原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

オリオン(境界)

オリオン(境界)ヨシュア記17章10節 

旧約聖書へブル語原典 ヨシュア記17章10節直訳 

・ ネゲブ(南国or乾国)へ にエフライム(結実) そして北へ にマナセ(忘れる) そして 彼が存在する その 海 境界彼 そして中で アシエル(幸せ) 彼らが出会う から北 そして 中で イッサカル(償い) から日の出(東) 

旧約聖書 70人訳ギリシャ語原典 ヨシュア記17章10節直訳 

10 ・ から 南 その エフライムに そして 上に 北 マナセ、 そして 彼が確かに存在する その 海 境界 かられに。 そして 上に アセル 彼が共に触れ続けている 上に 北 そして その イッサカル から 東。

 今日は16章が短かったので17章も一緒に読みました。 様々に面白い所が在るのですが一点だけをご紹介する事にします。それ70人訳で境界と訳出されている言葉です。これはオリアと言う言葉なのです。女性形では境界線を意味しますが、これが男性形になると防人と言うことになり国境警備軍をいみします。 

  そしてギリシャ神話に登場する狩人の巨人オリオンとは1字違いですが殆ど同じ発音です。
  
  いずこの国のいずこの時代でも、この国境線を維持することは大変であったとう言う事なのです。
そのイスラエルの国の国境線がオリア=オリオンと言う言葉であることのご紹介でした。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事