S'ELEGA-LAのバス撮影記録 Part.2

旧ブログより移転しました。今後とも、宜しくお願い致します。

New SELEGA

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全92ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

栗原観光タクシーが保有するNew SELEGA。

筆者にとっては初撮影の事業者で、宮城県栗原市に本社を置いています。社名の通りタクシー事業をベースにバス事業部と旅行事業部が存在しているようです。保有車両は大型から小型まで幅広く、大型12m車については画像の新型セレガHDの他にMS9系エアロエースと初代セレガGJ、MS8系エアロバスを確認しています。

フロントダッシュボード上に車線逸脱警報用の画像センサーはなく、2010〜2012年式のLKG-規制車の可能性が高いですが、QRG-代への移行直後の個体の可能性もあります。標準仕様のハイデッカーで、側窓は1番のみ固定・2〜5番T字+濃色グリーンガラスの組み合わせ、ホイールはアルコア製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦11列の正席45+補助席8の53人乗り(乗員除く)、後部2列に回転式サロンを備えています。フロントバンパー部には青色LEDデイライトを装着、側面のウインカーレンズについてはクリアタイプに交換されています。またナンバープレートについても東京オリンピック・パラリンピック開催記念プレートに換装済です。
☆車両情報☆

・保有事業者 →栗原観光タクシー
・登録番号  →宮城230 か ・・・6
・社内番号  →
・車種    →日野/SELEGA HD
・形式    →LKG-RU1ESBA
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・仕様     →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

北都交通 4915

イメージ 1

北都交通が保有するNew SELEGA。

2018年4月に旭川電気軌道との共同で運行を開始した新千歳空港⇔旭川を結ぶ高速路線バス“たいせつライナー”の専用車として使用されている1台です。運行開始に当たっては旭川電気軌道が新車でMS0系エアロエースを導入したのに対し、同社は中古導入によるセレガを用意しました。それぞれで車内の仕様も異なります。

年式は不明ですがLKG-規制車で、元は本州で都市間高速車として活躍していた個体です。北都交通には貸切用も含めて同様に複数台が転入しており、側窓部のアクセントピラーを装着した標準仕様のハイデッカーです。側窓は全固定+スモークガラスの組み合わせで、ホイールはアルコア製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦10列の正席40席のみ、側窓が全固定なので補助席はありません。前事業者時代のシートをほぼそのまま使用しており、背面の小型モニターも稼働するようです。車内Wi-Fiも新たに搭載している一方、旭川電気軌道の車と違ってトイレの装備はありません。各部の行先表示用のLED表示器も使用されています。
☆車両情報☆

・保有事業者 →北都交通
・登録番号  →札幌200 か 4915
・社内番号  →
・車種    →日野/SELEGA HD
・形式    →LKG-RU1ESBA
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・仕様     →4列シート/トイレなし
・用途    →乗合
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

越王観光バス ・798

イメージ 1

越王観光バスが保有するNew SELEGA。

新型セレガのカタログカラーを思わせるメタリック調の水色をベースとしたカラーリングを纏う事業者で、新潟県新潟市西蒲区に本社を構えています。保有車両は日野車が中心で新型セレガが導入される前の初代セレガやセレガRなどは白ベースのカラーリングでした。ワンポイントで入っているタツノオトシゴのイラストが可愛いですね。

登録されている払い出しナンバーから2013年式のQPG-規制車と見られ、自社発注の最新鋭車となるようです。同社にとってはPKG-代の「新潟200か490」に引き続き2台目の新型セレガSHDとなり、貸切車としては特徴的な全固定+スモークガラスの側窓など、外観はほぼ同じです。ホイールはアルコア製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦11列の正席45席のみ、側窓が全固定のため補助席は非装備となります。公式ホームページの無い事業者で、保有車両の陣営も分からないだけに、後部サロンの有無など詳しくは不明です。大曲の花火大会では撮影したことがありますが、なかなか関西圏では見かける機会がないだけに撮影時は新鮮でした。
☆車両情報☆

・保有事業者 →越王観光バス
・登録番号  →新潟200 か ・798
・社内番号  →
・車種    →日野/SELEGA SHD
・形式    →QPG-RU1ESBA
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   → 

この記事に

開く コメント(0)

中央交通バス 4005

イメージ 1

中央交通バスが保有するNew SELEGA。

同社が運行する新高速乗合バスで使用される1台です。運行区間は大阪・京都⇔東京・TDLで、独立3列シート便が“ダックスライナー”、4列シート便は“NETWORK”と愛称がわけられています。使用されるのは専用に白色ベースのカラーリングを纏った新型セレガHDで、乗降ドア脇にそれぞれの路線愛称名が貼られています。

この車は2016年式のQRG-規制車で、平成27年度重量車燃費基準+10%達成モデルです。「大阪200か4004」の連番車と合わせて2台が在籍し、高出力エンジン+6速MTを搭載する夜行高速インターシティ仕様です。側窓は全固定+スモークガラスの組み合わせとなり、ホイールはアルコア製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×38席の配置で、非公式側の中央部床下にトイレを備えています。フットレスト・レッグレストとコンセント電源を備えるシート自体は全席同じですが、非公式側のトイレから後ろはシートピッチを少し広めに取ってあるのが特徴です。かつてはネオプランも活躍しましたが、貸切車同様に国産化が進んでいますね。
☆車両情報☆

・保有事業者 →中央交通バス
・登録番号  →大阪200 か 4005
・社内番号  →
・車種    →日野/SELEGA HD
・形式    →QRG-RU1ESBA
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・仕様     →4列シート/中央部床下トイレ
・用途    →乗合
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

札幌第一観光バス 1723

イメージ 1

札幌第一観光バスが保有するNew SELEGA。

北海道中央バスグループの貸切バス事業者で、同社のフラッグシップ車と呼べるのがこの新型セレガSHDです。セレガRからのモデルチェンジが行われてから程なくして3台が導入され、従来の中央バスグループ共通デザインとは異なるカラーリングでデビューしたのが印象的でした。現在もこの新型セレガ3台のみが纏う塗装です。

2006年式のADG-規制車で「札幌200か1723」〜「同1725」の連番3台での登録です。スーパーハイデッカー標準の側窓部のアクセントピラーも装着しており、側窓は1番のみ固定・2〜5番T字+スモークガラスの組み合わせです。ホイールはトピー工業製エクスモードの10穴アルミですが、新製時とは形状が変わっています。

車内は4列シート×縦10列で定員42名のハイグレード仕様となっており、後部サロンこそないもののフラッグシップにふさわしい内装だと思います。ちなみに公式側後方にあるリッドは灯油ヒーターを搭載する関係で設置される給油口で、尿素水注入口ではありません。微妙にグラデーションがかった塗装など非常に凝った1台ですね。
☆車両情報☆

・保有事業者 →札幌第一観光バス
・登録番号  →札幌200 か 1723
・社内番号  →
・車種    →日野/SELEGA SHD
・形式    →ADG-RU1ESAA
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

全92ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事