原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

邪悪な顔

邪悪な顔 創世記40章7節 

今日は昨日に引き続いてエジプト王フアラオの宦官のお話です。早速気になる箇所の直訳を記します。

創世記40章7節 ヘブル語原典直訳

07 ・ 彼は尋ねた を 宦官らの フアラオ 所は を(or共に)彼 中で 見守りの 家の 主人ら彼 に言う事の 何故 顔(面)らあなた方 邪悪ら その日 

創世記40章7節 70人訳ギリシャ語原典直訳

07 ・そして 彼は尋ねている その 宦官らを  フアラオの、その 彼らが存在している 共に 彼 中で その 牢屋 側で その主 彼の、 言っているは 何 それは その 顔ら あなた方の 怒って見える 今日? 

創世記40章7節 ヘブル語原典翻訳 ・ 基本的に大差が無いのでヘブル語の方を翻訳にしてみます。

ヨセフは管理を任されている、フアラオの宦官達にいった。「どうして今日は、あなた方の顔が邪悪なのですか?」

今日の箇所に奴隷に売られたヨセフが何故に主人に重用されるかの、秘訣が記されています。そう、彼は人の顔色を見る事に長けていたのです。簡単な秘訣です。しかも、彼は的確に人の表情からその意味する事を察知する才能があったのです。勿論、その素質は、彼が少年時代からお父さんのヤコブに取り入ってきた事に原因が見いだされます。しかも、兄達の顔色は全く伺いませんでした。そう、権力在るものの顔だけをうかがう、如才なさがヨセフの最大の才能だったのです。

そして、もう一つは夢を解きあかす資質でした。そう自分が見た夢を得意になって兄達や父に話したように、彼には夢占いの才能があった様です。夢が深層心理の現れなのか、あるいは神様による未来の啓示なのか、はたまた、単なる過去の記憶の回想なのか、まあ様々な考え方はそれぞれ専門の方にお任せするとして、ヨセフにはその様な夢の意味を解説する才能があった事は確かな様です。

今日は、簡単にヨセフが持っていた才能をご紹介しました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事