S'ELEGA-LAのバス撮影記録 Part.2

旧ブログより移転しました。今後とも、宜しくお願い致します。

西日本車体工業

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

北都交通 4824

イメージ 1

北都交通が保有する西工ネオロイヤル02MC C-機

同社にはあまり導入例がない西工ボディを架装した高速車で、現在のところは西武バスグループから数台が転入したのみでしょうか。日産ディーゼルシャーシでも富士重工21Mボディがまとまった台数で転入しただけに余計に少数派が目立ちますね。また同じ西工ボディ車でも高年式の個体がやってきたのも驚きです。

2006年式のPKG-規制車で、西工ボディとしては最終期のモデルに当たります。前事業者でも空港リムジン路線で使用されていた関係からクーラーは屋根上搭載の直結式を採用、床下トランクは容量が拡大された3スパンです。側窓は全T字+ブルーベンドガラスの組み合わせ、ホイールはアルコア製10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×正席42席、補助席の数は分かりません。PKG-規制車の特徴として、後部トイレを設置した場合にはエンジン周りのレイアウトの関係から他のモデルでは見られない非公式側への搭載となり、それに伴って非常口も中央寄りに設けられています。ただし例によって同社ではトイレは使用停止扱いとなっています。
☆車両情報☆

・保有事業者 →北都交通
・登録番号  →札幌200 か 4824
・社内番号  →
・車種    →日産ディーゼル/西工ネオロイヤル02MC C-
・形式    →PKG-RA274RBN
・クーラー  →直結冷房(屋根上)
・車内仕様  →4列シート/後部トイレ
・用途    →リムジン
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

北九市交通局 3074

イメージ 1

北九州市交通局が保有する西工ネオロイヤル92MC SD-供

同社が導入した貸切車としては初のスーパーハイデッカー車となった西工92MCのSD-兇任后この車の後はフロントマスクが02MCへとモデルチェンジしてからの最後の1台が導入されるまで、複数台が採用されました。画像の紫色ベースのカラーリングも当車からの採用のようですね。愛称は八幡東区の「皿倉山」にちなんでいます。

1998年式のKC-規制車で、シャーシは三菱ふそう製のMS822Pに架装されています。フロントバンパーの形状が少しマイナーチェンジされた後のタイプで、連番の「北九州22か3075」と2台が同期導入です。側窓は1〜4番T字・5番固定+ブロンズガラスの組み合わせとなっており、ホイールは住金製8穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦10列の正席41席、補助席の数や後部回転サロンの有無は不明です。標準的なものよりゆったりとしたシートピッチが特徴ですね。後部屋根上のリアスポイラーは非装着で、リアはすっきりとした外観です。同局の貸切車の中では最古参で、新車の導入に伴う置き換えの日も遠くはないようです。
☆車両情報☆

・保有事業者 →北九州市交通局
・登録番号  →北九州22 か 3074
・車両愛称  →さらくら
・車種    →三菱ふそう/西工ネオロイヤル92MC SD-
・形式    →KC-MS822P
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

伊豆の国観光サービスが保有する西工ネオロイヤル02MC SD-供

静岡県伊豆の国市に本社を構え、社名もそこからの由来なのでしょう。観光バス事業として伊豆の国観光バスが設けられており、本業は旅行業を営んでいます。事業開始当初は他社からの中古転入車ばかりでしたが、QTG-代のエアロエースの新車に続いて最近は2RG-規制の新型セレガSHDが入ったのには少し驚きました。

2003年式のKL-規制車で、日産ディーゼルシャーシとなります。転入自体は最近で、元は富士急行グループで活躍していたスーパーハイデッカーのSD-競皀妊襪任后Bα襪1番と5番が固定・2〜4番T字+グリーンガラスの組み合わせ、クーラーはデンソー製床下サブエンジン式を搭載。ホイールは住金製10穴アルミを装着です。

車内は4列シート×縦11列の正席45+補助席8の53席、後部2列には回転式サロンを備えています。シートモケットは転入前の事業者のままで、フロントバンパー下部に付けられたLEDデイライトと、ボディ後方裾の歯止め入れも特徴ですね。ナンバープレートは東京オリンピック・パラリンピックの開催記念プレートを装着しています。
☆車両情報☆

・保有事業者 →伊豆の国観光サービス
・登録番号  →伊豆230 あ ・・15
・社内番号  →
・車種    →日産ディーゼル/西工ネオロイヤル02MC SD-
・形式    →KL-RA552RBN
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

道北バス 1100

イメージ 1

道北バスが保有する西工ネオロイヤル02MC SD-供

最近の同社には複数台が転入している西武バスからの移籍車で、先に掲載している富士重工17Mに引き続いての導入です。西工車については画像の4列シートの昼行仕様車の他、独立3列シートの夜行仕様とハイデッカーのC型も登場しています。今では新型ガーラも入っており、一気に高速車が若返っていますね。

2004年式のKL-規制車で、先述のように西武バスで高速車として活躍していたものです。同型車が8台活躍するうちの1台で、シャーシは日産ディーゼル製となります。ブルーベンドガラスの側窓が西武バスらしい特徴で、全固定窓となっています。クーラーはデンソー製床下サブエンジン式、ホイールは住金製10穴アルミを装着です。

車内は4列シートの正席34席のみ、側窓は全固定のため補助席はありません。公式側の後部にトイレが設置されており、最後部には交代乗務員の仮眠スペースも備えています。元々シートピッチが広くセンターアームレストやレッグレスト・フットレストも備えた長距離昼行線向けの仕様のため、現在もそのままで使用されています。
☆車両情報☆

・保有事業者 →道北バス
・登録番号  →旭川200 か 1100
・社内番号  →
・車種    →日産ディーゼル/西工ネオロイヤル02MC SD-
・形式    →KL-RA552RBN
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/後部トイレ
・用途    →高速
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

聖高原バス 3654

イメージ 1

聖高原バスが保有する西工ネオロイヤル02MC C-機

元々は長野県東筑摩郡に本社を置く事業者ですが、2016年ごろに愛知県に営業所を開設したようです。セントレア発着のインバウンドい輸送を意識した開設のようで、所在地は愛知県常滑市になっています。この車と近い払い出しナンバーの車が何台かあり、他には新型セレガHDやエアロエース、セレガR GJを確認しました。

年式までは確認できていませんが、石川県のケイ・エスが新製導入した個体と見てほぼ間違いなく、KL-代の日産ディーゼルシャーシ架装車です。側窓は1〜4番T字・5番のみ固定+濃色ブロンズガラスの組み合わせで、天地寸法は標準仕様となっています。ホイールはトピー工業製・旧エクスモードの10穴アルミを履いています。

車内は4列シート×縦12列の正席49席、補助席の数は不明で後部サロンはありません。サービスボックス周りが前事業者を特定する手がかりになりました。後部屋根上にはリアスポイラーも装着していますね。かつてはU-代のボルボ アステローペを2台保有していた事業者ですが、さすがに廃車になってしまっており残念です。
☆車両情報☆

・保有事業者 →聖高原バス
・登録番号  →名古屋200 か 3654
・社内番号  →
・車種    →日産ディーゼル/西工ネオロイヤル02MC C-
・形式    →KL-RA552RBN
・クーラー  →床下サブエンジン式
・車内仕様  →4列シート/トイレなし
・用途    →貸切
・その他   →

この記事に

開く コメント(0)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事