S'ELEGA-LAのバス撮影記録 Part.2

旧ブログより移転しました。今後とも、宜しくお願い致します。

エアロMS8シリーズ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全83ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ネクストロード ・460

イメージ 1

ネクストロードが保有するエアロクイーン機

2016年頃に設立された新規参入組の貸切事業者で、インバウンドを主として営業しているようです。保有車両は様々な事業者からの転入車で賄われているようで、画像のU-代のMS8系エアロクイーン気里曚、スーパークルーザーSHDなど今では珍しい古参車が多く残っています。エアロクイーンMVもまだ現役なのでしょうか。

年式は不明ですが、フロントバンパーの形状からU-規制車となる1台です。新製事業者を含めこれまでの経歴も分かりませんが、ブルーベンドガラスの側窓が特徴で1〜4番T字・5番のみ固定の組み合わせとなっています。クーラーは三菱重工製床下サブエンジン式、ホイールはトピー工業製エクスモードの8穴アルミを装着です。

車内は4列シート×縦11列の正席45席、補助席の数と後部回転サロンの有無については不明です。側窓部内側の装飾カーテンが辛うじての特徴と思われますが、出元が気になりますね。保有車両に決まったカラーリングはなく、前事業者のカラーを残したものもありますが、ほとんどは当車のように真っ白の姿で活躍しています。
☆車両情報☆

・保有事業者 →ネクストロード
・登録番号  →川越200 か ・460
・社内番号  →
・車種    →三菱ふそう/エアロクイーン
・形式    →U-MS821P
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

新栄観光バス 1313

イメージ 1

新栄観光バスが保有するエアロバス。

宮城県登米市に本社を置く事業者で、仙台市青葉区にも営業所を構えているようです。保有車両は23台、大型12m車がメインで大半を三菱ふそう車が占めています。PKG-代の新型ガーラになってからはいすゞ車も複数台入っていますが、現時点での最新車はMS0系エアロエースが入っています。初代セレガも1台いるようですね。

2006年式のPJ-規制車で、自社発注にて導入された個体です。同社には2台在籍する同モデルのうちの1台で、もう1台は2007年式となります。側窓は1〜4番T字・5番固定+グリーンガラスの組み合わせで、クーラーはメーカーオプションのデンソー製床下サブエンジン式を搭載。ホイールはアルコア製8穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦12列の正席49+補助席11で60人乗り(乗員除く)の定員重視仕様で、後部サロンはありません。三菱ふそう車は他にMS9系エアロエースが2台と最新鋭のMS06系エアロエースが1台在籍し、いすゞ車は新型ガーラ4台が在籍しているようです。マジョーラカラーのエアロエースMMが1台いるのが特徴です。
☆車両情報☆

・保有事業者 →新栄観光バス
・登録番号  →宮城200 か 1313
・社内番号  →
・車種    →三菱ふそう/エアロバス
・形式    →PJ-MS86JP
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

はとバス ・881

イメージ 1

はとバスが保有するエアロキング。

同社が保有するエアロキングの大半は順次オープントップタイプの『'O Sola mio』への改造が進められ、原型のままで残るのは最後に導入されたBKG-代のうち2台にとなってしまいました。この車は2016年9月に改造を受けた個体で、同時にカラーリングについてもオープントップ仕様の専用デザインに塗り替えられました。

1998年式のKC-規制車で、新製時は「品川200か34」のナンバーで登録された個体でした。先述のオープントップ改造に際して登録番号は社番と同じ希望ナンバー登録になりました。また併せて2階席部分の側窓ガラスも眺望を良くするため透明度の高いものに取り換えられています。ホイールは住金製10穴アルミを履いています。

車内は4列シートで、2階席については雨による水濡れ対策でビニールレザーのものに交換され最前方にはガイド用の案内席が設けられました。1階席は改造前と変わっておらずシートモケットやヘッドレストカバーもそのままです。他の保有車両と同様に東京オリンピック・パラリンピックの開催記念プレートに交換済みです。
☆車両情報☆

・保有事業者 →はとバス
・登録番号  →品川230 あ ・881
・社内番号  →881
・車種    →三菱ふそう/エアロキング
・形式    →KC-MU612TA
・クーラー  →サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →乗合
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

埼東観光 8888

イメージ 1

埼東観光が保有するエアロクイーン機

個人的には久しぶりの遭遇となった同社の車両です。ホームページには大型3台・中型2台・小型1台の計6台を保有している旨が記載されており、以前よりは少し規模が縮小したような状況でしょうか。大型12m車については初代ガーラKL-代のMS8系エアロクイーン、そして当車を合わせた合計3台が現在のラインナップです。

1998年式のKC-規制車で、乗降ドアにはガイド用の開閉窓を備えています。側窓は青緑色に近い濃色グリーンガラスが特徴で、窓割は両端の1番と5番が固定・2〜4番T字の組み合わせとなっています。クーラーは三菱重工製床下サブエンジン式を搭載、ホイールはトピー工業製エクスモードの8穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦11列の正席45席、補助席の数や後部サロンについては未確認につき不明です。乗降ドア下部のウインカーレンズがクリアタイプに交換されており、またフロントガラス下からサイドミラーカバー、乗降ドア回りにはラメが吹いてあるのが特徴的ですね。側窓に貼られているステッカー類は前事業者時代のものです。
☆車両情報☆

・保有事業者 →埼東観光
・登録番号  →成田234 を 8888
・社内番号  →
・車種    →三菱ふそう/エアロクイーン
・形式    →KC-MS822P
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

睡蓮観光 2022

イメージ 1

睡蓮観光が保有するエアロクイーン供

当ブログで掲載した「札幌230あ8088」とは仕様違いのエアロクイーン兇任后カラーリングは近年標準となった青色ベースのデザインになり、かつての白色ベースは見られなくなりました。また以前は初代セレガGJFDと日野車も多く活躍していましたが、最近は三菱ふそう車のほうが多くなっているような印象を受けますね。

年式は不明、排ガス記号も不確かですがKC-規制車と思われます。8088号車とは出自の異なる個体で、その経歴も気になります。側窓は1番と5番が固定・2〜4番T字+濃色ブロンズガラスの組み合わせとなっています。クーラーは三菱重工製床下サブエンジン式を搭載、ホイールはアルコア製8穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦11列の正席45席、補助席の数や後部回転サロンの有無を含む詳細は分かりません。同社では保有車両の一部が希望番号での登録になっていますが、エアロクイーン兇砲弔い討1011〜5055までの同様の付番方法を取った車を確認しており、8088までの空番の6066・7077も存在するのでしょうか。
☆車両情報☆

・保有事業者 →睡蓮観光
・登録番号  →札幌230 あ 2022
・社内番号  →
・車種    →三菱ふそう/エアロクイーン
・形式    →KC-MS822P
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

全83ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事