原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

中庸の勧め

中庸の勧め 申命記5章32節 

今日は申命記十戒の記されている箇所を読みました。早速直訳です。 

旧約聖書 申命記5章32節 ヘブル語原典直訳 

32 ・ そしてあなた方は見守る に作る事 として 所の 彼か徹底的に命じた ヤハウエ 神らあなた方をあなた方 無い あなた方が巡る 右手 そして 左

旧約聖書 申命記5章32節 70人訳ギリシャ語原典直訳 

32 ・ そして あなた方が確かに見守る 作る事 する所を やり方を 彼が中で命じた あなたに 主が その 神 あなたの。 無い あなた方が確かに外に曲げる 中へ 右 無いも 中へ 左

旧約聖書 申命記5章32節 ヘブル語原典意訳

32・あなた方はヤハウエが命令が行える様に十の戒をしっかり見つめなさい。あなた方は熱心になったり、醒めたりしてはならない。

  ここで、一番大切な事は最初の言葉です。ヘブル語は「シャマール=見守る」70人訳もこれを「フラッソー=見守る」と正確に訳出しています。 と言う事で旧約聖書の教えは「十戒を行う」とう言う事ではないことが分かります。そう、「見守る」と言う事で努力目標と明白に記されているのが旧約聖書の律法の中心十戒の意味する事なのです。 

  逆にいうと、「誰も出来もしない戒め」が「モーセの十戒」の真意ナノです。 だから「絵に描いた餅」として十戒を見守れと教えているのです。当然行えないのですから、「行えなかった事の度に生贄をお詫びに神様に献げろ」と言う事が旧約聖書の目的なのです。当然、その犠牲は祭司たちや国家の官僚=レビ人の生活費に充当されました。今日の近代国家の税金が公務員の生活費になるのと全く同じ仕組みだったのです。

  そして、その事を踏まえるとその後の言葉が正しく理解出来ます。「右=沢山税金(神殿での犠牲)を収め過ぎるな。」と言う事と、「左=脱税(犠牲惜しみ)して私腹ばかりを肥やすな」と言う事なのです。 

 勿論ここで言っているのは国家に対する納税や脱税のお話だけと言う訳ではありません。これを今日の教会に当てはめると献金は1/10以上にしてもまたそれ以下にしてもならない。という意味に成ります。当然献げ物を使う側の国家(教会も含めて)に対しては「増税や公共料金値上げ(歳入増加措置)は厳禁で自主的に収められる納税の範囲内で国家を経営する事」が前提です。と言う事で今日は随分と具体的で理解しやすい現金なお話でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事