S'ELEGA-LAのバス撮影記録 Part.2

旧ブログより移転しました。今後とも、宜しくお願い致します。

エアロMS9シリーズ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

菰野東部交通 1587

イメージ 1

菰野東部交通が保有するエアロエース。

同社の現在の主力車種になっているMS9系エアロエースですが、自社発注車はQRG-代以降の車しかないのでこの車は他社からの中古転入車となります。自社カラーを纏っているもののフロント周りの塗り分けが他車とは異なっているのも、前事業者時代からの塗り分けをそのまま使用しているためで、少し違和感があります。

2009年式のBKG-規制車で、元々は関東圏の貸切事業者が新製導入した個体になります。新製時から都市間ツアーバスで活躍していた関係でフロントとサイドにLED表示器を備えているのが特徴です。側窓は1〜4番T字・5番固定+スモークガラスの組み合わせとなっており、ホイールは住金製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦9列の正席36席のみ、トイレや後部サロンは有りませんが広いシートピッチが特徴ですね。これも新製時の夜行ツアーバスでの運用からそのまま使用されているもので、シート自体も大型でレッグレスト・フットレストも備えています。フロントバンパー部にはMDAS-靴離潺蠻肇譟璽澄室光部が付いています。
☆車両情報☆

・保有事業者 →菰野東部交通
・登録番号  →名古屋231 あ 1587
・社内番号  →2507
・車種    →三菱ふそう/エアロエース
・形式    →BKG-MS96JP
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

東京空港交通 2920

イメージ 1

東京空港交通が保有するエアロエース。

同社では一大勢力を誇る台数にまで増加したMS9系エアロエースで、かつての西工02MCボディ車のような存在ですね。新型セレガやガーラも並行して導入されてい入るものの、現行の新規制車となってからもMS0系のほうが圧倒的多数で増え続けている所を見ると、今後の主力は三菱ふそう車になっていくのでしょう。

2015年式(9月導入)のQTG-規制車で、公式側後方のルーバー開口部が大型化され運転注意力モニター「MDAS-掘廚稜鮴認識カメラ形状変更後のモデルです。クーラーは屋根上搭載のデンソー製直結式、側窓は1〜4番T字・5番固定+スモークガラスの組み合わせとなっています。ホイールはアルコア製10穴アルミを装着です。

車内は4列シートが並んでおり正席42+補助席8で合計50席、公式側の後部にトイレを備えています。同社におけるQTG-代のMS9系としては最初期の車で、平和島に配置されています。撮影時は通常貸切車で運行される航空会社のクルー輸送用の表示を出していただきましたが、路線車ならではの側面LEDが興味深いです。
☆車両情報☆

・保有事業者 →東京空港交通
・登録番号   →品川200 か 2920
・社内番号  →673-50950M96
・車種     →三菱ふそう/エアロエース
・形式    →QTG-MS96VP
・クーラー   →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/後部トイレ
・用途    →リムジン
・その他   →
※営業所内で特別に許可をいただき撮影。

この記事に

開く コメント(0)

SNAP俱楽部 ・148

イメージ 1

SNAP俱楽部が保有するエアロエース。

当ブログでは過去にKC-代のエアロクイーンを掲載した事業者です。当車は郡山ナンバーでの登録から福島県耶麻郡の本社ではなく郡山営業所に配置の車とみられ、前述のエアロクイーン兇いる長野県上伊那郡の営業所と合わせて3か所に拠点があります。カラーリングはオリジナルでエアロクイーン兇箸楼磴Ε妊競ぅ鵑任后

2014or2015年式のQRG-規制車で、公式側後方のルーバーが大型化されていますがダッシュボード上のMDAS-靴稜鮴認識カメラの形状が変わる前の個体です。自社発注の新車ではなく中古転入車で、屋根全体に残る青い塗装が前事業者の名残です。側窓は1〜4番T字・5番固定+スモークガラスの組み合わせとなっています。

車内は4列シートが並んでいるようですが、補助席の数や後部サロンの有無など詳細は分かりません。後部屋根上にはオプションのリアスポイラーを装備するのが特徴で、前輪右脇のサイドウインカーはクリアレンズに交換されています。ちなみに以前には本社の配置で「会津200か304」の登録歴がある車だと思われます。
☆車両情報☆

・保有事業者 →SNAP俱楽部
・登録番号  →郡山200 か ・148
・社内番号  →
・車種    →三菱ふそう/エアロエース
・形式    →QRG-MS96VP
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

阿波観光バスサービスが保有するエアロクイーン。

かつての阿波観光バスの社名で営業していた事業者で、平成26年のアイネットグループへの加入と同時に事業譲渡し現在の社名に変更しています。本社は徳島県徳島市に置いていますが、アイネットや鳴門観光バスの本社と同じ徳島県板野郡松茂町の住所に鳴門支店があります。グループ共通カラーも採用されています。

2008年式のBKG-規制車で、自社発注車ではなく他社からの中古転入車となります。同社では唯一のBKG-代のMS9系エアロクイーンで、側窓は1番と5番が固定・2〜4番T字+濃色グリーンガラスの組み合わせとなっており、クーラーは三菱重工製床下サブエンジン式を搭載です。ホイールはアルコア製8穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦11列の正席45+補助席6の合計51席、後部サロン無しのシンプルな仕様です。後に自社発注にて導入されたQTG-規制のエアロクイーンでは後部回転サロンを備えています。エアロクイーン兇MS8系エアロバスの中には先々代のカラーリングを纏う車も残っているようで、3種類の塗装が存在することになります。
・保有事業者 →阿波観光バスサービス
・登録番号  →徳島230 あ ・・24
・社内番号  →
・車種    →三菱ふそう/エアロクイーン
・形式    →BKG-MS96JP
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

マリーナ観光が保有するエアロエース。

平成9年に設立された比較的新しい事業者で、以前は脇町観光バスの社名で営業を行っていました。現在の本社は徳島県小松島市に置いていますが、かつての脇町市の住所も営業所としてそのまま残しているようですね。保有車両は他社からの中古転入車が中心ですが、カラーリングは画像のカラフルなデザインが標準です。

当車は2017年式のQTG-規制車で、自社発注にて導入された新車です。おそらく自社発注の新車はこの車が初めて、またMS9系エアロエースは2台目だと思われます。クーラーは屋根上搭載のデンソー製直結式、側窓は1〜4番T字・5番固定+スモークガラスの組み合わせです。ホイールは住金製10穴アルミを履いています。

車内は4列シートが並んでいますが、公式ホームページに情報も掲載されておらず詳細は分かりません。もう1台在籍するエアロエースはQRG-代の床下直結エアコンを搭載した中古転入車で、前事業者の名残なのか少しベースカラーが異なっています。後部屋根上にはオプションとなるリアスポイラーも装着してあります。
☆車両情報☆

・保有事業者 →マリーナ観光
・登録番号  →徳島200 き ・・・1
・社内番号  →
・車種    →三菱ふそう/エアロエース
・形式    →QTG-MS96VP
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事