原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

40年の刑罰

40年の刑罰 民数記14章33節 

今日は昨日のイスラエルの民が第三の御心を要求して、その結果神様を怒らせ、荒野で全て殺害される事が告げられた箇所です。きっと今日の箇所の意味することは殆どの人に理解不能な事だと思います。さて早速直訳です。 

旧約聖書民数記14章33節 ヘブル語原典直訳 

33 ・そして息子らあなた方 彼らが存在する  羊飼いら 中でその荒野 40ら 年 そして彼らは担ぎ出す を 姦淫(偶像礼拝)らあなた方 まで 完全に満たす事の 死体らあなた方 中で その荒野

旧約聖書民数記14章33節 70人訳ギリシャ語原典直訳
 
・ その も 息子らの あなた方 彼らは確かに存在する 放牧しているらは 中で その 荒野 40 年 そして 彼らは確かに上に運ぶ その 邪悪を あなた方の、まで ともかく 彼が滅ぼされる(為) その 死体ら あなた方の 中で その 荒野。

旧約聖書民数記14章33節 ヘブル語原典意訳

33・あなた方はこの荒野で40年間羊飼い刑に処す。それはあなた方が持ち出した他の神々に礼拝した結果だ。この荒野をあなた方の死体で満たしてやる。

 なんとも聖書の言葉らしからぬ記録です。しかし、これが出エジプトの結論なのです。「たかが斥候を出したぐらいで神様が怒り猛るのはおかしい。」と思われるかもしれません。しかし、聖書は出エジプトの最初からイスラエルの民が10回にわたって神様を侮辱して来た事を明記しています。(22節)だから問題はこれだけではなかったのです。そして、以前お話しした様に、荒野で骸骨となり髑髏を晒す事がエジプトを出た全ての20才以上の男子の報いだったのです。 

  そして、新約聖書の第一コリントの手紙でパウロは現在の教会に集う人々への警告としてこの出来事を位置づけています。(1コリント10章5節6節)

  まあ、聖書とはその様な書物なのですが、これを記したモーセには更なる意味深いものが有りました。それはモーセ自身が無実のエジプト人を殺害した結果、40年間この同じシナイの荒野で40年間羊飼いの刑に処せられていたからです。そして、残酷なことにモーセ自身も新たにこの同じ荒野でもう40年間只死を待って苦しまなければならない立場に落とし込まれたのです。水も無い荒野の夏の熱さ、冬の夜の寒さ、家畜の餌を捜し求めて荒野を異動する厳しさ。それらを熟知しているモーセに、神様は同様の刑罰を民全員に与えると言わせたのです。 
  
  こんな結果をもたらす事が分かっていたらモーセはイスラエルをエジプトから導き出せと言う神様の召しを拒絶したことでしょう。 モーセは神様の声を聞いたばかりにこんな酷い経験を自分だけでなく、自分に従った多くの人に味合わせる苦しみにも耐えなければならなかったのです。

  そう、聖書には何も良いことは書いてないと言って良いかと思います。少なくともモーセに取ってはそれば現実でした。モーセは苦しみ、悲しみ、そして善意で民を導きだして、その結果彼らが荒野で死に絶える事を目の当たりにしなければならない立場に落とし込まれたのです。

 本当に酷いお話です。そして、彼も最後に荒野で死に果てる事になるのです。そうなのです、彼は何一つ報われないのです。地上で! 
  
  そしてこれが、聖書が全巻を通して明白に言っている事なのです。「神様の目に正しく良い事をする人間は地上で酷い目にあわされる。しかし天国で祝福を受けるの。」と言うことなのです。

 お分かりになられますか。これが聖書が言っている最も大切な主題なのです。モーセを初め歴代の預言者 そうしてキリストを初め使徒達が全員地上で酷い扱いを受けるとうい聖書の主題「義人の受難」がここにも見られるのです。
  聖書の主張は「神様がおられる結果、この地上では神様の目から見て悪が必ず勝ち、正義が負ける。」という事なのです。そして「死後の世界=天国で神様が地上で受けた理不尽な処遇の調整=埋め合わせをされる」と言う聖書の主張に繋がるのです。これを逆に言うと、「神の前における悪人は全て地上の祝福を得て死に、死後地獄でその当然の刑罰を受ける。」ということになります。

  今日は理不尽なモーセに課せられた40年の荒野における刑罰の意味することのご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事