るし首やギロチン送りにしても、フランスでの不満運動
は収まらないだろう。

世界へ、不満運動が飛び火する。
文明終焉へ、花を添えるだろう。

嫌み過ぎたか……。

◇3 結び――ブラックリストとアメリカ混乱
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
さて、本日は株価が反発したが、落ち続けるジェットコースターが少し昇り、
また落ち続ける。この連鎖の一環だ。もし、これでホッとしている市場関係
者がいれば、それは何と痛々しい事だろう。

北海道は、千歳空港が大雪ににて何度も閉鎖、
北海道の受難は終わらない。

思い起こせば、日本の都道府県の内、我々が最初にブラックリストへ入れた
場所が、北海道であった。

JR北海道の終わらない不祥事とほぼ破綻の経営。数ヶ月前の大地震。札幌
でのガス缶大爆発事件などなど、トドメを刺すかの如く、北海道を立て続け
に苦難が襲う。

次は、ロシアによる侵攻か!?

未だ疲弊している自衛隊北部方面隊が気の毒だ。

また、北海道よりも前に、アメリカをブラックリストに入れている。
アメリカはどんな罰ゲームかというほど多くの事態に遭遇している。

我々がアメリカへ見切りを付け、アメリカを脱出した直後の9.11。
覇国の力を徐々に失った。そして、トランプ大魔王(笑)の出現。

アメリカの一部政府機関閉鎖は、本日で16日目に突入。

80万人の連邦職員が無給状態。そして、影響は業者への未払など、アメリカ
経済全体へ波及している。

政府機関が再開しても、この影響は致命的だ。

アメリカは益々疲弊し、混乱し、崩壊して行く。
◇ 基金に関するお詫び、御礼、及び再案内
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
妨害からか、何かしらの理由からか、基金賛同のメールや振込情報が届かな
い通信障害に、四日前の昨年大晦日。それも、新年直前に偶然気付きました。

これも、中々不思議な出来事です。

この場にて、御礼をお伝えします。
欧州からも賛同の振り込みがあり、嬉しい限りです。

基金は、先月終了とお伝えしましたが、通信障害という妨害の事実を受け、
大海嘯基金を再開します。

また、本基金は敷居が高いようなので、具体的に賛同の意を表しやすい方法
を考えましたので、以下、ご参照下さい。

一口5000円。賛同は、一口から、何口でも可。

《賛同方法》
・指定銀行口座への直接振り込み
・LINE送金
尚、現金書留での受付は終了しました。
現金書留にて郵送済みの場合は、必ず連絡して下さい。

?賛同者へは、メルマガとは別の情報や案内(会合を含む)を送付するので、
まだの場合は、こちらへメールアドレスを知らせて下さい。
info@lsj-chitoh.com

基金内容と送金方法については、以下を参照。
http://lsj-chitoh.com/k10.html

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

          ◇◆◇◆ 不穏なる新年 ◆◇◆◇

さて、本年度最初のメルマガだが、新年早々世界は何とざわついている事か。
こんなに正月らしくない新年は、記憶にない。

まずは、経済だ。

◇1 経済(金融)崩壊
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
新年早々、世界中で更に株価が大きく下落。
中国でも、予想以上の経済衰退が顕著だ。

昨日の大きなニュースは、104円まで急激な円高が進んだことだ。
110〜111円から一気に6〜7円の円高だ。

中国の景気減退による、アップルの業績修正が理由であると報道しているが、
細かい事はどうでもよい。

経済崩壊の流れの一環だ。

アメリカ政府機関の一部はいまだ閉鎖中……。
戦争やキューバ危機レベルの有事意外、アメリカ大統領がクリスマスも新年
も執務室にいるというのは、超異常事態だ。

日本の株式市場では、一体どの様な地震が起こるであろうか……。
本年度、最初の日経平均株価は、770円も一時下がった。

次は、戦争だ。

◇2 軍靴の音
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
経済失速が予想以上に深刻な中国は、生き残りをかけ、侵略戦争へと急速に
舵を切った。

北極でさえも、中国の暴力的な開発が問題となっているが、この若く未熟で
節操ない下品な国?は、断末魔の喘ぎと共に、世界征服という、成金の腐っ
た豚が、身の程知らずの自殺行為に出た。

(勿論、現在の中国にも人格者はかなり少数だがいる)

新年早々、中国は、台湾吸収(再合併だそうだ)を宣言し、武力行使も辞さない
と明言。台湾国民は、ちんたら日本などで外国旅行をしていたら、帰る国が
無くなるぞ。

そして、軍靴の音が、すぐそこまで聞こえる。

◇3 壊滅的天変地異の予兆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
やはり、惑星ニビルが近づいている。

昨日、夜明け前の空に、奈良、京都、東京、その他日本の多くの地域にて、
「火球」、又は小惑星の欠片が目撃された。

場所によっては、閃光と共に爆音が轟いた。

元日には、天変地異の予兆と云われる「彩雲」の中でも、私も見たことのな
い異質かつ美しい雲が東京の空に出現した。

私は、京都にて年末年始を過ごしているため、この彩雲を直には見ていない。
が、写真でも、充分その凄さが伝わって来た。

やはり、東京は地獄と化すだろう。

昨晩、6時10分。テレビを観ていたら、緊急地震速報が鳴った。熊本にて、
新度6弱の地震が起こった。

高さ制限のある京都市内のホテルではほぼ最高階の10階に滞在しているが、
街や山がよく見渡せる。

地震発生時、京都も少し揺れた。また、山々が共鳴していた。
今回の地震は、前震だ。阿蘇山の壊滅的噴火?が近い。
よって、遠く離れた京都の山々も共鳴しているのだろう。

本当に、新年でも容赦ない。

偽りの天皇は、災いしか呼ばない。

多くの者にとっては、何と、不穏かつおめでたくない世界的新年だろう。

だが、未来ある者にとっては、大海嘯後、夜明けが訪れる。

さあ、今から「風の谷のナウシカ」が始まる。

(タブレットによる編集の為、乱文は容赦願う。)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事