目指せ!「ぎふれんず」ブログマスター

岐阜県ソフトピアジャパン関市ブランチ、洞戸ネットサロンから発信中

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

10月5日12日の両日、洞戸ネットサロン(以下サロン)において
サロンスタッフ向けのブログ開設講座が開催されました。

サロンには、訪問する市民にパソコンの操作を援助する常駐スタッフが配属されています。
そのスタッフがブログに精通して、地域住民にブログによる情報の発信を促すことができるようになることが目的です。

今まで、ホームページなどでの地域の情報発信は、限定された人間が行って来ましたが
これからの時代は、いろいろな価値観や感性を持った住民が独自の視点から発信して行くのが理想です。
"ぎふれんず"もそうですが、"洞戸サイト"もRSSの仕組みを取り入れましたので
個人のブログ等を集積して、みんなの力で情報発信や情報交換をしていけるコミュニティを形成して行きたいと考えています。

スタッフといえども、数時間ではなかなか覚えられませんので、今後も引き続き講座を開いて行く予定です。
興味のある方は、是非ご一緒に参加ください。


<参照サイト>
洞戸サイト  http://www.horado.com/
洞戸ネットサロン  http://www.horado.com/netsalon/

開く コメント(0)

Yahoo!ブログTOPページのログイン方法が変更になったことを受け
"ブログの開設"書庫の"Yahoo!IDを取得しよう"、"ログイン"、"開設設定"の3記事を修正しました。

今日現在、Yahoo!の関連のブログ解説ページは旧のままになっており、解説希望初心者の混乱が予想されます。
Yahoo!サイドの早急な更新が望まれます。

開く コメント(0)

ここ洞戸でも、不審者から大切な子どもたちを守るために様々な活動が展開されています。
市は広報無線を使って,見守りの重要性の呼びかけや不審者情報を頻繁にながし
各種の団体を対象ににした会合では,地域の子どもの安全対策が議題として取り上げられ
見回り運動や挨拶運動が行われています。

一方で、ネット犯罪に子どもが巻き込まれる事件があいつぎ
ネット社会がいじめの温床になっていると伝えられているにもかかわらず
対策の声はほとんど聞かれません。

なぜでしょう。
ひとつには、大人たちが理解できない世界であることから話題として取り上げにくいこと。
また、社会全体、とりわけ行政サイドの危険認識が非常に甘いことがあげられます。
(ネット教育は公的機関の関わる分野でなく、IT業者のビジネス領域を侵してはならないとの間違った意識ある。)

交通事故も含め、子どもたちや高齢者がクルマ社会の犠牲になる事例は日常茶飯事となりました。
クルマ社会の到来で、人の交流が狭い範囲でしか行われなかった時代では考えられないような事故や犯罪が生まれたのです。
ネット社会の到来はクルマ社会到来の比ではありません。

最大の問題は危険性を指導、教育する立場の大人が
クルマ社会にあっては、その操縦法や仕組みを経験上よく理解しているのに対し
ネット社会にあっては、それが曖昧であるか無知だということです。
しかもクルマには年齢制限のある公的な免許が必要ですが、ネットの利用には不要です。

ときには公共の機関が先頭にたって
大人にも子どもにもネットリテラシーをきちんと学ばせ、実践できるスキルを身につけさせる対策をとるべきです。
そしてそれは、既に始まっているネット社会において社会全体が担わなければならない責務だと思います。
知識がないからと、未成熟な子どもがネットの世界で縦横無尽に振る舞うことを放置するのは
あまりにも危険です。

子どもの見守り運動にかけるエネルギーの一部でも、こういった活動に振り向けることはできないものか。

交通犯罪に遭遇する確率とネット犯罪に巻き込まれる確率
その深刻度も含め、いったいどちらが高いでしょう。
「地域社会で子どもを守りましょう」という放送を聞く度に、ふとそんなことを考えてしまいます。

開く コメント(0)

"ぎふれんず"へ参加登録できるブログの種類が、ヤフーブログのみから
ヤフーブログ、gooブログ、ライブドアブログ、楽天ブログ、ココログ、ヤプログ、アメーバ
になったこと。
"ぎふれんず"への登録申し込み手続きが、書類による申し込みから
"ぎふれんず"サイト上でできるようになったこと。

以上2点の変更にともない
"ブログ開設"書庫内の"YahooIDを取得しよう"記事
ならびに
"れんずへの登録"書庫内の"登録手続き"記事
に変更を加えました。

参照: http://lens.softopia.or.jp/second7/index.html

開く コメント(0)

22日に地元小学校の運動会へ行ってきました。
全校で100人を切る生徒数ですが、出ずっぱりでも皆元気いっぱい。

1,2年生合同の50m競争の時の一こま
ゴール付近には、自分の子供をビデオで撮影するおとーさん、おかーさん達がずらり。まるで芸能人の記者会見が始まる様。 

このぐらいの学年の親は力が入ってますねぇ^^!
子供が高学年や末っ子になるに従って、特派員の数も確実に減りますが。。

さて、撮影されたビデオの映像は、通常1、2度再生されたら見られることはほぼありません。
撮り貯められたビデオを成長した自分の子供が観るとしたら、いったい何日かかるんでしょう。
それに録画媒体は Aテープ→Dテープ→ミニDテープ→HD、DVD→BD などと短期間で変化して、再生機はあっという間に古物と化します。
新しいメディアが登場する度に古いメディアからコピーを繰り返す人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

そこで思いました。
大容量のメディア競争はもう無意味。これからは撮影したデータはすぐさま無線通信回線に乗せて国内、あるいは海外の安全なサーバーに保存。
これならどこでもいつでも呼び出せるし、ダビングやバックアップの手間もありません。

実は5日ほど前、仕事で使っていたPCが2台立て続けに壊れました。
ガリガリ、ジージー異音を発するHDにハラハラしながら必要最小限のデータを抜き出し、それからすべての環境を別のPCに再設定。
直近のバックアップ後で消えてしまったデータを最入力して、動作確認を終えるまでに丸二日かかりました。
PCもビデオカメラにしても必ず3〜5年で壊れます。自動バックアップのシステムもありますが、それも同時に壊れることもあるんですよね。

実現への最大の課題は無線回線だろうなと考えていたら、"携帯電話の基地局を他業種へも開放"の記事が新聞に出てました。
まだまだ課題は多いですが、時代は確実に理想に向かって進んでます。


全てのデータは高速通信回線で安心安全なサーバーに常に保存。即座に再生可能。
何年くらい先になるんでしょうね。んな時代。

開く コメント(3)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事