原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

退化論

退化論 レビ記14章21節、22節

今日は昨日の「打撃」病からいやされた人が献げる生贄のお話です。早速気になる箇所をご紹介しましょう。

旧約聖書レビ記14章21節、22節ヘブル語原典直訳

21 ・そして もし 貧しい 彼 そして 無い 手彼 届かした そして彼は取る 小羊 一 違反祭 に 揺祭 に徹底的に覆う事 上彼 そして 1/10 小麦粉 一 混ぜられた 中で 油 に 献物 そして

 ログ(1/2L)の 油 
22 ・そして 2らの 山鳩 又は 2らの 息子の 鳩 所は 彼女が届かした 手彼  そして彼が存在する 一 その罪祭  そして そしてその一 全焼犠牲 

旧約聖書レビ記14章21節、22節70人訳ギリシャゴ原典直訳

21 ・ もし も 彼が自分のために貧乏している そして その て 彼の 無い 彼が見つけた(為)、 彼は確かに取る 小羊を 一 中へ する所は 彼が調子を外した(ヘブル語違反祭) 中へ 上に取った その結果  外に宥められたる事 関して 彼 そして 十分の一 小麦粉 練粉されているの 中で オリーブ油 中へ 犠牲 そして カップ(ヘブル語はログ=1/2 ℓ) オリーブ油 一  
22 ・ そして 2 山鳩らを それとも か 2 若い 家鳩らの、全体を 彼が見つけた その 手 彼の、 そして 彼が確かに存在する その 一 関して 罪 そして その 一 中へ 全焼犠牲。 
旧約聖書レビ記14章21節、22節ヘブル語原典翻訳

21・もしその人が貧しいなら、無理が無ければ小羊を違反祭として小麦を2圓肇リーブ油500㎖を献げる。22・もし、無理なら山鳩2羽かあるいは小鳩2羽でも良いから罪の為の生贄として焼き尽くす生贄にしなさい。

考えさせられます。昔のイスラエルと言う国は罪本位性と言って良いかと思います。即ち国家の財政収入は唯一、聖書の規定に反した罪の贖いの為に神の宮で献げられる生贄でした。お金持ちは雄牛や羊に加えて山羊にそれぞれ相応しい量の小麦粉やオリーブ油を添えて祭司に献げていました。これによって祭司=当時の司法、行政、律法府=の必要経費として公平に分配して国家の上に立つ人々の生活経費=人件費として支出されていたのです。

まあ、今日の公共料金+税金と言う事です。そしてそれらは聖書に記された規定に違反した時に生贄として神殿でささげられ、それが祭司(上級官僚)やレビ人(下級官僚)に配分されました。それがあって初めて古代のイスラエル国家は成り立っていたのです。

そして、この病気が直った人の献げ物は、いわば国民健康保険税の様な物でした。当時は貨幣経済がありませんでしたので物品が貨幣と同等の交換可能な有形資産であったからです。

この、公共料金でもあり、また同時に税金でもあった生贄が、献げる人の経済事情によって牛、羊か山羊、鳩、子鳩と選択可能でした。また貧富に関わらず公共サービスの質には変化が無かったことがここに記されているのです。

いまから3400年前の聖書の規定と今日の近代国家の財政問題や税のあり方と公共料金の一律値上げの凄まじさを目の当たりにする時に、人類は退化したという退化論者が正しい歴史観を持っているのではと思わされます。

今日は、聖書に記された古代イスラエル国家の公共料金のシステムのご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事