原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

目には目、歯には歯=冤罪の防止 申命記19章18節〜21節

今日も裁判、特に偽証について記された箇所でした。早速直訳です。 

旧約聖書 申命記 ヘブル語原典直訳  19章18節〜21節 

18 ・そして彼らが探す その 裁 くら 善させる事 そして 見よ 証言(繰り返す) 欺く その 証言(繰り返す) 欺く 彼が応える 中で 兄弟彼 
19 ・ そして あなた方は作る に彼 として 所の 彼が企んだ に作る事の に兄弟彼 そして あなたは徹底的に食い尽くす その 邪悪 から内臓あなた 
20 ・ そしてその 残されたらは 彼らは聴従する  そして 彼らは恐れる そして無い 彼らが加える に作る事の 繰り返す として その言葉 その邪悪 そのこの 中で内蔵あなた 
21 ・ そして 無い 彼女が哀れむ 目らあなた 生活 中で生活 目 中で 目 歯 中で歯 手 中で 手 足 中で 足 

旧約聖書 申命記 ヘブル語原典直訳  19章18節〜21節 

18 ・そして 彼らは外に調べる その 裁判官らは  正確に、そして 見よ 目撃証言は 不義は 彼らが目撃証言した 不義を、 彼が対して立った 下に その 兄弟 彼の、
19 ・ そして あなた方は確かに作る 彼に する所を やり方を 彼が自分の為に邪悪した 作る事を 下に その 兄弟 彼の、そして あなたは確かに外に取る その 邪悪を 出て あなた方 彼らの。
20 ・ そして その 上に残されたらは 聞いたらは 彼らは確かに恐れさせられる そして 無い 彼らは確かに方に置く 尚 作る事 下に その 言葉を その 邪悪を この 中で あなた。
21 ・ 無い 彼が確かに自分の為に惜しむ その 目 あなたの 上に 彼。 生活を 対して 生活、 目を 対して 目、 歯を 対して 歯、手を 対して 手、 足を 対して 足。

 今日も大変有名な聖書箇所です。長いので翻訳は止めておきますが一般に「目には目、歯には歯」と言う報復の論理として紹介されている箇所です。その具体例として、よくイスラム法が引用され、「盗人への報復として手を切り落とす」などといった復讐と考えられている様です。

 確かに出エジプト記21章の十戒の解説の箇所(出21章23節〜25節)では、そのように誤解されるかもしれません。しかし、そこでは犯罪者に対して正当な刑罰が記されているのであって、決して報復や復讐ではありません。
 特に今日ご紹介する申命記では、文脈をみて頂ければ分かる様に、法廷で偽証が判明した場合の偽証者への刑罰が規定されているのです。

 偽証と言う事は「無実の者を有罪にする為の証拠を作り出す事」の抑止と言う事です。もし、無実の人を有罪にする為に証拠が捏造され、無関係の人が酷い犯罪お犯人にされ厳しい刑に服すると言う事が起きた場合を考えて下さい。その人とその家族がどれほどのいわれのない不利益を被るかを考えてみて下さい。

本人は監獄、家族は地獄、出所出来ても犯罪人に対する人々の視線は冷たく仕事、知人、家族、親族だけでなく全てを失いうかも知れません。

  ですからもし、「悪意の偽証により無実の人が犯人とされない様に」、裁判官はよくよく証拠=証言を注意して取り調べる事がここで命じられているのです。もし証言や証拠を取り調べ、その証拠類が捏造や事実無根であった事が判明したなら、「その偽証者には、無実の被告が被らされようとした刑罰をそのまま、偽証者に課しなさい。」というのがこの箇所の意味する事なのです。

  決して報復ではなく、悪意による無実の被告が冤罪を被る事が無い様にする、人間の尊厳と権利の擁護がこの「目には目、歯には歯」と言う言葉の目的です。

  これは当然の事であす。しかし、現実の司法の現場では、仮に「偽証者の偽証(証拠の捏造)が発覚しても、その責任が追求されず無罪放免されている」というのが普通の様です。そんなありさまは、冤罪は後を絶ちません。

  この聖書の規定を適用して「偽証によって無実の人を告訴した警察官や検察官はその証拠の捏造、あるいは自白の強要や脅迫が発覚した時点で、被告にされていた人の被る刑を無条件で取り調べ官に執行されるようにしろ。」と聖書は教えているのです。

そのように出来ればおそらく、日本から即座に冤罪は消滅するでしょう。また、このような無実の人を犯罪人に仕立てる人の心の動機を思い見る時、その人が真犯人であったり、また無実の人を犯罪人にしたてることによって何らかの利益を得る事(=警察官の出世や上司の良い評価等が存在する事、あるいは捜査経費の削減の達成や検挙率の向上等々)は自明です。こんな「恐ろしい犯罪=無実と分かっていても犯人に仕立てる行為」がまかり通る世の中は、まさしく無法地帯です。

  当然このような優れた旧約聖書の規定を新約聖書でキリストが引用されているのは当然です。そして変更の必要はありません。しかし、残念な事に新約聖書の方は全て誤訳となっています。まあ、こんな翻訳が誤訳と見抜けない様なキリスト教界では心もとないのですが、聖書が教えている教えの卓越性には本当に敬服します。

  と言う事で今日は冤罪の防止を記した重要な聖書の教えのご紹介でした。 

余分ですが黄金律の誤訳に関しては以下をご覧ください。
URL  http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/611722.html
URL  http://bible.co.jp/bible/nt/goyaku.htm

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事