原典聖書研究

ギリシャ語に興味ある方は「ギリシャ語」の書庫、 聖書関連記事は「無題」の書庫をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

実言の実現

実言の実現 申命記18章22節 

今日は色々ご紹介したい事が沢山ある箇所を読みました。投稿字数の関係で一点のみご紹介させて頂きます。
 
旧約聖書申命記18章11節22節ヘブル語原典直訳 

11 ・ そして呪いするは 呪い そして 尋ねる 降霊術 そして 使いの精 そして 探すは に その 死んでいるら 
22 ・ 所は 彼が徹底的に言葉した その 預言者 中で名 ヤハウエ そして 無い 彼が存在する その 言葉 そして 無い 彼が来る 彼 その 言葉 所は 無い 彼が徹底的に言葉した 彼  ヤハウエ 中で横柄 彼が徹底的に言葉した その預言者 無い あなたが懸念する から出てきた彼

旧約聖書申命記18章11節22節ヘブル語原典直訳 

11 ・ 魔法使うは 魔法を、中で大食虚言 そして 驚異目標、尋ねるは その 死人らを。
22 ・ 全体らは もし 彼が喋った(為) その 預言者が 上に その 名 主の、そして  無い 彼が起きた(為) その 言葉 そして 無い 彼が確かに来る、 ことこと その 言葉、 銑ところは 無い 彼が喋った 主。 中で 不敬神 彼が喋った その 預言者 あの、 無い あなたが確かに自分のために離れ(受け)取る 彼の。

旧約聖書申命記18章11節22節ヘブル語原典意訳
      
11・呪術で呪ったり、死者の魂を呼び出して尋ねる降霊術をする者は追放しなさい。
22・もしその預言者がヤハウエの名を使って話しても、もしその言葉が現実にならなければ厚かましくヤハウエの名を悪用したのだ、そんなものの言葉に気にしてはならない。

今日は今から3千年昔にも随分と様々な宗教家がいた事が記されています。 11節の前には占い、神託、魔術、妖術、呪い、口寄せ、降霊術、使いの精、等々の宗教商売が随分登場します。と言う事はかなりの需要がありその必要を生活の糧にしていた多くの宗教家があった事が分かります。

  所で聖書はこの宗教家に対して面白い言葉を当てているのです。それは70人訳の11節に登場する「中で大食虚言」と言う言葉です。この言葉はヘブル語の降霊術を指しているのですが、見事なギリシャ語に変換されているのです。それはエンガスリムソスで「中で+大食+虚言」と成ります。中でとは文字通り次の大食の中でと言う意味で、その大食の中で虚言=人間が作りだしか妄想=ムソス(この言葉は良い意味では寓話=イソップ等)と言う事なのです。

 理性の発達したギリシャ人にとって「宗教家なんて言うのは大食の欲望を満たす為に無知な人に妄想を語る人」と言う意味なのでしょう。

  所で、興味在るのはヤハウエの神の預言者に対して使われている言葉です。それはヘブル語はダバールが使われています。と言う事は実言と言う意味で、事実に対応した言葉=実言と言う意味なのです。

  と言う事は聖書が言っているのは「神様の言葉と言われる聖書に書かれている事にはその記述内容に対応する事実が存在する。」と言う意味なのです。そうして、その事が意味しているのは「歴史に実際に起きた事は神様の意志=御心であると」いう結論が導き出されるのです。歴史を表す英語のhistory=His Story=彼[神]の物語」だと言われるゆえんです。余分ですがこの英語の正確な語源はギリシャ語で「ιsτορια=ヒストリア=知る為に尋ねる」と言う意味です。

「事実が神様の意志である」本当に起きた「真実=神様の御心なのだ」と言うのは簡単なのですが、そこには大きな問題があります。「誰が実際に起きた事実を認識し」、「誰が正当に記録し」、「さらに誰が公に公表するか」と言う事が大問題なのです。

歴史を見れば一目瞭然ですが、「真実=事件や戦争等で現実に起きた事」と「教科書に登場する歴史=その出来事の起きた時、又は後の時代の政権が承認した過去の記録」の両者の間には随分と相違が在るものです。その現実が曲げられる背景は、記録した政権(あるいは報道機関)の都合(次期選挙得票やコマーシャル収入)によるプレッシャーが現実を改竄して記録する事を余儀なくさせるのです。というわけでマスコミや政府によって広報されるニュースと実際に起きた事実=アレーセイヤには随分と隔たりがあるのです。

ですからこの実際に起きた事が神様の意志であると言っても現実には「何が真実かを正しく認識する事」が非常に難しい問題として存在しているのです。 
 結論ですが「聖書には人間が作り出した教えや真理が書かれているのではなく事実=ダバール=ギリシャ語アレーセイヤが記されている。」と言うことを今日の箇所から教えられるのです。

実言に関してはこちらをご覧ください。 http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/746266.html 

  今日は聖書が言っている聖書の記述の意味する事のご紹介でした。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事