原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

聖書翻訳の真実(or現実)

イメージ 1

聖書翻訳の真実(or現実) 出エジプト記28章17節から20節    

 今日は翻訳の真実が分かりやすい箇所のご紹介です。大変長いのですが直訳を記します。今日は祭司が袈裟のようにして肩からかけた「裁きの胸当に配列されたイスラエル12部族の名が刻み込まれた美しい宝石の名を確定する事」の難しさをご紹介します。早速直訳です。 

★出エジプト記28章17節から20節ヘブル語原典直訳  

17 ・ そして あなたは徹底的に満ちさせる 中で彼 取り付けの 石 4 横列ら 石 横列の  赤瑪瑙(カーネリアン) 黄玉(トパーズ)  そして エメラルド(orざくろ石)  その横列 その 一 
18 ・そしてその横列 その 第二 ツロ石(orルビー又はエメラルド)  青玉(サフアイヤ) そして 碧玉(=ヤスパーor縞瑪瑙=オニックスor金剛石=ダイヤモンド )
19 ・ そして横列のその 第三 ざくろ石or琥珀or青玉=ヒヤキント) シエブー(or瑪瑙)   そして 紫水晶(=アメジスト) 
20 ・そして その 横列 その 第四 タルシシ(=黄碧玉 イエローヤスパーor金石or黄縞瑪瑙 ) そして縞瑪瑙(=オニックス) そして 碧玉 (=碧玉)徹底的に網格子するらは 金 かれらが存在する 中で 取り付けら彼ら

★出エジプト記28章17節から20節70人訳ギリシャ語原典直訳

17 ・ そして あなたは下に織る 中で 彼 織られた長服 下に石を 4 行進を。 行進は 石らの 彼が確かに存在する 赤瑪瑙(サルデイオン)、 黄玉(トバーズイオン) そして 緑玉(スマラルドス=エメラルド、別解釈ざくろ石)、その 行進 その 一。 
18 ・そして その 行進は その 第二 炭(or濃灰色、アンスラクス、ヘブル語ツロ石= ルビー又はザクロ石) そして 青玉(サプフエイロス=サッピラ) そして 碧玉(ヤスピス ヘブル語縞瑪瑙? 別解釈 ダイヤモンド)
19 ・そして その 行進は その 第三 透明(リグリオン ヘブル語は 琥珀又はザクロ石) 、アカテエの (原意不明 ヘブル語 シエブー 原意不明) そして 紫水晶(アメジスト=酔わない )。
20 ・そして その 行進は その 第四 金石 (ヘブル語 BDB黄縞瑪瑙 別解釈 緑柱石) ベルーリオン(原意不明 ヘブル語 縞瑪瑙 又は緑柱石?) そして 縞瑪瑙(オニックス=鷲の鉤爪 ヘブル語は碧玉) 。周囲を頭覆いされているを 金に 、共に縛られているを 中で 金 彼らは存在しろ 下に  行進を 彼らの。

★新約聖書ヨハネの黙示録21章 19節から21節 ギリシャ語原典直訳(参考の為) 

19 ・ その  入り口通路らは  その 城壁の その 町の 全て 石に 価格に 整えられているらは。 その 入り口通路らは  その 第一は 碧玉(ヤスピス)、 その第二は サヤアイヤ(サルフイドス)、その 第三は 玉髄(硫酸銅カルケドン)、その 第四は エメラルド(スマラグドス)、
20 ・ その 第五は 縞瑪瑙(サルトニュクス)、その 第6は  赤瑪瑙(サルデス)、その 第7は 金緑石(アレクサンドル石→クルソリソス)、その 第8は 緑柱石(ベルーロス)、その 第9は 黄玉(トパージオン)、その 第10は 緑玉髄(クルッソプラトス→インド産)、 その 第11は  青玉(ヒュアキントス)、その 第12は  紫水晶(アメジストス)。 
21 ・ そして その 12 入り口通路らは  12 真珠らは(マルガリータ)、上に 一 各々 その入り口通路らの かれらは存在していた 出て 一 真珠。 そして その 入り口通路は その 町の 金を 清いを 様に ガラス 光が通過するの。

上記の胸当ての宝石の配列をそれぞれ纏めたものです。(新約聖書は天国土台石の12部族を象徴する宝石)
★ヘブル語原典の直訳 
赤瑪瑙、黄玉、エメラルド
ツロ石、青玉、碧玉
ざくろ石、シエブー、紫水晶
タルシシ、縞瑪瑙、碧玉
★70人訳ギリシャ語原典直訳
赤瑪瑙、黄玉、緑玉
炭、青玉、碧玉
透明、アカテエ、紫水晶
金石、ベルーリオン、縞瑪瑙
★新約聖書黙示録21章ギリシャ語直訳 
碧玉、サヤアイヤ、玉髄
エメラルド、縞瑪瑙、赤瑪瑙
金緑石、緑柱石、黄玉
緑玉髄、青玉、紫水晶

  何が言いたいかお分かりでしょうか。随分と宝石の名称が不確定なのです。これ以上は原文からは明確に出来ないのです。その理由は、新約聖書が2千年前の古典、70人訳ギリシャ語旧約聖書が2400年前の古典、そして旧約聖書が3400年前の古典であると言うことに起因しています。

  宝石一つをとってみても一体どれが今日のどの宝石に該当しているのか半分程度しか今の聖書語学の知識では正確に決定出来ないのです。古代の博物誌と言う書物がかなり参考になりますがやはり決定は困難です。

  一次が万事、聖書が正確に翻訳されていると口では言えても、実際には分からないことが山ほど存在しているというのが偽らざる聖書翻訳の真実=現実なのです。

  今日は、大変分かりやすい聖書に登場する宝石の特定の難しさを簡単にご紹介しました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事