原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

精力旺盛君

精力旺盛君 創世記38章4節 

昨日はヤコブの育児が失敗し、兄弟がいがみ合い、父に偏愛されていた弟ヨセフが奴隷に売り飛ばされたと言う、兄弟達の犯罪をみました。今日は、その続きです。上記の箇所が今日読んだ創世記38章の内容を端的に表しています。早速、何時もの様に直訳をご紹介します。

創世記38章4節 ヘブル語原典直訳

04 ・ そして彼女は孕んだ 繰り返す そして彼女は子を産んだ 息子 そして彼女は呼んだ を その名彼 オナン(精力旺盛=英vigorous) 

創世記38章4節 70人訳ギリシャ語原典直訳

04 ・ そして 共に取っ(妊娠し)たは 尚 彼は子を産んだ 息子を そして 彼は呼んだ その 名 彼の アウナン。 

ヘブル語の方だけ翻訳にしてみます。

04・そして彼女は再び孕んで息子を産んだ。そして彼女はその子の名をオナン(精力旺盛)と名付けた。

何て言う親だろうと思います。よりによってこんな名前を次男につけるとは! しかし、今日の創世記38章の内容を端的に表す言葉と言わざるを得ません。説明します。

 創世記38章にはユダヤ民族の直接の祖,ユダ部族の先祖ユダについて記されています。1節を見て頂くと分かるのですが、彼は弟ヨセフを奴隷に売り飛ばす事の発案者(創世記37章27節28節)でした。その結果、父ヤコブの苦しみを見かねて兄弟達の目をさけて一人暮らしを始めるのです。そして、見初めたのが淫らなカナン人シュアの娘でした。彼女がユダに3人の男の子を生みます。そして長男の名がエルと言います。やがて彼が成人しタマルと言う名のカナンの女を嫁にします。そしてすぐに、エルが死んだのです。そして、ユダヤの掟によって問題のオナン(精力旺盛)君がタマルを娶り長男の家の跡取りを産む義務を課せられたのです。

  オナンはもしもタルマに自分の子が産まれてもユダヤ法的に兄の子となり兄の名を名乗り、父の財産を相続する事になるのを疎み、タマルの体内に射精する事を避けて地に流していたと言うのです。この故事から英語の「オナニー」と言う言葉が産まれたそうです。

  そして、神様はオナンも死ぬ様にしてしまわれたのです。さらに、その直後、ユダの妻も突然死ぬのです。何故、こんな不幸がユダの身に起きたのかは自明です。そう、自分の弟、ヨセフを奴隷に売り、父ヤコブには弟「ヨセフが獣に裂き先殺された。」と知らせ、父に愛する者を失わせる悲しみを味あわしたのと同じ苦しみを自分が経験させられたのです。

  しかし、これだけ神様に罪を自覚する様に仕向けられても、強情なユダは゛素直に自分の罪を認め、父に自分罪を告白して許しを乞うことはプライドが許しませんでした。

  そればかりか、ユダは妻の死の喪が開けると,遊女を買いに出かける始末です。その事が放置されていた嫁タマルに知らされ、彼女は顔をベールで多い、遊女を装って、自分の死んだ夫の父ユダに身を売りその子を孕むのです。

 興味深いのは、嫁タマルの売春がその本当の売春相手である義父のユダに知らされた時のユダの発言です。「タマルを焼き殺せ。」それは当時の掟に従った正当な判断でしたが、当然その相手となった自分も同時に「焼き殺される」べきだったのです。義父ユダの前に引き出されたタマルは売春の相手から確保しておいた品=ユダの「印形と杖」を差し出して、「相手があなたですよ。」と迫る準備をしていたのです。本当に人間は、人の罪は分かっても、身びいきで自分の成した悪行にはこれ程までに無頓着なものかとあきれさせられます。

  そして、タマルからユダの子=ユダヤ人の直接の先祖となる双子のペレツとゼラフが産まれるのです。

 お分かりでしょう、聖書は神様を信じている人々がどんなに罪深く、不道徳でその上大変淫らであるかを包み隠さず記しているのです。さらに、聖書はその中でも取り分け罪深いユダの赤裸々な私生活をことさらに記しているのです。彼こそ、弟を奴隷に売り飛ばした張本人でした。彼は、父の悲しみを見かねても自分の非を認めることができず、その場を逃れて、快楽三昧に明け暮れていたのです。

これはユダにとって安易な現実逃避でした。しかし、逃げても逃げてもその逃避は彼に何の慰めももたらさず、益々自分の悪行の報いを次から次へと自分の愛する家族の上に神様によって報復されたのです。そして、彼にはその行状に相応しい妻が与えられ、産まれた子供達もまたその嫁も、彼に相応しい人が与えられるのです。当然のこととしてそこに産まれる子供達も神様の祝福に預かるにはあまりに罪も欲も深い人たちばかりであったのです。

  そして次章の39章からは、奴隷に売られた弟ヨセフの苦難が連綿と綴られるのです。今日は、弟を売り飛ばしたユダが、最初はいかに罪の深い悪人であったかを記している聖書の記録のご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事