素敵な夢を叶え続ける陽子の生き方・考え方

ダーツ・元世界ランキングNO1樋口陽子の幸せ・夢生活
セレブ陽子こと樋口陽子です。

まだまだ地震の影響が続いております。
 
今回の地震は日本最大級M8.8を記録。
現在でも死亡、行方不明者が1300人を超えています。
 
心より御冥福をお祈りいたします
 
.実は、毎日のようにブック・マラソンとしてメールを送信してして下さる方がいます。
今までもその中からたびたび御紹介しておりますが今回は素晴らしい元気が出る
一冊を分かち合いたいと思います。


先日、44歳の誕生日を迎え、なおも現役を続けるキング・カズこと
三浦知良さんによる『やめないよ』です。

ヴェルディ川崎の黄金時代を築き、Jリーグ初代MVP、1993年の
アジア年間最優秀選手賞を受賞。

日本代表として、ワールドカップ初出場に貢献しながらも、本大会
へは未出場、その後、降格の屈辱も味わった氏が、どんな気持ちで
サッカーを続けてきたのか、その心情が伝わる一冊です。

絶望的な状況に直面すると、人間、逃げてしまいがちですが、カズ
選手は、どんな苦難に直面しても決して逃げず、現役を続けてきま
した。

なぜそんなことが可能だったのでしょうか。

本書を読めば、きっとその理由がよく理解できると思います。

「上を向いている限り、絶対にいいことがあるんだ」
「1センチでいいから前へ進むんだ」

現在、地震で疲弊し切っている日本人に、このカズのメッセージほ
どふさわしい言葉はないと思います。

書店に行って手に入るのは、昨日の地震でダメージを受けた本かも
しれませんが、ぜひ買って読んでみてください。

きっと、明日を生きる「理由」が見つかるはずです。

------------------------------------------------------------

いい得点の前には必ずいいアシストがある。今はゴールでもアシス
トでもいい

余計なことを考えず、練習や体のケアを怠らないこと。それが一番
いい結果につながるはずだから

いいときも悪いときも含めて人生、サッカーだから

僕の場合、「もうすぐ40歳だから仕方ない」と言われてしまうのが
嫌だ。逆に40歳でみんながやれなかったことをやってみたい。走り
込みでも、40歳には無理だろう、という量を走りきる

圧倒的に押されて守備に駆けずり回る試合もあるかもしれないけれ
ど、そんな中でも遊び心は持っていたい。「抜けるものなら抜いて
みろよ」という威圧感を漂わせていたら、相手は「ボールを取られ
ちゃうかな」という気がしてくるものなんだ

自分の出来が良かった試合でも必ず反省点はある。その直後は余韻
に浸っていても、家に帰って時間がたつと、あの場面でミスがあっ
たと悔しさがわいてきたりする。しっかり反省できる人間がそろっ
ている集団は強くなる

ゴールにしてもダンスにしても、見に来てくれた人たちが喜んでく
れることが一番うれしい。いいものを見たなと気分良く帰ってくれ
て、その話題を肴に一杯飲みにいってくれるような

オールスターで頑張りすぎてケガをしては元も子もないという人も
いる。でもケガは選手の宿命だし、そこで故障するようならそのレ
ベルということ。だからこそ気を抜かず、しっかりと準備を怠らな
いことが大事なんだ

過去に格下だった相手が、今も弱い保証なんてどこにもない

悪いことが続くのは、自分があきらめてしまっているとき。上を向
いている限り、絶対にいいことがあるんだ

降格も歴史の一部である

技術だけじゃなく、プレーを続けるための環境を手に入れられるか
どうかも力量のうちなんだ

ほとんどの選手はサッカーが好きで、なりたくてなった職業のはず。
昇格や優勝がなくなったからといって全力を尽くせないようではお
客さんに対して失礼だし、何よりサッカーに対する侮辱だ

それでも、いいことが起きたときの喜びは、苦しいときの悲しみに
勝るもの。総じて人生は成功も失敗も五分なんだ。そこで、あきら
める人とあきらめない人の差が出る

------------------------------------------------------------

『やめないよ』三浦知良・著 新潮社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106104059/businessbookm-22/ref=nosim

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/g9yPkn

------------------------------------------------------------

◆目次◆

I 勝ちたい力─2006年
II 不惑の力─2007年
III 続ける力─2008年
IV 戦い抜く力─2009年
V 明日を生きる力─2010年

この記事に

開く コメント(8)

セレブ陽子こと樋口陽子です。
 
今日もAM4時起床!
経営者が集まる朝の勉強会に行ってきました!
 
早起きの実践です。
 早起きをすると気持ちがいいです。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サッカー界で世界NO1キッカーと言われているFCバルセロナの
メッシー選手と同じシエイクを飲み、気合いを入れて経営者倫理法人会・光が丘会場へ、、、
 
今日の講師はあのだんじり祭りで有名な大阪の岸和田から来て頂いた
健康産業界のカリスマ・久場共見子講師です。
 
「家族企業に倫理の教えを!」というテーマで講話をして頂きました!
 
とにかく”与える”人の役に立つ”にフォーカスして生きていらっしゃる方で、
やる気と元気を朝から頂きました!
 
早起きすると良いこといっぱいありますね。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 実は昨夜も久場講師をお迎えしてお勉強会を開催しました。
約40名ほどの参加人数でした。
 
立ち席にも関わらず2時間半の間、皆さんトイレにも行かず、
本当に真剣に学ばれていました。
 
そして自分たちの夢に向かって実践していく事を誓っていました。
目的・目標が明確になったのですね。
 
素晴らししいセミナーになりました。
 
本当に感謝です。
ありがとうございました。
 
さて、今回も素敵な文章をシエアしたいとおもいます。
是非最後まで読んでくださいね。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★思いを正確に伝え
         人間関係を構築する

「さびしい」「ひとりはさみしい」

「だれかといっしょがいい」
 
「みんなきえちゃったのか」

「みんなどこいったんだよ」

「みんなでてきてくれよ おねがいだから でてこいよ」

「きらいな人でも すきな人でも 大切な人でもいい みんないっしょ」

これらは『ひとりの本―もしも世にひとりぼっちになったら』(飛鳥新書)に
掲載されている、「孤独体験」をした子供たちの感想です。 

ひとりぼっちになったら、どんな気持ちになるのかを知るため、黒のビニール袋と
ダンボール箱で子供ひとりが入る薄暗い個室を作り、ペンライトだけの「ひとりぼっ
ち」体験を設定したのです。

大人であっても長期間ひとりになると不安感に襲われます。人が恋しくなり、子供た
ちの孤独体験後の感想のように、人間関係の重要性を自覚するものです。

昨年末より朝日新聞で「孤族の国」という連載企画が始まりました。家族間の関係が
薄れ、一人世帯が急増している現代を取り上げたものですが、家族のみならず人のつ
ながりが希薄になっていることは切実な問題です。

 私たちの住む社会では、人間関係といっても様々です。夫婦、親子、嫁姑、兄弟、
姉妹、上司と部下、社員とお客様、同僚同士、友人同士など、挙げればきりがないほ
ど多様です。
 
この異なった人間関係の中で社会生活を営んでいるのが、私たち社会人なのです。

社会が複雑になればなるほど、人間関係も複雑になります。〈ひとりでは生きていけ
ない〉と頭ではわかっていても、実際に周囲との軋轢で悩むことは多いでしょう。

人間関係における重要な事柄のひとつは「表現力」です。
 
私たちは自分自身の思いや感情など、形のないものを「言葉」や「文字」あるいは
「態度」という形に変えて相手に伝えます。
 
それらを正確に表現しないと自分の真意が伝わらず、誤解を招くこともあります。
つまり人間関係の善し悪しは、心や頭の中に在るものを、どのような形に
変えるかで決まるといっても過言ではありません。

また、「人間関係」を識別し、言葉遣いを変えることも必要です。言葉は想像以上の
威力を発揮します。「あの人の一言で傷ついた。今でも忘れられない」「あの人の言
葉に救われ元気が出た」「あの時に叱られたことが現在に活きている」など、誰しも
記憶に残る言葉があるものです。

「ひとつの言葉」という詩があります。

ひとつの言葉でけんかして ひとつの言葉で仲直り ひとつの言葉で泣かされて ひ
とつの言葉で笑いあう ひとつの言葉で騙されて  ひとつの言葉で信じあう ひと
つの言葉はそれぞれにひとつの命をもっている

人間関係が希薄になっているといわれる現代社会。
メール等が発達して情報交換は簡便になりましたが、魂を交換するような言葉の
やりとりを大切にして、更につながりを強化したいものです。

「朝礼」や「経営者モーニングセミナー」は、その習得の場でもあるのです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回も長い文章を最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事に

開く コメント(3)

 セレブ陽子こと樋口陽子です。
 
朝から元気!
 
元気な会社はトップが早起き
 
朝を活かす企業が勝つ!
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
経営者モーニングセミナーはトップが変わる学びの場
毎週 朝6時30分から ホテルカデンツア光が丘にお越しください。
 
来週の講師はあの有名な若手社長の講話です。
 
3月1日火曜日AM6時30分〜
講師
坂田 健(たけし)氏
㈱アールキューブ 代表取締役
 
テーマ
チームワークと理念経営
〜10億円の借金と会社をある日任された2代目社長の挑戦〜
 
Rバーガー事業継承直後は毎月、毎月赤字の不採算事業、当時は
余命3カ月の会社であったが、社員一丸となって業績を急上昇させる。
 
2期目には黒字化にする。
事業継承から4年、リーマンショックの最中も以降増収増益を維持している。
 
現在は国内外で路面店のもならず空港(羽田国際線空港・バンコク国際線空港)や
高速道路謎の特殊立地や商業施設等への確実な出店を行っている。
 
その特徴は一切出店営業活動せず、施設側からの懇願により好条件で
出店していることである。
 
若干28歳の若手社長の講話を聞きに来てくださいね!!
 
私、練馬区倫理法人会会長 樋口陽子&役員一同
心よりお待ちしています。
 
陽子の美と健康&ダイエット
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事