S'ELEGA-LAのバス撮影記録 Part.2

旧ブログより移転しました。今後とも、宜しくお願い致します。

セレガR

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

仙建 1025

イメージ 1

仙建が保有するセレガR FD。

秋田県大仙市に本社を置く事業者で、元々は仙建興業の社名で建築業などからスタートしたようです。その後貨物運送業に参入、貸切バス事業は平成15年に事業許可を受けての開始ということでまだ歴史は浅いですね。保有車両については中古転入車が大半と見られ、MS9系エアロエースやセレガR GDなどを確認しています。

年式は不明、サイドミラーステーの形状から2002〜2005年式の後期型のKL-規制車と推測です。元々は関西圏の事業者で活躍していた個体かと思われ、側窓は1〜4番T字・5番のみ固定+スモークガラスの組み合わせとなっています。クーラーはデンソー製床下サブエンジン式を搭載、ホイールは住金製10穴アルミを装着です。

車内は4列シート×縦12列の正席49+補助席11の乗客定員60名、後部サロン無しの定員重視仕様かと思われます。ちなみに同社には連番の「秋田200か1026」と「秋田200か1256」のセレガR GDが在籍し、それぞれ出元は異なるようです。以前はMS7系エアロバスや富士重工17Sなども在籍しましたがさすがに廃車済みでしょうね。
☆車両情報☆

・保有事業者 →仙建
・登録番号  →秋田200 か 1025
・社内番号  →
・車種    →日野/セレガR FD
・形式    →KL-RU4FSEA
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

東京空港交通 1543

イメージ 1

東京空港交通が保有するセレガR FD。

同社では元々導入数の少なかったセレガR FDですが、近年の新車導入に伴い着実に姿を消しつつあります。路線車については箱崎に残る2台が最後の活躍を続けている他、今回掲載の貸切車が2台残るのみになっています。この貸切車については2台が大栄に新製配置されたものですが、現在は天空橋に配置されています。

2004年式(7月納入)のKL-規制車で、標準出力エンジン搭載車です。ハイデッカー(FD)ですが後部屋根上のリアスポイラーを省略しているのが同社のセレガRの特徴で、貸切登録ながら横スライド式のトランクリッドも特徴です。側窓は1〜4番T字・5番固定+スモークガラスの組み合わせで、ホイールはアルコア製10穴アルミです。

車内は4列シート×11列の正席45+補助席5の50人乗り(乗員除く)、後部サロンやトイレの装備は無いシンプルな仕様です。東京オリンピック・パラリンピック開催記念のナンバープレートに交換されているのでまだしばらくは安泰かもしれません。行先表示器の無いシンプルな外観と、磨かれた足回りが貸切車らしい出で立ちですね。
☆車両情報☆

・保有事業者 →東京空港交通
・登録番号  →品川200 か 1543
・社内番号  →09-40750FD
・車種    →日野/セレガR FD
・形式    →KL-RU4FSEA
・クーラー  →直結冷房(屋根上搭載)
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

北都交通 4952

イメージ 1

北都交通が保有するセレガR FD。

様々な車種が投入される同社の空港リムジンバス用車両の中で、一向に増える気配がないセレガR FDです。中古市場に出回っている個体が少ないからなのか、同社が敢えて導入を避けているのかは定かではありませんが、これまで導入されてきた車も長く活躍していないことを思うと同社では扱いにくいのかもしれません。

サイドミラーステーの形状が初期型の個体なので2000〜2002年式のKL-規制車となります。元々は本州で活躍していた中古転入車となり、側窓は1〜4番T字・5番固定+ブロンズガラスの組み合わせとなっています。ホイールは前輪がトピー工業製新型エクスモード・後輪が住金製の10穴アルミを履いています。

車内は4列シートが並んでおり、最前列は例によって荷物置き場として専用のカバーが掛けられています。公式側の後部にはトイレが設置されていますが、前事業者時代からの装備で現在は使用停止扱いとなっているでしょう。行先表示器は各面ともに設置されておらず、フロント・サイドはサボ式による対応になっています。
☆車両情報☆

・保有事業者 →北都交通
・登録番号  →札幌200 か 4952
・社内番号  →
・車種    →日野/セレガR FD
・形式    →KL-RU1FSEA
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/後部トイレ
・用途    →乗合
・その他   →

この記事に

開く コメント(2)

樽前観光サービス 1020

イメージ 1

樽前観光サービスが保有するセレガR GJ。

これまでも当ブログでさまざまな車両を掲載してきた事業者ですが、日野車では初代セレガのGD/GJの各モデルと新型セレガHDを取り上げました。この度、関東圏の貸切事業者からの中古転入でセレガRがようやく登場し、導入当初は前事業者のカラーリングを残した姿で使用されていた時期もあったようです。

サイドミラーステーの形状から2000〜2002年式のKL-規制車で、2分割フロントガラス+低運転席のGJモデルでの導入となっています。同社へは2017年に転入し、今年に入ってから自社カラーへと塗り替えられたようですね。側窓は全T字+濃色ブロンズガラスの組み合わせで、ホイールは住金製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦11列の正席45席、補助席の数や後部サロンについては未確認のため不明です。前輪のタイヤハウス脇にあるウインカーレンズがクリアタイプになっており、乗降ドアのエンブレムと共に小さな特徴といえます。道内でもまだまだ活躍している個体が少ないセレガRですが、今後は増えていくと面白いですね。
☆車両情報☆

・保有事業者 →樽前観光サービス
・登録番号  →室蘭200 か 1020
・社内番号  →
・車種    →日野/セレガR GJ
・形式    →KL-RU1FSEA
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

JRバス関東 ・958

イメージ 1

JRバス関東が保有するセレガR FD。

今や置き換えが進み在籍数が一気に減っている同社のセレガRです。導入時期や投入路線によって様々な仕様が存在し、ハイデッカーのFDだけではなくスーパーミドルデッカ−のFSも導入されました。今残っている車も最後の活躍と言った雰囲気で、そう遠くないうちに新車導入に合わせて姿を消していくのでしょう。

2004年式のKL-規制車で、都市間高速車という用途からかスーパーハイデッカーと同等の高出力エンジンを搭載しているのが特徴でしょうか。乗降ドアは折戸を採用し、側窓は1〜4番T字・5番固定+グリーンガラスの組み合わせとなっています。ホイールはトピー工業製新型エクスモードの10穴アルミを履いています。

車内は4列シートが並んでおり、乗員を含めた定員は53名です。公式側の後部にはトイレを備え、中距離向けの昼行路線仕様となっています。当然ながら高速車として新製導入されたものですが、この車のように貸切登録へと用途変更されている車もあるようです。同社では珍しく新製時から登録番号も変わっていない1台です。
☆車両情報☆

・保有事業者 →JRバス関東
・登録番号  →足立200 か ・958
・社内番号  →H657-03420
・車種    →日野/セレガR FD
・形式    →KL-RU1FSEA
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/後部トイレ
・用途    →高速
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事