原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

第十戒

第十戒 出エジプト記20章17節 

今日は有名な十戒の箇所です。そこでこの中で最も重要な戒めをご紹介しましょう。 

出エジプト記20章17節 ヘブル語原典直訳 

17 ・ 無い あなたが欲望する 家の 共にいるあなたの 無い あなたが欲望する 女の 共にいるあなたの そして奴隷彼 そして 侍女彼 そして 去勢牛彼 そして ロバ彼 そして全て 所の に 共にいるあなたの 

出エジプト記20章17節 70人訳ギリシャ語原典直訳 

17 ・ 無い あなたが確かに欲望する その 女を その 近いの あなたの。 無い あなたが確かに欲望する その 家を その近いの あなたの 無いも その 畑を 彼の 無いも その 子供を 彼の 無いも 子供女を 彼の 無いも その 牡牛 彼の 無いも その 軛(ロバ)の 彼の 無いも 全ての 家畜らを 彼の 無いも

出エジプト記20章17節 ヘブル語原典翻訳

17・あなたの仲間の家を得ようとしてはならない。妻や奴隷や侍女に加えて牛やロバなと全てあなたの仲間の家のものを得ようとしてはならない。

 これをもし今日風に翻訳するときっとこうなるでしょう。

出エジプト記20章17節 現代語訳

  あなたは知り会いの家や妻をうらやんだり、他人の部下や使用人に加えてトラクターや車など他人の持ち物を見てから、妬みや羨ましいしさに支配されたりそれを得る為に努力を始めてはならない。

  お分かりでしょうか? この第十の戒めは人の物を見てからそれを欲しがる事の禁止なのです。ということで端的に言うと、今日のコマーシャルなどで触発されて本当に自分が必要としないものまで手に入れようと欲望する事を禁じているのです。

  人が持っていないけれども自分が自ら必要とおもうユニークな能力や資質に加えて、どんな財産、などを自分で得るのはこの戒めの関知する所ではないのです。

  そしてこの戒めの目的は明白です。人の物やコマーシャルを目で見てから欲しがるとき、もしそれが手に入れられれば自分が幸福になれるかも知れませんが、おそらくその場合殆どの物は自分には全く必要の無い物ではないでしょうか。何故なら、もし本当に自分に必要ならば人やコマーシャルを見なくとも自発的に入手しているでしょう。

   そして、おそらく人の物を見てうらやんで手に入れられないと自分が惨めに成るだけです。増してその様な場合に不正な手段を用いる誘惑に自分を晒すことになります。他の戒め=盗むな、姦淫するな等と言う戒めを犯して=犯罪者に成る代価と引き換えによって自分に不要な物を獲得するか、あるいは見えや自慢の為に無用な犠牲を払って入手する愚かな犠牲を支払うだけではないのでしょうか。

  昔、関西のM電気がカラーテレビを売る為に、全く不要なカラーアンテナに取り替え工事を行い、一人の作業員が屋根の上から大声で「カラーの映りはどうだ」といい。下の作業員が「カラーは奇麗に映る。」と言いふらしてその上にカラー着色のアンテナがある家は高価なカラーテレデがあると言う宣伝広告となり、あっと言う間にカラーテレビの売り上げを伸ばしたと言うはなしがありました。 

   同様のやり方で今日の様々なコマーシャルに触発されて本当は自分には不要な物を必要と思い込まされて買わされているのが今日の社会や経済の仕組みで在る様におもいます。

  もしそれが正しいとすれば、今日の社会は神様の前に大変な罪深い時代だと言うことになるのではないでしょうか。

  今日は大切な第十戒めのご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事