全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

近づく軍靴の足音

先月初旬であったろうか、ロシアが同国史上最大の軍事演習を今月に行うとの情報を耳にしたのは。

そして、中国のニュースでは、その軍事演習に人民軍も参加する。と、自慢げに報道していた。

そのロシア史上最大の軍事演習が、日本海近郊にても行われていえる。

先週の日露首脳会談にて、条件無しの平和条約締結を無駄だにちらつかせたプーチン大統領。

(一部)北方領土返還をプーチン大統領は何度も示唆していたが、日本政府は四島返還でなければ応じないとのパフォーマンス姿勢を誇示し、北方領土返還の機会を失った。

とりあえずは一部返還させ、その後、残りの返還を上手くゴネればよいものを。。。一部返還にあたって、ロシアとの条約を締結しても、抜け道を用意すれば良いのだ。その程度の外交、政治手腕ぐらい、首相ならば本来持っているべきだ。

勿論、今の小粒の政治屋達、その手腕も才覚もない。

ロシアは、北海道を虎視眈々と狙っている。

北海道大地震にて、ここまで北海道や東北の駐屯地を疲弊させ、連隊長レベルまで現場にて陣頭指揮を取らせ、間違っている。

ロシアは、自衛隊の疲弊を両手を叩いて喜んでいるだろう。

イスラエルは、シリアの空港を爆撃し、中東全面戦争→ハルマゲドンは近い。

軍靴の音がしまいか?



気象庁の火山ライブカメラを週に何度か確認するが、先程観たところ、桜島や浅間山などに、霊魂というのか、オーブの丸い玉が写っていた。

要注意だ。
先月、お盆時期に到来した台風の余波によって東京でも強風が吹いていたある朝のこと。

ふと外をみると、太平洋戦時中に亡くなった、とおぼしき英霊方が、敬礼をしながら横に飛んでいた。

その数は、無数。

皆、良い表情にてこちらを向き、敬礼していた。

笑顔の英霊もおり、何名かとは目を合わせた。

そうか、いよいよ大海嘯本隊がもう直ぐやって来るのだ。。。
と強く感じたものだ。

兵隊さんの浮遊行進?を目撃したほんの10分後であろうか。北海道札幌出身の人と話をし、北海道へ戻るとの話であった為、気を付けるよう伝えた。という出来事があった。

先週の北海道胆振東部地震は、前震だ。

これだけ、政府もメディアも地震が来る来る、と言い続け、日本中にて災害も起きているこのご時世におうて、地震、災害対策を何もしていない者の何と多い事か。。。

箪笥の下敷きになって死んでも、それは自業自得というもの。

お気の毒に。。。などと、安っぽい言葉を述べる偽善はしない。

また、避難勧告が出た時点にて、避難せよ。

様々な状況があろうが、避難を怠惰に怠り、その結果、要救助者となっても、自衛隊、消防は、助けるべきではない。

何故、愚か者の為に公費を無駄にし、厳しい訓練を受けた自衛隊ら貴重な人材を危険に晒し、場合によっては、命を落とさせなくてはならないのか。

要救助者となっても、避難を怠っていた場合、救助されない。その前例を作れば、皆、一目散に逃げる。

また、「自分は大丈夫。この地域は大丈夫だと思った」との言葉が被災者からしつこく聞かれるが、何と、おこがましい。。己らにその様な価値があるとでも思っているのか?


訪問者?

どうでも良い事だが、このブログの訪問者数カウントは、壊れているのか。または、アクセス者の設定により、カウントされないようになっているようだ。

息子が自分のスマホからアクセスしても、カウントされていない。。。

さて、何となく気分で本ブログの背景を秋の向日葵にしてみた。


もんじゅ廃炉

夜7時のNHKニュースを観ていたら、廃炉が決定している原子炉「もんじゅ」に関するものがあった。

「もんじゅ」へは、政府が1兆円もの巨費(国費)を投じたが、稼働期間はたったの250日。

廃炉には、今後30年かかり、費用は4000億円弱かかる予想だが、不明とのこと。

とてつもなく有害であり、殆ど負の面しか存在しない原子力。

核兵器へ簡単に移行出来るだの、現在の世界資本主義では、原子力を扱わなくては国家間の国際ゲームに勝てないだの、大きな利権が関わるだの。。。

理由は、ようーく分かる

だが、それに払う対価は、文明の消滅だ。

何と愚かな。

まあ、自業自得だろう。

ただ、新しい世界へまで負の遺産を残されては駄目だ。

火山の噴火と共に、溶岩へお任せしよう。

そういえば、九州の川内原発は、壊滅的噴火が何時なん時起きてもおかしくない姶良(あいら)カルデラからも遠くない。

姶良カルデラは、鹿児島湾と桜島を囲み、一億人を瞬殺出来るとか。。。

全国ニュースでは殆ど扱わないが、鹿児島の桜島は、週に何度も爆発的噴火を起こしている。

私が統治者なら、そんな危険な地に人を住まわせない。

避難者や被災者へ衣食住の心配をさせる社会は、欠陥だ。

それも、昔と違い、今の天災、人災は、人の負の結晶だ。人の愚かな行いがもたらしている。

ああ、そうか、だから、終焉なのだ。









全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事