S'ELEGA-LAのバス撮影記録 Part.2

旧ブログより移転しました。今後とも、宜しくお願い致します。

New GALA

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

IK観光バス 5131

イメージ 1

IK観光バスが保有するNew GALA。

同社の標準塗装のようになっているビオラの花を描いたデザインですが、この車は華光観光が新製導入した1台で、自社発注車とは花の色や屋根肩部のラインの色が異なります。いつの間にか同社へと移籍したようで、登録ナンバーもIK観光バスの付番基準に合わせた「51-」で始まる希望番号へと変更されています。

2016年式のQTG-規制車で、前事業者では「袖ヶ浦230あ68」の登録だった個体かと推測されます。ダッシュボード上に車線逸脱警報の画像センサーが付いたモデルで、電子制御サスペンションは非装備の廉価仕様です。側窓は1番のみ固定・2〜5番T字+スモークガラスの組み合わせ、ホイールはアルコア製10穴アルミを装着です。

車内は4列シートが並び、補助席あり・後部サロン無しの定員重視仕様でしょう。なぜか各部の社名表記が1カタカナ表記なのが新鮮ですが、このままで活躍すると思われます。華光観光では“Dream Japan”と“カモメツーリスト”の契約車がそれぞれ専用のカラーリングを纏っており、こちらのビオラツーリズムは契約解消でしょうか。
☆車両情報☆

・保有事業者 →IK観光バス
・登録番号  →袖ヶ浦230 あ 5131
・社内番号  →
・車種    →いすゞ/GALA HD
・形式    →QTG-RU1ASCJ
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

秋田中央交通 ・868

イメージ 1

秋田中央交通が保有するNew GALA。

撮影時を含めて秋田⇔仙台の昼行高速路線“仙秋号”の専用車として活躍する一台です。同社でこのカラーを纏う専用車としては新型セレガが大半を占めていますが、この車はいすゞのガーラなのが特徴です。以前に東京線“フローラ号”の専用車として導入された新型ガーラSHD以来2台目の導入となる個体です。

2011年式のLKG-規制車で、電子制御サスペンションも装備する標準仕様のハイデッカーとなります。カラーリングは昼行高速車に共通して施される緑色系のデザインを纏っており、昼行高速仕様ながら側窓は全固定+濃色グリーンガラスの組み合わせとなっています。ホイールはアルコア製10穴アルミを履いています。

車内は4列シートが並び、側窓が全固定の関係で補助席の設定はありません。公式側の後部にトイレを備え、繁忙期には東京線の続行便としても運行可能な仕様になっているようです。ちなみにかつては秋田空港へのリムジン路線で使用されていたこともありました。またリアのフォグランプを増設した寒冷地仕様になっています。
☆車両情報☆

・保有事業者 →秋田中央交通
・登録番号  →秋田200 か ・868
・社内番号  →
・車種    →いすゞ/GALA HD
・形式    →LKG-RU1ESBJ
・クーラー  →直結冷房(屋根上)
・車内仕様  →4列シート/後部トイレ
・用途    →高速
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

西日本鉄道 3870

イメージ 1

西日本鉄道が保有するNew GALA。

パッと見では西鉄観光バスの車かと思いきや、よく見ると西日本鉄道本体に在籍する貸切車でした。カラーリングは西鉄観光バスと同じ“青い鳥カラー”を纏っていますが、フロントの社名表示窓を含めた社名表記やロゴ類が違うのが識別点です。フロントガラス下には社番表記と合わせて所属営業所も描かれているのが特徴ですね。

2017年式のQTG-規制車で、同年には他の営業所や西鉄観光バスへの導入も含めて複数台が導入されています。西鉄観光の同型車はスモークガラスの側窓ですが、当車についてはグリーンガラスとなっているのが特徴で、窓割は1番のみ固定・2〜5番T字の組み合わせです。ホイールはアルコア製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦11列の正席45席、補助席の数や後部サロンの有無については確認できていません。最近の新車には各座席にコンセントが設置されているようで貸切車ではまだまだ珍しい装備ですね。ちなみに宇美自動車営業所に2台配置されたうちの1台で、桧原や片江、土井など各営業所にも配置されているようです。
☆車両情報☆

・保有事業者 →西日本鉄道
・登録番号  →福岡200 か 3870
・社内番号  →1177
・車種    →いすゞ/GALA HD
・形式    →QTG-RU1ASCJ
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

桜交通 2044

イメージ 1

桜交通が保有するNew GALA。

同社が運行を担う乗合高速バス“キラキラ号”で使用される専用の新型ガーラです。夜行ツアーバス時代に旅バスから運行を引き継いだ同社ですが、車両についてもそのまま移籍してきたものと桜交通が新製導入したものが存在します。ボディ側面に描かれる「KIRAKIRA-」の数字は通し番号で増え続けています。

2015年式のQTG-規制車で、ダッシュボード上には車線逸脱警報用の画像センサーが確認できます。元々は相模ナンバーの希望番号登録でしたが、習志野ナンバーへの変更に伴い払い出しナンバーになっています。側窓は全固定+スモークガラスの組み合わせとなっており、ホイールはアルコア製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦10列の正席40席のみ、トイレの装備は無いですが少し広めのシートピッチが特徴でしょうか。旅バスからの引継車については行先表示がサボ式でしたが、新車で導入された当車はLED表示になっています。運用路線は固定ではないとみられますが、撮影時は関東→関西便の夜行便で到着でした。
☆車両情報☆

・保有事業者 →桜交通
・登録番号  →習志野200 か 2044
・社内番号  →KIRAKIRA-51
・車種    →いすゞ/GALA HD
・形式    →QTG-RU1ASCJ
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →乗合
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

國伸運輸 ・638

イメージ 1

國伸運輸が保有するNew GALA。

既に掲載している「山梨230あ1688」「山梨200か670」と並んで同社の主力を担う新型ガーラSHDですが、細部の仕様が車両によって違うのが興味深いですね。この車は出元としては670号車と同じ出自ですが、アクセントピラーがゴールドに塗られているのと、フロントガラス下の黒色部分にラメが吹かれているのが特徴です。

2007年式のPKG-規制車と見られ、クーラーカバーには凹みが入る前のモデルです。転入前の事業者では都市間ツアーバスで活躍していた個体で、フロントの社名表示窓のLED表示器はその名残です。夜行運用が多かったため側窓も全固定+スモークガラスの組み合わせが特徴で、ホイールはアルコア製10穴アルミです。

車内は補助席なしの4列シートが並んでいますが、詳しい配列は分かりません。前事業者時代のままであれば縦10列の正席40席のみですが、現事業者への移籍時に座席数の変更改造を受けている可能性があります。車両ごとに与えられる個別の愛称は“Endless”が付けられ、フロントバンパー部のデイライトの設置はありません。
☆車両情報☆

・保有事業者 →國伸運輸
・登録番号  →山梨200 か ・638
・車両愛称  →Endless
・車種    →いすゞ/GALA SHD
・形式    →PKG-RU1ESAJ
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   → 

この記事に

開く コメント(0)

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事