関本塾

病院では治療困難な現代病は足つぼマッサージで治そう!。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

お休みのお知らせ。

 4月10日から25日までお休みします。大変ご迷惑をおかけします、なにとぞご勘弁願います。以下facebookにのせたもの。

 昔、南の島で漁師をしている頃。浜でボーとしていると、小さな小枝がぷかぷかと流れ着いてくる。村の古老にどうしてと聞くと・・。渡り鳥は何千キロも旅をして海を渡る。クチバシに小枝をくわえて渡るのだそうだ。どうしても疲れた時、その小枝を海に落として、その枝にとまって休む。そして、またクチバシにくわえて旅をする。浜に流れ着く小枝は、力尽き海を渡れ無かった鳥が運んでいたのもの。ということだった。
切なさは大事ですね。日常のせわしない世界から、非日常の世界への扉を開きます。生き物の、生き死にを感じることで、ほど(適度・寛容)を知り、人は人間になっていくんですね。それは悲しい墓標ではないんですね。悲しさ・楽しさ、喜びんなん、人生。マリオ書きました。

 ツバメは凄いぞ!昨日今年初めてツバメを見た。高く飛んでる。多分もっと北に行く途中なんだろう。千キロ2千キロ普通に飛んでいく。多分疲れる。しかし弁当持たずに、カバンも持たずに飛んでいく。今日は幼稚園の入園式もあった。園児も入園すると朝ちゃんと起きなくちゃいけないし、あれこれ言われ、列作ったり、みんなでいしょに何かしなければいけない。これもまた大変だ。
そこで恵子さんに聞いた、どっちがいいか?園児とツバメと。んんん・・。やっぱ園児かなぁ・。ツバメは飛ぶように設定されてるから・・。そこで僕は言った。たぶん森山さんは笑って何も答えないだろうと。無理に聞くと答えはたぶんこうだろう、何故なら、そんなことありえないから。恵子さん笑った。

 人の命は生まれた時から引き算、だんだん命が減っていく。しかし、人としての喜びは足し算。感動する気持ちや慈しみの気持ち。幸せを学んでいく。最初から人はやさしいのじゃない。学んでいく、その方が幸せだから。そういう関係であってほしい。学校や社会がそうであったなら、会社も国家もやさしいはずだ。
 仏の慈悲と人間の慈悲では分けて考えます。人間には愛ですね。ですから、常に、どう考え昇華し、修行しても、自己愛から離れません。それと相対するのが神や仏の慈悲です。人の愛が悲しみを産婿とも絶望をうむことも、老病死から逃れなない事を、もがき苦しむことを、知って救いの手を差し伸べている事知る事・感じることが、仏教やキリストのの教えだと思います。共に嘆き苦しんでくれる存在です。決してエゴは捨てられません。人間はそのもがきの中にいるのです。それを知る事が仏智そのものです。まあ・・ストレスですね。

 これも勉強会で教えてもらった、知識だけどね。知ったかぶりの、知ったかブッタ!でも、ある出来事が自分に起きて、確信しています。15年ほど以前、僕はキリスト教における、贖罪はないといっていました。その時、ある友人の長老格の人が、いやあると言っていました。しかし今、僕は先に書いた意味で、贖罪はあるといいい。その人は、ヤッパリ贖罪はない、と言っています。面白いですね。扉が開いて、分ったと思った瞬間から。既に扉の外に立っている。何時までも、同じところ。それでいいと思えるのですが・・。それ以上はないんです。人間ですから。

 僕は<ささやかな・ひっそりした暮らし>とか<みんなが団結>そういう考えは嫌いだ。日常の何気ない、ほんの些細な行動にも、民の意思が現れ、少しづつ社会が変わっていく。大晦日にお寺に行ってお参りし、初詣に行って小銭を投げる。お葬式をしたり町内会で村の神社を維持する。何が問題なのか?王や伝統・文化を利用してお金を稼ごうとする集団は右翼ではない。夫婦・家族や国家・文化に愛を訴える新宗教に、あなたはどう反論するのか?同意するのか。未来は突然の独裁者によって決まるのではない。小さな善意と愛によって生まれる。

 教育実習をして、指導教諭にきつく注意されたこと。僕が生徒に向かって<わかりましたか?わかりましたね!>と強く言った事。反省を求められた。でもふつうに教師は言っている<わかりましたね>。理解を強要している。聞くだけなら良し。それが実習生にできるかどうか別にして、普通の教諭にできてるとは思わないけど正解。

 繰り返し暗記させることはどうなのか。高校の古典の教諭はまず分法を暗記させて進んでいった。知らないから暗記するしかない。考え方や教育勅語を暗記させるのはどうなのか。思想を暗記させるのは洗脳としては正解だけど、民主主義の教育としてはダメ。考えることをなくすわけだから。
恐育実習(?)で学んだこと、もう一つ。生徒に近づきすぎない。若干、人の問題だから正解はないけど、相手がそう思ったり感じてないのに入り込むのは間違い。金八先生は昔の、強い関係を求める社会でのこと。教育は一人で生きていける力をつける事。そんなこと考えてました。お誕生日メールの返信からでした。なんかおかしいのかな・・・。

 高校卒業、めでたくもなし。考える。お金がない、大学行くかどうか?大丈夫、お金が十分なくても大学に行ける。ふうつは年間100万円ほどかかる、国公立も60万ほどかかる(入学金30万もいる)。違う!そんなに高く払わなくても大学に行ける。大学には昼間と夜と通信制と、インターネット大学がある。
因みに東洋大学は昼は入学金・授業料25・70万。イブニングコース、18・43万。通信、2.40万。バイトの時間の取り方によれば比較的楽に卒業できる。(文系です)
ネットはさらに安い。国公立大学は怠けている。イブニングコースが無い。奨学金もあるけど高校のペーパーテストができた子だけ、優遇するのは怠慢だ。教育者として怠慢だ。
金のない学生の皆さん、どうぞ胸を張って、<貧乏でも学校に入れさせろ>と叫んでください。あきらめる必要はないんです、勉強する気があるのなら・・。

 大学を卒業、めでたくもありめでたくもなし。どうする?希望の就職できなくて・・。大丈夫だよ。誠実に生きてりゃなんとでもなる。普通というのが無いんだな〜〜人生は。みんないい学校へ行こうとして、みんないい会社や組織に就職しようとする。同じように結婚し、同じように幸せになろうとする。同じはないんだな==、。日本の学校は同じ服装で同じことができるように教育する。無理だ・・。実社会は違う。たとえば貯金。同じようにスマホ代払って、同じようなアパートに住んで、外食飲み食いする。貯金が出来るわけない。企業が価格を設定するのは、普通の人か消費できるぎりぎり高い価格を狙って、よりたくさんの消費をあおり販売するわけだから。それにつられていたら預金はできない(宣伝・広告の商品の事)。みんなと同じって発想は、自分もそうでなかったらみじめって事で、悲しく感じる。しかし、それに合わせたらいくら稼いでも貯金はできない。
まともに就職できなかった皆さんに僕は言いたい。みんなと違ったスタートは、それだけで、自分の人生がやっとできるって事だ。僕がそうだからね。みんなと同じと普通の暮らしはないんです。

この記事に

開く コメント(0)

臨時営業時間変更

3月5日、日曜日、はるみのと関本塾は午後3時ぐらいでお店を閉じます。よろしくネット。
通常当店は月・火定休日。営業時間は10時半から夜8時までです。

それと、春と秋に半月ほど長期休日を取ります。
世の中、ブラックや灰色が話題にのぼりますが、うちはホワイトってとこかな・・。

そんなに働かなくても、一食2千円だの5千円だの、高級食材・産地直送、新鮮だの、
何とかシェフだの、高いもの食べんでも、おいしいもんは・お安くていごごちのいいレストランは いくらでもあるのだ。


テレビやマスコミ・ネットに騙されないで・・。一食500円でお良いしいものが食べられる。その分だけ働かんで時間を自分のものにしよう。
それが豊かさ、それが、本当のグルメの選択なのだ、そう思うのでした。
    

この記事に

開く コメント(0)

 ハルチャンが亡くなった。先日お兄さんのとこで聞いた。彼は生きてる事も死んでる事も知らせたくないらしく、勝手に死んでいった。3年前に亡くなったそうだ。統合失調症で成人してから数年で病院に入院。<青の会>に係わっていた。ずーっと病院で過ごした。家族しか会えない閉鎖病棟で、僕も何度か家族と言う事で会ったけど、お兄さんに行くなと言われ、最近行かなかった。僕に後悔はない。僕は田舎の中学を卒業して町で下宿生活、束縛のきつかった母から離れ自由になった高校生活。自由な分、不安が多かった。悪い先輩のおかげで1年もたたずに下宿を追い出され、それ以後あちこち転々とした。まあ、ホームレス状態の高校生。ハチャメチャな生活だった。

 そんな時に彼と出会い、1年以上べったりと行動し、悪い事も良い事も一緒にした、家出まで一緒にした。勉強以外の事や家族以外の人間関係をしっかり勉強させてもらった。僕はどちらかと言えばアクセル、彼はブレーキ役が多かった。大学生に交じってステージで演説して、デモの先頭で旗振って、よくもまあ警察に捕まらなかったな〜〜と思う。毎日毎日、毎晩、遅くまで何かしらして遊んでいた。強烈な思い出は、今でも頭にこびりついている。この頃の考えとは全く変わってしまった、思い出も思想じゃない、感覚なのだ(意味不明ですが前後で書きます)。

 大学の時に突然発病、駆けつけると、チアノーゼ状態。自分で呼吸を止めようとするほど重症だった。まったく何もできなかった。病気の原因は自分にもあるかもしれないと、病気を勉強し始めた。精神的な病気とは、その頃からの付き合い。彼が病院で過ごした毎日、どんな思いだったのか知らないけど、たぶん、それなりに満足して死んでいったのだと思う。不幸じゃなかったと思うよ。グッバイ、ハルチャン!

この記事に

開く コメント(0)

お休みのご連絡

病気を治すには、と考えるより、病気にならに方が賢い。
関本塾は基本的にに自分で治す、治療者に依存しない、とう言うことで。

そういうわけで、10月24日より11月8日までお休みします。
休みは普段より疲れるのだった!

この記事に

開く コメント(0)

最後に・・。
 家族の所で書きましたが、今の時代、家族だけでなく、世界が閉じていっているようですね。人が自由に行動し、ネットで多くの人と交わるようになると、自分の好きな人とだけ交流します。好きな事だけして、好きな物だけで生きられる世界は、色んな人を作り、多様性が生まれます。しかし、だからと言って多様性を認められる社会になる、とはかぎらないのです。マア、言ってみればタコツボ社会ですね。<村社会>が<タコツボ社会>に変わっていくだけかもしれません(これは、これで、面白い気がしますが・・)。その中にいると気が付きませんが、回りとの壁を高くして、寛容をなくす世界です。<互いの違いに感激し、喜びや悲しみを共感する世界に人は生きている>、と思っている私には残念な事です。だけんども、<地球は回っている>のです。


 まっあっ〜〜最後にもう一つだけ。僕は今までに様々事、書いたりして発言してきましたが、結局人間は一生で言いたい事は一つだなぁー・・と感じます。僕にとっては、これ、<すべての物の関係性です>、それを見ていく事なんです。すると、猫もザリガニもムカデも鳥も、同じように生きて死んでいく。人間にとって楽しい事は他の生物にも楽しい。他の生物が楽しい事は人間にも楽しい。つまり人間だけが楽しい事は、あるにはあるけど、それはその分だけ人間は重荷を背負って生きてるって事かな・・。そこからが重要で、重荷を下ろす解放+アルファが<人間やってて良かったの感動>なのかな〜〜と思います。

 その+アルファはちゃんとあるんです。私の住んでいる世界は<何かを得るために、何かを失う>・<幸せの量が決まっている(何かが恵まれると、何かが恵まれない)>、良い事と悪い事はプラス・マイナス・ゼロではない世界なのです。絶対的にプラスの世界です。その扉を開く一つの鍵が、自立です。(チョットくどいかもね!。デモね、感覚の事はくどくど言わないと分からないのです。くどくど言っても分からないんですから。物理や化学の理解とは違うんです。それが言いたくて書いたんですから!。宗教はそこで修行と言う発想が生まれたんです。つまりこの文を読む事は修行なんです。)
 
 そのプラスを、それを僕は解放(心と体の)と呼び、それを皆さんに味わってもらいたい。そう思って毎日のように話しているのです。クドイ!、これは、そんなこんなのまとめです。どうだったでしょうか?そんなに大事なことなの?と、思いましたぁ?。そうなんです、僕にとっては大事な事なのです。読まれなくても理解されなくても大丈夫、書けた事で十分満足しています。人は、それぞれで良い。そうやって、違いを認める・認められるともっと楽しいのです。


 そんな感じが自立なんですが、自立しすぎてもカワイくないし。自立したり依存したり、行ったり来たりが良い!。考えながらフラフラしながら生きるのが良い!。私はフラフラしてます。そうやって、世界をフラフラ歩いているわけです。約50ヶ国、おいしい物食べるわけでも無く、贅沢するわけでなく、貧乏で最悪の旅をするわけです。何で行くの?、よく言われます。外国の事、知ったり見たりするんだったら、別に行かなくていいんです。しかし、そこに住んでいる人の感覚や関係は、実際に会って話さないと分かりません。そして、その関係の輪に入るのに、三味線。三味線がすごくいいんですね。面白いですね!まったく違う文化を持って行くと、なじみやすいのです。外人に凄くモテルんです。同じじゃダメなんです。

 初めに自立の感覚を知ったのは、ドイツ人の友人やヨーロッパ系の友人からでした。凄く感化されました。北欧はなじめませんでしたけどね!。デモね、本当に生理的に感覚的理解したと思ったのは、日本人の沢山の友人からだったんですよ。実は、!。<そこにあっても、そこに見えなかったんですね>。えっ!友達って神様の事?、そういう事で、感謝!感謝です。
御静聴ありがとうございました(?)。

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事