原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

永遠の掟

永遠の掟 創世記28章13節 

今日は創世記の28章を読みました。イスラエル民族の祖ヤコブがベテルで見る夢の箇所で大変有名な箇所です。今日はこの箇所で気になる箇所をご紹介しましょう。

創世記28章13節 ヘブル語原典直訳

13 ・ そして見よ ヤハウエ 自立させられているは 上彼 そして彼は言った 私が ヤハウエ 神らの アブラハム 父あなた そして神らの イツハク  その地は するところの あなたが 寝ている 上彼女  にあなた 私は与えた 彼女 そして に子孫あなた 

創世記28章13節 70人訳ギリシャ語原典直訳

13 ・ その も 主は 彼が上に立てられてしまっていた 上に 彼女 そして 彼は言った 私が  主 その 神 アブラハム その 父 あなたの そして その 神 イサク。 無い あなたが恐れろ。 その 地、 上に する所は あなたが あなたが寝ている 上に 彼女、 あなたに 私は確かに引き渡す 彼女を そして その 子孫に あなたの。


ヘブル語の方を翻訳にします。

そして見よ、ヤハウエが立っているではないか。そして神は言われた。「私が、ヤハウエだ、あなたの祖父アブラハムの神であり、イサクの神だ。あなたは何も心配する必要はない。今あなたが寝ているこの地をあなたとその子孫に与えよう。」

なにげない聖書の言葉ですが、聖書の基本原則を記している箇所なのです。それを知って頂くために先ず背景をご紹介しましょう。

この時、アブラハムの孫ヤコブはただ一人で所持品の杖一本を持って、一千キロ程離れたお母さんの実家に向かう途上でした。その目的は嫁をもらう為でした。

しかし、注意してください。普通はその様な場合従者を引き連れ、結納の品を持ち、ラクダに乗って威儀を整えて出かけるのが当時の常識でした。実際に彼の父イサクの嫁はその様にして迎えられてたのです。しかし、その子ヤコブの場合は全く状況が違います。

お父さんのイサクは確かに下の息子ヤコブを祝福し、妻リベカの実家に嫁取りに向かわせたのですが、しかし、言っている事とやっている事には大きな乖離が存在するではありませんか。

聖書を読む原則ですが、言われている言葉を真に受けていては正しく聖書を読み解く事は不可能です。言っている事が、真実に現実となっているかを必ず照合する事が肝要です。

この箇所もその様な基本原則を摘要すると真実が見えてくる箇所ナノです。

前回、見たように、事の発端は父が長男のエサウに全財産を譲ろうとした所に在りました。それを聞いた母リベカが自分の偏愛する弟のヤコブをそそのかし、父を欺き兄エサウを出し抜き弟のヤコブにそれを横取りさせたのです。

その結果兄が、弟のヤコブを殺害する事を計画したので母の画策で弟のヤコブを自分の実家へ避難させようとした事がじつはヤコブが母の実家へ行く目的であったのです。

父、イサクは口では祝福しておきながら、ヤコブを裸一貫で妻の実家へ使わしたのです。勘当も同然の酷い仕打ちです。当然の事ですが、長い旅の旅費も与えられた様子がありません。妻を受け取る為に必要な結納の品もまた、自分の滞在中の旅費もなかったようです。

そう、父イサクは定の良く、自分を騙した弟のヤコブを放逐したのです。彼が一千キロ離れた母の実家ハランに行き着く保証は全くありません。道案内も護衛も乗り物もそれに帰宅を命ずる言葉も無いのです。

ヤコブには徒歩で、テントも無く、石を枕に野宿していたのです。兄は早3人の妻を娶り、狩猟と言うスポーツに明け暮れていた事と比べるとあまりの酷い弟に対する差別に愕然とします。

この、弟に母が入れ知恵して、父と兄を騙したのですから、当然の報いが=父の復讐がこれだったのです。兄のエサウも溜飲が下がったでしょう。これどでもう、弟は二度と自宅に帰宅する可能性は無いでしょう。安心して父の財産を相続する事が出来たのです。

しかし、神様はその様なイサクと兄エサウの弟ヤコブに対する仕打ちに対して、今日の言葉が語られるのです。

そう、人間の思惑とは反対の結果です。何も持たない惨めで文無しのヤコブに神様が妻を与え、子孫を増やさせ、その上にアブラハムに与えると約束されたバレスチナの地を与えると約束がヤコブに実現する事を示されたのです。どの様な人間の思惑も、また悪意も神様の御旨の実現に支障をきたすような重大な影響は持ちえないのです。

その意味で、この聖書箇所は大切な原則を記しているのです。人間、それも親が、子供に成したあからさまな差別が反対に真実の祝福となる事をこの聖書の言葉は明白に記しているのです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事