原典聖書研究

ギリシャ語に興味ある方は「ギリシャ語」の書庫、 聖書関連記事は「無題」の書庫をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

人間の品質検査(神の試験) 申命記13章4節(邦訳3節)

 今日は神様が人間(神様を信じる人)を試験されると言う箇所です。早速直訳です。

申命記13章4節(邦訳3節)ヘブル語原典 直訳 

04 ・ 無い あなたが聞く に 言葉らの その預言者 その彼 又は に 夢見るの その 夢 その 彼 として 徹底的に試験している ヤハウエ 神らあなた方 を あなた方 に知ることの 何故 存在するあなた方 愛するら を ヤハウエ 神らあなた方 中で全ての 心あなた方 そして 中で全ての 生活あなた方 

申命記13章4節(邦訳3節)ヘブル語原典 直訳 

04 ・ 無い あなた方が自分の為に確かに聞いた その 言葉らの その 預言者の あの それとも その  中で眠り(夢)させられるは その 中で眠り(夢) あの、それは 彼が試験しつづけている 主は その 神は あなた方の 知ること もし あなた方が確かに愛する(=しているのだから) 主を その 神を あなた方の 出て 全体 その 心の あなた方の そして 出て 全体 その 生活の あなた方の。

申命記13章4節(邦訳3節)ヘブル語原典意訳

04・あなた方はその預言者や幻を見た人の言葉に耳を傾けてはならない。これはヤハウエの神があなた方に課された試験だ。あなた方が心と生活で神様を真実に愛しているかどうかを調査するためだ。

 大変面白い箇所です。大抵は神様を信じるかどうか人間の方が神様(現実には教会や牧師さん)を品定めしているのですが、聖書は反対に神様の方が人間の品質を検査されていると言うのです。

  その試験は聖書に書かれている神様(実際に聖書が言っているのは聖書を人間に書かさせた神様)に従うなら合格です。反対に、人間が作り出した、神学や聖書に書かれていないのに「聖書に書かれている。」と言う間違った教えに翻弄されるのは不合格で粗悪な人間(信者)と言う事なのです。 

ですから、問題は「聖書に何が書かれているかと言う事実をどう認識しているか」が神様の人間の品質検査に合格する唯一の秘訣なのです。

 余分ですが、大抵の教会では「試験」や人間の品質検査と言わずに「試練」や「試み」と言う言葉をこの試験の訳語に用いています。まあ言葉を変えてもその字の意味している事もその実際の内容も、そして目的も変わらないかと思います。 

  と言う事で、今日は聖書が教えている神様の人間の品質検査のご紹介でした。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事