原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

コルバン

コルバン レビ記1章 2節 

今日から毎朝のデボーションの聖書箇所がレビ記になりました。早速今日の聖書箇所から気になる箇所をご紹介しましょう。

レビ記1章 2節 ヘブル語原典直訳 

02 ・ あなたは徹底的に話せ に 息子らの イスラエル そして あなたは言う に彼ら 男は として 彼が近づかせる からあなた方 近づく(奉納) に ヤハウエ から その 家畜  から その 獣群 そしてから その 群れ あなた方は近づかせる を  近づく(奉納)あなた方 

レビ記1章 2節 70人訳ギリシャ語原典直訳 

02 ・ あなたは言え その 息子らに イスラエルに そして あなたは確かに言う 方に 彼ら 人間は 出て あなた方の もし 彼が方に導く(為) 賜物らを その 主に から その 家畜ら、から その 雄牛ら そして から その 羊ら、 あなたがたは方に運べ その 賜物らを あなた方の。

特に翻訳は不要かと思います。気になる言葉はヘブル語で「コルバン」で直訳すると「近づく」一般の翻訳では「奉納」かあるいは「献げ物」となり、この語を70人訳は「ドーロン=無償の賜物」と訳出しています。 

 イエスキリストが新約聖書のマルコの福音書7章11節でパリサイ人との議論で「父母を尊ぶ品物をコルバン(=献げ物)にしてしまったと申し出れば父母には孝行しなくて良い。」と糾弾した箇所に登場する言葉です。

 この言葉の詳しい解説は止めておきますが、旧約聖書、特にレビ記には頻繁に登場する言葉です。そして、この献げ物を意味するコルバンと言うヘブル語の意味は神様に自分が「近づく」と言う事なのです。

  そして70人訳はこれをドーロンと訳出しています。こちらは「無償の賜物」=プレゼントと言う意味で。お礼ではなく、神様の恒日頃の恩恵に対する感謝を表す無代価の贈答品を表しています。と言う事で、献げ物=献金とは、神様に要求を通す為の代価でも無く、また何かをお願いするための寄付でもなく、感謝を表明する事と神様へのお近づきの印と言う事になります。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事