原典聖書研究

ギリシャ語に興味ある方は「ギリシャ語」の書庫、 聖書関連記事は「無題」の書庫をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

ヨルダン渡河

ヨルダン渡河 ヨシュア記3章16節 

今日は珍しく「奇跡」の箇所でした。早速直訳です。 

ヨシュア記3章16節 ヘブル語原典直訳 

16・ そして彼らは自立した その水ら その 下るらは から に 上部へ 彼らは立った 積み重ね 一遠くさした事 非常に 中でアダム(人=地面) その 城塞 所は 脇(横面)の ツアレタン(尖った)そしてその下ったらは 上 の 神 その アラバ(大草原) 海の その塩 彼らが完全に満たした 彼らが断ち切ら(契約をむすば)れた  そしてその民 彼らは越えた 対面して イエリコ 

ヨシュア記3章16節 70人訳ギリシャ語原典直訳 

16 ・ そして 彼が立った その 水 その 下に来ているは 上に、 彼が立った 結合 一 立っているは 遠く 非常に 非常の まで  分け前はら カリアテイアリム 、その も 彼が下に来たは 下に来た 中へ その 海 アラバ、 海の 塩の、 迄  中へ 完成 彼が外に残した。 そして その 民 彼が立ってしまっていた 面前に エリコ。

ヨシュア記3章16節 ヘブル語原典意訳

16・幕屋の至聖所から担ぎ出された契約の櫃を担ぐ祭司達の足がヨルダン川の水に浸ろうとしたとき水量が減り、流れが完全にせきとめられた。増水していたヨルダンの水は40キロ程上流の土(アダム)と呼ばれるヨルダン川の狭窄場所の、流れが大きく向きを変えられているその先端部分が崩れ落ちて水がせきとめられて死海のに流れ込む水が途切れたのでイスラエルの人々はエリコに面した所をわたった。

  分かりやすい記述です。今日の箇所にはいくつかの説明が必要かと思います。基本を言うと聖書の奇跡は全て自然現象で何の不思議もない事ばかりです。一体何が奇跡なのかと言うと、事前に神の言葉がかたられ、かたられたその時にその事象が起きたのです。以前見た出エジプと記の災害を初めイエスキリストが病人を癒しても、それを目の前で見た人々が神様を信じる人と信じない人に分かれた事からも判明します。
    
  今日の箇所の奇跡も全く同様です。そうしてこのような渓谷を流れる川が大地をえぐり取りその土が崩れ

て川がせきとめられる現象は世界中の多くの河川で起きている自然現象なのです。問題は、このタイミングです。現代であれば無線か電話でアダムの場所にいる人々と連絡を取り、丁度イスラエルの人々が分ヨルダンを渡河する時間から逆算してアダム(土)のツエレタン(尖端)で仕掛けられた爆薬を炸裂され、崩れ落ちた土砂でヨルダンをせきとめる事は可能かも知れません。しかし、いくらうまくやってもここまでタイミングを合わせる事は無理でしょう。だからこれは神様が起こされた奇跡としか認める方が本当に自然?だと思います。
 
  この箇所は以前にも詳しくご紹介しました。こちらもご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/2982415.html

 と言う事で今日はイスラエルの人々のヨルダン渡河の記述のご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事