原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

初期の法則

初期の法則 レビ記24章14節 

 今日はレビ記の24書を原典で読みました。いくつか重要な箇所が在りましたが一番大切な事を今日はご紹介する事にします。早速何時もの様に直訳です。 

旧約聖書レビ記24章14節ヘブル語原典直訳 

14 ・ あなたは来させろ を その徹底的に軽蔑する 上 から外側 にその宿営 そして彼らはもたれる 全て その 聞いたらは を 手ら彼ら 上 頭彼 そして彼は石打ち刑する を彼 全て その会合 

旧約聖書レビ記24章14節70人訳ギリシャ語原典直訳 

14 ・ あなたは外に導き続けろ その 下に言(呪)ったを 外に その 宿営の、 そして 彼らは確かに上に置く 全てらは その 聞いたらは その 手らを  彼らの  上に その 頭 彼の、 そして 彼らは確かに意志投げにする 彼を 全てらは その 会衆。

旧約聖書レビ記24章14節ヘブル語原典意訳

14・あなたは神を呪った男を野営地から引きずり出して、その言葉を聞いたものがその男の頭に手を於いて罪を負わせ、出席者全員で手をくだしてその男に石を投げつけて処刑しろ。

  ものすごい事が記された聖書の箇所です。神様に逆らい神様を罵倒した男に対する処刑を神様が指示された箇所です。きっとこんな事を今日の教会にそのまま適用したら、聖職者と呼ばれる人々の過半数と信者たちも殆ど石打ちにされてしまうだろうと私は確信しています。

  だからといってその様な事が成されるべきだと私か言いたいのではありません。この箇所から聖書の大切な原則を皆様にご紹介したいのです。それは聖書を理解するために大変重要な「初期の法則」です。これは聖書を理解する時に知っておくと大変有用な原則なのです。

  たとえば、聖書に使われているヘブル語やギリシャ語の単語が聖書の一番最初に登場する場所の意味が、その後その単語が登場する場合の意味を規定していると言う事なのです。

  有名な聖四文字のテトラグラマトロン=ヤハウエと言う言葉ですが、聖書の最初に登場するのは出エジプト記当3章です。14節ではその意味が説明されていて「エヒエ アシエル エヒエー=私が存在している 所の 私が存在している。」と言う意味のヘブル語なのです。

注:聖書の中で最初にモーセによって記されたものは創世記では無く、出エジプト記です。何故なら出エジプトの後にモーセが出エジプトの以前のイスラエル民族の系譜である創世記を荒野の40年間の放浪の期間中にか記したのです。ですから最初に登場するヤハウエと言う聖四文字は出エジプト記の3章になります。 

 この初期の法則は、単語の意味だけではありません。神さまの掟に違反した場合の罰則も実は最初丈しか神さまの決定は記され無いのです。今日の箇所以降「神さまの御名を呪って処刑された人間」を聖書は記していないのです。勿論これ以後御名を呪った人間が起きなかった訳ではありません。神さまは御心=御名を呪うものを神さまは本気で殺すと言うことをこの箇所で表明されただけなのです。

  これ以後も、もし神さまが御名を呪った者を処刑しつづけられたら、おそらく現在の地上には人間は一人も存在しなくなった事でしょう。同じように安息日の禁令を犯した人間も最初に禁を犯した人間だけが処刑されているだけなのです。民数記15章32節)  

 と言う事で今日は神様は「最初に神さまの御心を明確にされる」と言う聖書を読む時の重要な原則の一つ「初期の法則」のご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事