原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

誓い宣誓縛り(投獄)

誓い宣誓縛り(投獄)

以前 良心的兵役拒否人(URL: http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/18730126.html 民数記6章6節)を取り上げましたが今日はそれによく似た箇所のご紹介です。早速直訳を記します。 

 旧約聖書民数記30章3節4節(邦訳2節、3節)ヘブル語原典直訳 

03 ・ 男 として 彼が誓う(ナダール) 誓い(ナデル) にヤハウエ それとも 宣誓を建てさせられる事(シャバー) 宣誓(シエブアー) に縛る事(アサール)縛る(イサル) 上 生活彼 無い 彼が神聖を汚させる 言葉彼 として 全て その出て来た から 口彼 彼は作る
04 ・ そして 女 として 彼女が誓う 誓い(ナデル) にヤハウエ そして 彼女が縛る 縛る(イサル) 中で家の 父彼女 中で 少年ら彼女

旧約聖書民数記30章3節、4節(邦訳2節、3節)70人約ギリシャ語原典直訳 

03 ・ 人間が 人間が、 する所は ともかく 彼が確かに祈る 祈りを 主に それとも 彼が誓った(為) 誓いを それとも 彼が自分の為に境界した(為)(ヘブル語=投獄) 境界(ヘブル語=投獄)に 関して その 生活 彼の、 無い 彼が神聖を汚す その 言葉 彼の。全てら、 全体らを もし 彼が外に来た(為) 出て その 口 彼の、 彼は確かに行う。
04 ・ もし も 女が 彼が確かに祈る 祈りを 主に それとも 彼が自分の為に境界(ヘブル語=投獄)した(為) 境界(ヘブル語=投獄)を 中で その 家 その 父の 彼女の 中で その 若い 彼女の

  どうも理解出来ない箇所です。原典ではよく似た言葉が3つ それぞれ2回繰り返して記されています。ヘブル語の文法では独立不定詞と言う事で強調を表しています。 しかし、問題は何故同義語が3回も連続して居るのかが判然としません。何を一体何を意味しているのかその意味が問題なのです。

  最初に登場する誓い=ヘブル語ナダール=はサムエル記の第一の1章21節に預言者サムエルの母ハンナのや父エルカナの誓願と同じ言葉が使われていますので、「何かを神様にお願いして、それが叶えられたらその時に約束したものを神様に献げる」という交換条件の場合に用いられる事柄=誓願と言う事の様です。

  とすると、その様な心の中の願いを叶える為に、宣誓=公に口に出して言うことが伴い、それに対して自分を縛る(=投獄=物絶ちらしい)する事の様です。 

  そして男がこの誓願をする場合は、公に言った段階で有効ですが、女性が誓願をした場合には当然、神様に献げるお返しは当然当時の妻は夫の所有物と言う考えでしたから、父なりの所有物を神様に捧げる事になるので、夫または家長の父の承諾が必要であると言う事なのでしょう。

  と言う事で今日は神様に対する交換条件の規定を記した聖書の箇所のご紹介でした。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事