原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

モーセの辞世

モーセの辞世 申命記33章1節 

今日はモーセの最後の言葉です。早速直訳です。 

旧約聖書申命記33章1節ヘブル語原典直訳

33 01 ・ そして これ その祝福 所は彼が徹底的に祝福した モシエ 男の その神ら を 息子らの イスラエル に顔(面)らの 死彼

旧約聖書申命記33章1節70人訳ギリシャ語原典直訳 

01・そして 彼女が その祝福、する所を 彼が祝福した モーセ 人間は その 神の その 息子らを イスラエル 間かに その 完成の 彼の。

旧約聖書申命記33章1節ヘブル語原典翻訳

01・そしてこれが神の男モーセがその死を前にしてイスラエルの人々を祝福した祝福だ。

 このあとにイスラエル12部族への個別の祝福が続きます。まるで創世記49章の族長ヤコブの祝福とよく似た構成です。創世記は母毎の出生順に祝福され、申命記の方は形だけ長子のルベンが最初で次はユダとレビに加えてベニヤミンと続きます。

  明白な事はこの時から遙かな未来に向けて、将来のイスラエルの中心となる部族の順に祝福を記している

のです。昨日も見た様にイスラエルの国は滅び、やがてユダ部族が中心となり、祭司や書記を排出して国家の官僚機構の中心となるレビ人が祝福され、さらに唯一南王国に協力したベニヤミンが続くのです。そしてそのあとに後の北王国の中心となった部族が祝福されています。

 不思議に思う事はあれだけ逆らったイスラエルの人々に、死を前にして惜しみなく祝福の言葉が述べれるモーセは本当に爽やかな気持ちであったかと思います。 そしてそれを聞くイスラエルの民は相当心に重いものが沸き起こりかなりの辛さが応えたように思います。 

  と言う事で今日はモーセの辞世の句言葉の部分のご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事