初代セレガ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

サイトシーイング蔵王が保有するセレガGJ。

撮影するまで在籍を知らず、保有していたことに驚いた初代セレガです。同社では唯一の存在と思われ、先にセレガR GDは撮影していたものの、どのタイミングで導入されたのでしょうか。元々三菱ふそう車が主力の事業者ですが、最近は新型セレガのスーパーハイデッカー車も導入しており、少し日野車の割合も増えたようです。

年式は不明ですが、ホイールベース短縮後・リアバンパー形状変更後のKC-規制車となるようです。ブルーベンドガラスの側窓が特徴かと思いますが、前事業者はどこなのでしょうね。窓割は1〜4番T字・5番のみ固定の標準的な仕様で、クーラーはデンソー製床下サブエンジン式、ホイールは住金製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦11列の正席45席、補助席の数は不明ですが後部2列には回転式サロンを備えるようです。同社の保有車両の中では経年車とみられさすがにボディ裾には少し傷みが見られます。少し面白いのは、ボディに描かれる三角形の角がセレガRのものと違って尖っている点で、同社でも車両によって違うみたいですね。
☆車両情報☆

・保有事業者 →サイトシーイング蔵王
・登録番号  →山形230 あ ・155
・社内番号  →
・車種    →日野/セレガGJ
・形式    →KC-RU4FSCB
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

開く コメント(2)

空知交通 3904

イメージ 1

空知交通が保有するセレガGD。

相変わらず新しい車を見かけることのない同社の貸切車ですが、趣味的には興味深いラインナップですね。基本的にU-規制車が多く活躍する同社で、当ブログでは過去にエアロクイーン(3659・3682)の2台と、セレガFDを1台掲載しています。当車は同社では初登場と思われるオリジナルカラーを纏ったセレガGDです。

年式は不明、ホイールベースは短縮後・リアバンパー形状は変更前のU-規制車です。平行四辺形のサイドフラッシャーが特徴の中京圏からの移籍車と思われます。側窓は1番のみ固定・2〜5番T字+濃色ブロンズガラスの組み合わせで、クーラーは床下サブエンジン式です。ホイールはアルコア製10穴アルミを装着です。

車内は4列シート×縦11列の正席45席、補助席の数や後部サロンの有無については未確認のため不明です。シンプルなデザインのカラーリングではありますが、同社のロゴが配され星の中にも社章が入っていたりとなかなか良いカラーだと思います。他の車もこのデザインで統一されるようになるのかが注目ですね。
☆車両情報☆

・保有事業者 →空知交通
・登録番号  →札幌200 か 3904
・社内番号  →
・車種    →日野/セレガGD
・形式    →U-RU3FSAB
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

開く コメント(0)

HARUKA ・662

イメージ 1

HARUKAが保有するセレガGJ。

会社情報を調べると東京都で飲食店を展開している会社の関連会社として掲載されています。飲食部門は神奈川県横浜市に本社があるようですが、バスの登録ナンバーは足立もしくは堺なので全く違う場所に車庫があるのでしょう。保有車両の様子から瀬戸内観光と同じか、すぐ近くにあるとみて間違いなさそうです。

年式は不明、ホイールベース短縮後・リアバンパー形状変更後のKC-規制車となる個体です。現在のカラーリングは瀬戸内観光に在籍していた時代のもので、各部の表記を書き換えて使用されています。側窓は1〜4番T字・5番固定+濃色ブロンズガラスの組み合わせ、ホイールはトピー工業製エクスモードの10穴アルミです。

車内は4列シートが並んでおり、公式側の後部には新製時からのトイレを備えています(現在も使用できるかは不明)。登録されている堺ナンバーの払い出し番号は新しく、瀬戸内観光時代に東京側での登録歴がありそうです。同社では唯一の初代セレガと思われ、新車も入っている中でも少しでも長く活躍してほしい1台です。
☆車両情報☆

・保有事業者 →HARUKA
・登録番号  →堺200 か ・662
・社内番号  →
・車種    →日野/セレガGJ
・形式    →KC-RU4FSCB
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/後部トイレ
・用途    →貸切
・その他   →

開く コメント(0)

札幌みらい観光 1610

イメージ 1

札幌みらい観光が保有するセレガFD。

最近設立されたばかりと思われる新しい事業者で、札幌市東区に営業所を置いているようです。公式のホームページは無く詳しい情報は不明ですが、事業開始に当たってはU-規制車を中心に古参車が複数台導入されているようです。初代セレガも当車以外にスーパーハイデッカーのGJモデルが存在するのを確認済です。

年式までは不明ですが、ホイールベース短縮前・リアバンパー形状変更前のモデルなのでU-規制車としても初期のも個体になります。元々は道内の別事業者で貸切車だった車で、側窓は全て開閉可能なT字窓にブルーベンドガラスの組み合わせとなっています。ホイールは一年を通じて10穴スチールを履いているようです。

車内は4列シート×縦11列の正席45席、補助席の数と後部サロンの有無は不明です。赤系の壁紙が貼られたサービスボックスが印象的で、シートモケットも含めて前事業者時代と内装は大きく変わっていないようです。同社の保有車両は「16-」から始まる希望番号での登録になっており、下2桁は導入順なのでしょうかね。
☆車両情報☆

・保有事業者 →札幌みらい観光
・登録番号  →札幌230 あ 1610
・社内番号  →
・車種    →日野/セレガFD
・形式    →U-RU2FTAB
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

開く コメント(0)

奈良交通 ・694

イメージ 1

奈良交通が保有するセレガFD。

いよいよ同社でも稼働する個体が残り少なくなってきた初代セレガで、貸切用としてはどれだけが残るのでしょうか。今回掲載の個体も奈良市内の定期観光用として使用されているもので、同年式の車両がもう1台いるようです。新車導入も着実に進んでいる事から、残っている個体もそう先は長くないでしょう。

1998年式のKC-規制車で、新製登録以降に社内の各営業所を転々としたことから年式に合わない払い出しナンバーで登録されています。側窓は両端の1番と5番が固定・2〜4番T字の窓割にブロンズガラスの組み合わせとなっており、クーラーはデンソー製床下サブエンジン式、ホイールは住金製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦12列の正席49席、補助席の数は不明ですが後部サロン無しの定員重視仕様となっています。定期観光用となった今でも外観は綺麗に手入れされ、ホイールもピカピカに磨かれています。ちなみに公式側前輪脇の給油口の蓋については長らくこの色になっているようで、遠目にも結構目立ちます。
☆車両情報☆

・保有事業者 →奈良交通
・登録番号  →奈良200 か ・694
・社内番号  →
・車種    →日野/セレガFD
・形式    →KC-RU3FSCB
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

開く コメント(0)

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事