原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

モーセ殺害未遂

モーセ殺害未遂 出エジプト記4章24節 

今日は出エジプト記の4章です。気になる箇所をさっそく記します。

旧約聖書 出エジプト記4章24節 ヘブル語原典直訳  

24 ・そして彼が起きた 中でその道 中でその宿泊場所 そして彼は 出会った彼 ヤハウエ そして彼は徹底的に要求した 殺さした事彼  

旧約聖書 出エジプト記4章24節 70人訳ギリシャ語原典直訳 

24 ・ 彼が起きた も 中で その 道 中で その 宿泊所 彼が共に会った 彼に 使者が 主の そして 彼が要求した 彼を 殺す事。

ヘブル語を翻訳にします。

旧約聖書 出エジプト記4章24節 ヘブル語原典翻訳

24・丁度エジプトに向かう道中の宿泊場所で、モーセはヤハウエに出あった。すると神は、モーセを殺すことを要求した。

  サッパリ分からないのがこの箇所です。「神様がモーセをエジプトに遣わされたその道中で、神様ご自身が現れてそのモーセを殺そうとされた」事が記されてあるからです。

  一体なぜ、何の為にこんなことが起きたのかは全くどこにも理由が記されていません。しかしよく似た箇所が聖書にもう一カ所だけあります。それは、民数記の22章にはバラムにイスラエルを呪う為に招かれたバラムがその旅立ちの途中で神様の使いに殺されかけています。(民数記22章33節)

  分かることはどちらも神様は本当に殺す気は無く、未遂に終わりました。しかし、その事が起きた目的は明確だと思うのです。それは神様の言っていないことをあたかも言ったかの様に偽装して自分の利益を計ろうとする誘惑を封じる為であったと思われるのです。

  そして、バラムはその誘惑に負けてイスラエルに敵対し神の命によって処刑されました。(民数記31章8節)と言うことでたといモーセであってもその様な神様を語って、自分の為に悪用する危険があったので神様は遣わす前に、このようなモーセ殺害未遂をなされたのだと思われます。

  他にも、何かモーセが完全な人であってその様な警告は神の人モーセには必要ないという考えの人を良く見かけますが、それは当人の解釈の自由だと思います。

今日は、なかなか理解しにくい箇所のご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事